格安SIM

【最安で利用できる】おすすめの音声通話のみ格安SIM8選!かけ放題プランと料金・通話品質を解説

音声通話のみの格安SIM8選!契約プランと料金を解説

「音声通話のみの格安SIMもデータ通信専用と同じように安く利用することができるの?」「音割れとかしないの?」と乗り換えに踏み切れていませんか?

音声通話のみの格安SIMも大手キャリアよりは料金を抑えて利用することができます。

契約プランをしっかりと選ぶことで大手キャリアよりも断然お得にスマホで電話することができるようになります。

そこで今回この記事では、音声通話のみのおすすめの各格安SIM8社を紹介していきます。

格安SIM12社を徹底比較!料金・速度・通信量で一番お得なのはどこかランキング形式で紹介

音声通話のみの格安SIM8選

音声通話のみ利用したい方におすすめの格安SIMは下記の8社です。

  • イオンモバイル
  • b-mobile
  • LinksMate
  • IIjmio
  • 楽天モバイル
  • Exciteモバイル
  • OCNモバイルONE
  • nuro mobile

それぞれの格安SIM会社の契約プランや通話し放題などのオプションを解説していきます。

音声通話のみでデータ容量が0の格安SIMもありますが、データ通信容量が1GBで音声通話をすることができる格安SIMの方が安く利用することができる契約プランもあるので合わせて紹介していきます。

イオンモバイル

イオンモバイルは、「イオンでんわ10分かけ放題」・「イオン電話5分かけ放題」の電話に特化した料金プランが2種類あります。

5分以内・10分以内の短い時間であれば、相手を問わず国内通話ならかけ放題です。

仕事で電話を利用する機会や短時間の電話を多くする人におすすめのサービスです。

イオンモバイルはイオン系列の格安SIMkのため、実店舗が多く対面で操作方法や初期設定の方法などを教えてもらうことができるので初めて格安SIMを利用する人におすすめです。

基本利用料 1,089円~
利用できる回線 ドコモ・au
基本通話料 20円/30秒
イオンでんわ10分かけ放題 550円/月
イオンでんわ5分かけ放題 850円/月

イオンモバイルの解約・乗り換え方法は?費用や注意点について分かりやすく解説!

b-mobile

b-mobile

1,098円~スマホを利用することができます。

通話がメインでデータ通信を少量利用できるので外出先でも便利に使える格安SIMの一つです。

専用のb-mobile電話アプリを利用することで、通常料金の50%オフで通話をすることができます。

アプリを利用して通話するだけで半額になるので電話をする際は必ず利用するようにしましょう。

また、オプションで1回最大5分以内の電話かけ放題プランがあります。

基本利用料 1,390円~
利用できる回線 ドコモ・au
基本通話料 22円/30秒
b-mobile電話アプリ利用 11円/30秒
かけ放題オプション 550円/月(1回最大5分まで)

また「20GBプラン」・「みんなのプラン」に加入することで月の通話時間70分までは無料で通話をすることができる3キャリア対抗プランがあります。

LinksMate

LinksMate

LinksMateは料金プランが99種類ととても豊富にあります。

契約プランが豊富な格安SIMの中でもダントツに料金プランが多いのが特徴です。

豊富なプランがあるからこそ、通話のみの利用がしたい人にもばっちりのものがみつかります。

音声通話機能付きの格安SIMを利用する人は、専用の「Mate Phone」をインストールするだけで半額で電話をすることができます。

基本利用料 1,012円
利用できる回線 ドコモ
基本通話料 22円/30秒
Mate Phone 10円/30秒

IIjmio

IIJmio

IIJmioは通話のみに特化したプランである「ケータイプラン」があります。

ケータイプランはスマホだけでなく、ガラケーでも利用することができるので、スマホとガラケーの2台持ちの人は、電話専用・データ通信専用と使い分けをすることができます。

基本利用料 1,012円
利用できる回線 ドコモ・au
基本通話料 20円/30秒
みおふぉんダイヤル利用時の通話料 10円/30秒
通話定額10分 913円/月
通話定額3分 660円/月

通話のみの格安SIMを利用したい人にとてもおすすめです。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは、通信量が1GB以下なら月の基本料0円で利用することができます。

基本利用料が0円で「Rakutenn Link」を利用して電話をすると国内通話は全て無料で行うことができます。

料金だけで選べばダントツでお得に利用することが可能です。

基本利用料 0円
利用できる回線 au
基本通話料 22円/30秒
Rakutenn  Link 無料

楽天モバイルでおすすめのスマホ端末!0円から利用できるって本当?

