格安SIM

【2021年】かけ放題があるすすめの格安SIM9選!通話し放題プランの選び方と注意点

【2021年】かけ放題があるすすめの格安SIM9選!通話し放題プランの選び方と注意点

「かけ放題の格安SIMはあるの?」「最安で通話できるのはどこ?」

格安SIMは料金プランが様々で、スマホの利用状況に合わせて契約を変えることが格安SIMの魅力の一つです。

動画やゲームをする人なら、通信量の多いプランにすることでスマホ代にかかる費用を抑えて利用することができます。

電話を沢山する人ならかけ放題プランを利用したいと考えますよね。

そこで今回この記事では、電話のかけ放題プランがある格安SIMを紹介します。

【2021年最新】格安SIMのキャンペーン徹底比較!キャッシュバック・割引で新規契約・乗り換えがお得にできるMVNOを紹介

かけ放題があるすすめの格安SIM9選

かけ放題プランがあるおすすめの格安SIM9社を紹介します。

  • 楽天モバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • イオンモバイル
  • mineo
  • ワイモバイル
  • OCNモバイルONE
  • IIJmio

それぞれの料金とかけ放題の条件について見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは、専用のアプリ「Rakuten Link」を利用することでオプションに加入することなくかけ放題を利用することができます。

基本料金は下記の通りです。

通信量 月額料金
(税込)
0GB〜1GB 0円
1GB超〜3GB 1,078円
3GB超〜20GB 2,178円
20GB行〜 3,278円

アプリは無料でダウンロードすることができます。

Rakuten Linkは無料通話だけでなくスマホ代の支払いやポイント獲得をすることもできます。

また、指定されている海外66カ国から日本国内への電話は無料ですることが可能です。

出典:楽天モバイル

ただし、iPadやiPad Touchには対応していないので利用時は注意が必要です。

楽天モバイルでおすすめのスマホ端末!0円から利用できるって本当?

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEの基本料金は下記の表の通りです。

データ容量 音声通話SIM データSIM
1GB 1年間:770円
その後:1,078円
3GB 1年間:770円
その後:1,320円
990円
SMS付き:1,122円
6GB 1年間:1,320円
その後:1,870円
データSIM:1,595円
SMS付き:1,727円
12GB 1年間:3,190円
その後:3,740円
データSIM:2,970円
SMS付き:3,102円
20GB 1年間:5,170円
その後:5,720円
データSIM:4,950円
SMS付き:5,082円
30GB 1年間:7,645円
その後:8,195円
データSIM:7,425円
SMS付き:7,557円

BIGLOBEモバイルはかけ放題プランが4種類あり、自分の利用状況に合わせてかけ放題のオプションを選ぶことができます。

  • 3分かけ放題
  • 10分かけ放題
  • 通話パック60
  • 通話パック90

上記の4種類のオプションすべてBIGLOBEモバイルの通話アプリである「BIGLOBEでんわ」を利用した際に利用できるサービスです。

プラン名 特徴 料金
3分かけ放題 国内通話3分以内何度でも可能 600円(税込み660円)
10分かけ放題 国内通話10分以内何度でも可能 830円(税込み913円)
通話パック60 最大60分までの国内通話が利用可能(1,188円分) 600円(税込み660円)
通話パック90 最大90分までの国内通話が利用可能(1,782円分) 830円(税込み913円)

BIGLOBEでんわの通常通話料金は9.9円/30秒です。

月末に申込みをすれば、月初から利用可能なので、一時的に通話する機会が増えるタイミングだけ利用することも出来ます。

必要に応じて、契約プランを簡単に変えることができるのは、格安SIMの魅力の一つです。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー活用術!テザリングでも利用できるって本当?

UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルは、格安SIMの中では珍しく24時間いつでも利用することができるかけ放題プランがあります。

大手キャリアのauのサブブランドとしてサービス展開しているからこそできるサービスです。

基本料金は次の通りです。

契約プラン 通信量 料金
スマホプランS 3GB 通常:1,980円

家族割:1,480円

スマホプランM 9GB 通常:2,980円

家族割:2,480円

スマホプランL 14GB 通常:3,980円

家族割:3,480円

通話オプションは次の表の通りです。

オプション 特徴 料金
かけ放題(24時間いつでも) 回数時間に制限なく通話可能 1,700円
かけ放題(10分/回) 1回10分以内の電話かけ放題 700円
通話パック(60分/月) 1月合計60分以内の電話かけ放題 500円

スマホの利用するメインの目的が電話することであれば、UQモバイルの24時間いつでもかけ放題プランはとてもお得に利用することができるプランです。

UQモバイルプラン変更のおすすめタイミングは?料金や注意点も分かりやすく解説

LINEモバイル

LINEモバイル

無料通信アプリとして多くの人が利用しているLINEが提供している格安SIMです。

基本利用料は通信容量により異なっており、下記の表の様になります。

通信容量 料金
2GB 1,100円
5GB 1,480円
10GB 2,200円
30GB 3,200円

かけ放題プランとしては、「10分電話かけ放題オプション」があります。

10分以内であれば何度でも通話することができます。

通常の電話と10分電話かけ放題オプションを比較すると次の表の様になります。

10分かけ放題オプション加入 オプション未加入
月額料金 月額880円(税込 968円) 0円
国内通話料 定額制
10分以内 0円
10分超過分 10円/30秒
従量制
10円/30秒
特徴 10分以内の国内通話が
回数無制限で利用可能。
音声通話SIMを利用の方は
誰でも利用可能。