Exciteモバイル

Exciteモバイル

Exciteモバイルは1契約で最大5枚の格安SIMを利用可能であなたにピッタリの使い方をえらぶことができる格安SIMです。

通話をする際は、アプリから電話することで通常料金の半額で利用することができます。

初期費用・月額基本料金は0円です。

専用のアプリを利用することで、通常の通話回線とは別の回線を利用することで料金を安く通話をすることができます。

アプリを利用しない場合は、電話番号の頭に「0037692」を加えて発信してください。

毎回電話番号の前に入力するのは面倒ですが、アプリを利用することで自動的に電話したい相手の電話番号の頭に0037692を加えて電話をかけることができます。

基本利用料 1,485円~
利用できる回線 ドコモ
基本通話料 22円/30秒
エキモバでんわ 11円/30秒
エキモバでんわ3分かけ放題ⅹ 759円/月(3分以内の電話はかけ放題)

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

OCNモバイルは通話方法によってオプションを選ぶことでお得に通話をすることができます。

かけ放題オプションは、「10分かけ放題」・「トップ3かけ放題」・「かけ放題ダブル」の3つです。

「10分かけ放題」は、1回の通話が10分以内の国内通話であれば無料で通話することができます。

「トップ3かけ放題」は、その月の通話料が高いトップ3の電話代が無料になるオプションです。

特定の人に通話をする機会が多い人にはおすすめのサービスです。

3つ目の「かけ放題ダブル」は、「10分かけ放題」と「トップ3かけ放題」を組み合わせたサービスで、1回の通話10分以内無料かつ通話料が高いトップ3の通話代が無料になります。

スマホを利用する際、通話がメインの方はとてもお得に利用することができます。

基本利用料 968円~
利用できる回線 ドコモ・au
基本通話料 20円/30秒
10分かけ放題 935円/月
トップ3かけ放題 935円/月
かけ放題ダブル 1,430円/月

OCNモバイルONEのSIMが届かない…発送が遅い?1週間届かないのは大丈夫?

nuro mobile

nuroモバイル

大手キャリアである、ドコモ・au・ソフトバンク全ての回線を利用することができ、利用開始月の基本料金は無料で利用をはじめることができる格安SIMです。

オプションの「10分かけ放題」に加入することで、指定された32の外国への国政電話でも10円/30秒で利用することができます。

契約プランに10分かけ放題オプションを加え、Androidであれば、「0037ダイヤラー」iPhoneであれば、「nuro mobile」というアプリを利用することでお得に通話をすることが可能です。

基本利用料 880円~
利用できる回線 ドコモ・au・ソフトバンク
基本通話料 22円/30秒
10分かけ放題(10分超過) 880円/月(11円/30秒)

音声通話のみの格安SIMのメリット

音声通話のみの格安SIMのメリットは下記の2つです。

  • 料金を抑えて利用できる
  • 電話回線のラグはほぼない

それぞれを、詳しくみていきましょう。

料金を抑えて利用できる

音声通話のみの格安SIMは大手キャリアのプランと比較して半額以下で利用をすることができます。

大手キャリアもスマホ代を安くするために新しいプランを発表しており、その価格は下記の通りです。

キャリア 新プラン 料金
ドコモ ahamo 2,700円~
au povo 2,480円~

今までの料金プランと比べるととてもお得に利用することができるようになりましたが、それでも格安SIMよりはまだ高いです。

楽天モバイルでは条件を満たせば0円、その他の格安SIMでも1,000円~スマホを利用することができます。

電話回線のラグはほぼない

格安SIMへの乗り換えがネックとなっているのが、通信速度が遅くなるのことに難を感じて大手キャリアから乗り換えをしない人が多くいますが、電話回線は大手キャリアと遜色なく利用することが可能です。

ドコモ・au・ソフトバンクどの回線を利用している人でも、電話回線については電話のラグを気にすることなく利用することができます。

ただし、電話番号を利用しての電話のみの話です。

LINEやSkypeなどの通信回線を利用しての通話をする場合は回線が異なるので通話品質が落ちてしまう可能性があります。

【2021年9月最新】格安SIMの通信速度が安定しているのはどこ?人気の格安SIM17回線をランキング形式で徹底比較

音声通話のみの格安SIMのデメリット

音声通話のみの格安SIMのメリットは下記の2つです。

  • 通話アプリを利用しなければならない場合がある
  • データ通信ができない

それぞれを、詳しくみていきましょう。

通話アプリを利用しなければならない場合がある

格安SIMで料金を抑えて通話をするためには、「プレフィックス」・「IP」の回線を利用することが必要です。

プレフィックスとは、電話番号の頭に特定の番号を付け加えることで、普段利用している通話回線よりも料金が安い回線を利用して通話をすることができる機能です。

毎回手動で特定の電話番号を付けるのは、使い勝手がわるいので、それを解決するために専用のアプリなどが開発されました。

専用アプリを通して通話をすることで、自動的にプレフィックス通話をすることができ通話料を安くすることができます。

IP電話は、ネット回線を利用した通話のため音声の品質が悪いので利用時は注意が必要です。

データ通信ができない

通話のみ格安SIMと名前の通り、通話機能しかなくインターネットを利用することができません。

家に居る時は、Wi-Fiを利用することで、インターネットを利用することができますが、外出先ではインターネットを利用することができないので不便に感じてしまう可能性があります。

少量の通信ができるプランで契約をしておけば、外出先でもインターネットを利用することができます。

また、格安SIMはデータ容量0の契約プランよりも、1GBなどの少量の通信量が付いている契約プランの方が料金が安く設定されているケースが多いです。

音声通話のみの格安SIMを利用する際の注意点

続いて、音声通話のみの格安SIMを利用する際の注意点は下記の2つです。

  • かけ放題でも特定の制限がある
  • 通話品質が悪い可能性がある

乗り換えをした後に、失敗だったと後悔しないためにも事前に確認しておきましょう。

かけ放題でも特定の制限がある

格安SIMの場合は、かけ放題とサービス名を謳っていても制限があるケースが多いです。

「1回の電話は10分以内」「指定のアプリを利用する」など格安SIM会社によって特定の制限がかけられてしまいます。

そのためかけ放題のプランに加入していても通話回数や通話時間を気にしないといけません。

気づいたらかけ放題に加入していたのに、別途料金を請求されてしまう恐れがあります。

通話品質が悪い可能性がある

通話料を安くするために、専用のアプリを利用しての通話を指定されてしまう可能性があります。

特にIP電話を利用するためのアプリの場合は、普段利用している電話回線ではなくインターネット回線を利用しての通話のため通話品質が悪くなりやすいです。

通話を長時間する場合は、ラグや音声が悪いことで不便さを感じてしまう可能性があります。

音声通話のみの格安SIMでお得にスマホを利用しよう

ここまで音声通話のみの格安SIMについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

格安SIMは通信回線では大手キャリアよりも遅いですが、電話回線は大手キャリアでも格安SIMでも違いはないのでデメリットなく利用することができます。

自分のスマホの利用状況に合わせて適した格安SIMに契約することで、お得にスマホを利用することができます。

おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile Y!mobile
料金 1,078円~
通信容量 最大30GB
かけ放題 あり
ソフトバンク回線なら!
詳細をチェック
楽天モバイル 楽天モバイル
料金 0円~
通信容量 無制限
かけ放題 あり
基本料金0円!
詳細をチェック
y.u mobile y.u mobile
料金 800円~
通信容量 最大20GB
かけ放題 あり
無制限かけ放題あり!
詳細をチェック