出典:LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリを使って音声通話をすることができますが、オプションに対応しているのは、「いつでも電話」を利用しての通話のみです。

イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルは低通信量の内は1GBごとに細かく料金設定がされており、通信容量はあまりいらな人から、沢山の通信量を必要とする人と幅広い人に対応しています。

通信量 料金
0.5GB 930円(税込み1023円)
1GB 980円(税込み1,078円)
2GB 1,080円(税込み1,188円)
3GB 1,180円(税込み1,298円)
4GB 1,280円(税込み1,408円)
5GB 1,380円(税込み1,518円)
6GB 1,480円(税込み1,628円)
7GB 1,580円(税込み1,738円)
8GB 1,680円(税込み1,848円)
9GB 1,780円(税込み1,958円)
10GB 1,880円(税込み2,068円)
12GB 1,980円(税込み2,178円)
14GB 2,080円(税込み2,288円)
20GB 2,180円(税込み2,398円)
30GB 3,980円(税込み4,378円)
40GB 4,980円(税込み5,478円)
50GB 5,980円(税込み6,578円)

イオンモバイルは5分かけ放題・10分かけ放題の2つのオプションがあり電話の利用状況に合わせてオプションを選ぶことができます。

オプション名 特徴 料金
イオンでんわ5分かけ放題 1回5分以内の電話かけ放題 500円(税込み550円)
イオン電話10分かけ放題 1回10分以内の電話かけ放題 850円(税込み935円)

通話先に制限もなく固定電話・スマホ・PHSすべてに架電することが可能です。

インターネット回線でなく電話回線を利用した通信のため、通話品質も高く曇っていないクリアな声で通話することができます。

イオンモバイルでSIMを追加する方法!シェア音声プランが超お得な理由とは?

mineo

mineo

専用アプリである「mineoでんわ」を利用するだけで国内通話料を54%OFFで利用することができます。

基本料金は、下記の通りです。

通信量 料金
1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB 2,178円

mineoは大手キャリアのドコモ・au・ソフトバンクの3回線全てを利用することができ、回線によって料金の違いはありません。

オプション名 特徴 料金
mineoでんわ10分かけ放題 1回10分以内の電話かけ放題 935円

1日1回10分間の電話をした場合、通常電話であれば13,200円かかるところオプションを利用すれば935円で利用することができます。

専用アプリを利用していない場合は、オプションや割引料金で通話を利用することができないので注意が必要です。

mineo(マイネオ)は家族カードが使える!クレジットカード1枚で家族全員乗り換える方法

ワイモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとしてサービスを展開している格安SIMです。

基本料金プランは3つに分かれており通信量によってプランを選ぶことができます。

S M L
通信容量 3GB 15GB 25GB
月額基本料 1,980円 2,980円 3,780円
2回線目以降(月額)
(1,080円割引)
900円 1,900円 2,700円

基本料金はシンプルでわかりやすく、通話を多くする人に対しては、通話オプションとして「だれとでも定額」・「スーパーだれとでも定額(S)」があります。

オプション名 特徴 料金
だれとでも定額 1回10分までの電話かけ放題 770円
スーパーだれとでも定額 24時間いつでもかけ放題 1,870円

スーパーだれとでも定額を利用すれば、制限なく自由に通話することができます。

月に43分以上通話する人であれば、オプションに加入した方が通話代を安くすることができます。

制限なくかけ放題でき、通話品質が高くとても人気のある格安SIMです。

ワイモバイルは2台目からお得に!家族割引とシェアプランを徹底比較!

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

基本料金は通話容量によって4段階に分かれています。

通信量 料金 料金(OCN光モバイル割)
1GB 700円 500円
3GB 900円 700円
6GB 1,200円 1,000円
10GB 1,600円 1,400円

OCNモバイルONEには電話に関するオプションが3つあります。

オプション名 特徴 料金
10分かけ放題 1回10分の電話かけ放題 850円
トップ3かけ放題 月の通話料上位3名が0円になる 850円
完全かけ放題 無制限でかけ放題 1,300円

「完全かけ放題」は時間も回数も無制限で、定額で好きなだけ通話することができます。

電話を多くする人は、格安SIMで通話をしていてもいつの間にか高額になってしまう可能性があります。

無制限のプランに加入しておくことで、電話代を気にすることなく通話をすることができるようになります。

IIJmio

IIJmio

IIJmioの基本料金は下記の通りです。

通信量 料金
2GB 780円
4GB 980円
8GB 1,380円
15GB 1,680円
20GB 1,880円

1回の通話が3分以内と1回の通話が10分の長時間となる人に合わせて2つのオプションプランがあります。

オプション名 特徴 料金
通話定額10分 ・1回10分までの通話がかけ放題

・家族間なら30分までかけ放題

913円
通話定額3分 ・1回3分までの通話がかけ放題

・家族感なら10分までかけ放題

660円

IIJmioはかけ放題オプション以外にも、家族間の通話だと20%OFFになるファミリー通話割引があります。

専用アプリや申込は一切不要で利用することができます。

OCNモバイルONEの容量シェアでSIMを追加!複数端末の利用をお得にする方法

かけ放題プランを選ぶ際のポイント

格安SIMのかけ放題プランをあ利用する際は、次の2つのポイントを確認することが大切です。

  • かけ放題プランの通話時間
  • かけ放題プランにかかる料金

大手キャリアの場合、かけ放題プランオプションに加入することで制限なく通話し放題ですが、格安SIMの場合はかけ放題と言っても条件付きのかけ放題になることが多いです。

特に、1回の通話可能時間は格安SIM会社によってバラバラで自分に合ったプランでなければかけ放題プランに加入しない方が費用を抑えて電話することができる場合もあります。

かけ放題プランに入ったの損をしてしまったとならないためにも2つのポイントを詳しく見ていきましょう。

かけ放題プランの通話時間

かけ放題プランに加入する人は、1回の電話が長い・電話の回数が多いどちらかのはずです。

1回の電話が長い場合は、格安SIMのかけ放題プランは特に注意が必要です。

全てに対応することができる通話無制限のプランは費用が高く、せっかく格安SIMに乗り換えてスマホ代を下げようとしている人にはあまりおすすめできないプランです。

後者の電話の回数が多い場合は、格安SIMのかけ放題プランと相性がとても良いです。

かけ放題と一言で言っても様々なプランがあるので、自分が月にどの程度電話を利用するかを考えて、それを達成するために必要なプランで契約するようにしましょう。

かけ放題プランにかかる料金

格安SIMにおけるかけ放題プランは、基本プランにはなくオプションで必要な人だけ加入するものです。

かけ放題プランの料金は基本料金にオプション料金が合わさったものです。

そのため、利用する格安SIM会社によって料金が大きく変わります。

かけ放題プランのオプション料金が高い格安SIMの場合は、格安SIMの最大の魅力である料金を抑えてスマホを利用するということができなくなってしまいます。

かけ放題プランを格安SIMで利用予定の人は、基本料金だけでなくオプション加入にかかる料金まで確認しておく必要があります。

格安SIMでかけ放題プランを利用する際の注意点

ここでは、格安SIMでかけ放題プランを利用する際の2つの注意点を紹介します。

  • 無条件のかけ放題プランはない
  • 通話品質に問題がある

それぞれを詳しく見ていきましょう。

無条件のかけ放題プランはない

格安SIMはかけ放題プランのオプションに加入しても無条件で好きなだけ通話することはできず、次のいずれかの条件付きになります。

  • 1回3分以内の電話かけ放題
  • 1回10分以内の電話かけ放題
  • 月の合計が60分までかけ放題
  • 時間回数制限がない通話無制限

1回の電話で通話可能な時間が5分・10分と時間で定まっているパターン、通話回数に制限はなく月に合計で60分まで通話可能なパターン、通話時間・回数に制限なくすきなだけ通話することができるパターンがあります。

どのパターンも一長一短があり、条件が厳しいほどオプション料金が安く、条件が緩いほどオプション料金が高くなります。

通話する際はどの条件が必要かを考えて、それを達成することができるプランに加入するようにしましょう。

通話品質に問題がある

格安SIMは通話料金を安くするために、通常の電話回線とは別の回線を利用して通話することで電話代を安くすることがあります。

格安SIMが提供している通話品質が悪くなる可能性がある電話方法は次の3つです。

  • IP電話
  • 専用のアプリを利用して電話する
  • 電話番号の頭に050を付ける

IP電話は、通常の電話回線ではなくインターネット回線を利用した通話方法です。

専用のアプリを利用して電話する方法と電話番号の頭に050を付ける電話は、実は同じもので、アプリを利用することで電話するたびに050を入力しなくても、アプリが自動的に入力してくれています。

いずれの方法でも、料金を安く通話することができますが、その分通話の品質がどうしても落ちてしまいます。

クリアな音声通話をしたいなら、大手キャリアの回線を利用した格安SIMを選ぶようにしましょう。

大手キャリアがサブブランドとしてサービス展開をしているワイモバイルやUQモバイルは通話品質が高く、通話を重視する人にはおすすめの格安SIMです。

格安SIMの通話かけ放題プランを利用しよう

ここまでかけ放題プランがある格安SIMを見てきましたがいかがだったでしょうか。

通常の電話を利用するよりもオプションに加入することで、電話代を安くすることも出来ます。

かけ放題プランに加入する際は、自分がどれだけ電話するのかを確認して、それを達成することができるプランで契約するようにしましょう。