格安SIM

SIMフリーとは?メリット・デメリットと注意点を紹介

SIMフリーとは?メリット・デメリットと注意点を解説

数年前までは、スマホ・携帯電話といったら大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクのいずれかから利用するキャリアを選ぶのが一般的でした。

しかし、大手キャリアよりも月々のスマホ代を抑えて利用できる、格安SIMを利用する人が増えてきたことから、SIMフリーという言葉が使われる機会が多くなってきました。

「SIMフリー」なんとなくわかってるけど詳しくは説明できないという人が多いです。

そこで今回この記事では、SIMフリーとは?の回答とメリット・デメリットを紹介していきます。

大手キャリアから、SIMフリーへの乗り換えを検討している人はぜひ参考にしてください。

月額2,000円台で利用することができる激安な格安SIM5選を徹底比較

SIMフリーとは?

SIMフリーとは、SIMロックが解除されている端末の事をいいます。

大手キャリアでスマホを購入した場合は、他のキャリアでの利用を防ぐためにスマホに対してSIMロックがかけられます。

SIMロックがかかっている端末では、他のキャリアのSIMカードを挿入してもインターネット通信ができないようにな設定がほどこされています。

MVNOって何?格安SIMとの違いは?契約する際のポイントとメリット・デメリットを解説

SIMフリーのデメリット

SIMフリーのデメリットは下記の2点です。

  • 機能面の制限がある
  • 大手キャリアよりもサポートが少ない

格安SIMを利用する際に、必ず直面するデメリットです。

これまで大手キャリアで購入したスマホを使っていた人は、感じることがないかもしれませんがSIMフリースマホに乗り換えることで、これまで利用していたスマホの機能がいかに高いかを感じます。

しかし、料金を抑えてスマホを利用したい人にはSIMフリースマホはとても魅力的なものなのでしっかりと、デメリットを理解した上で乗り換えを検討してみてください。

機能面の制限がある

SIMフリースマホは、防水・防塵機能が備わっていない可能性があります。

いまでは、どのスマホにも当たり前のようについている機能ですが、SIMフリースマホによっては機能が備わっていないので、購入する際は必ず防水・防塵機能を確認するようにしましょう。

また、キャッシュレス決済機能もスマホを購入する前に確認しておくようにしましょう。

お財布ケータイ機能が付いていないスマホの場合は、スマホで定期券を購入することやコンビニで買い物することも出来ないので、お財布ケータイ機能を利用する機会が多い人は大きな不利益を被る可能性が高いです。

【2021年】かけ放題があるすすめの格安SIM9選!通話し放題プランの選び方と注意点

大手キャリアよりサポートが少ない

大手キャリアでは、24時間土日祝日関係なく突然のトラブルにも対応をしてくれていたと思いますが、SIMフリースマホはスマホ販売メーカーや店舗に直接連絡しなければなりません。

そのため購入したメーカー・店舗によっては連絡が取りづらく思ったようなサポートをうけることができない可能性が高いです。

電話対応は一切応じず、すべてメールだけの対応店舗もあるので注意が必要です。

【2021年最新】格安SIMのキャンペーン徹底比較!キャッシュバック・割引で新規契約・乗り換えがお得にできるMVNOを紹介

SIMフリーのメリット

SIMフリーのメリット

SIMフリーのメリットは下記の3点です。

  • 契約するプロバイダの選択肢が増える
  • 大手キャリアよりも料金が安い
  • 海外利用に対応しやすい

SIMフリーは新品で購入することはあまり多くなく、ほとんどの場合が中古品店での購入になります。

新品のSIMフリースマホを購入したい場合は、オフィシルショップで購入するなど購入方法が限られています。

しかし、その苦労をしてでもSIMフリースマホを購入した方が、多くのメリットを享受することが可能です。

契約するプロバイダの選択肢が増える

SIMフリーの大きなメリットとして挙げられるのが、携帯電話会社の選択肢が広がることです。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手携帯電話会社だけでなく、格安SIMとも契約が可能になります。

携帯電話会社によって料金や提供されているサービスは異なるため、より自分や家族の使い方に合った契約を選びやすくなることは、SIMフリーのスマートフォンの大きなメリットと言えます。

実店舗が多いおすすめの格安SIM8選!サービスやサポートの充実度・乗り換える際の注意点を徹底比較

大手キャリアよりも料金が安い

SIMフリーを利用する人の多くが、魅力に感じているように、SIMフリースマホは大手キャリアよりも料金を抑えて利用しやすいです。

SIMフリースマホは、格安SIMで用いることができ通信容量の少ないプランを選択すれば月々の支払は1,000円以下にすることも難しくありません。

また、大手キャリアの端末をメイン・SIMフリー端末をサブと料金を抑えて2台持ちで用途を使い分けることも可能です。

【最安で利用できる】おすすめの音声通話のみ格安SIM8選!かけ放題プランと料金・通話品質を解説

海外利用に対応しやすい

海外旅行に行く機会が多い人は、特にメリットとして感じる機会が多いです。

大手キャリアを海外で利用する場合は、wifiをレンタルしたり、海外プランを申し込んだりしなければなりません。

しかしう、SIMフリースマホであれば海外で使用可能なSIMカードを直接差し替えることで、海外でも快適に利用することができます。

なかには、SIMカードにセロテープの様に貼り付けること、海外利用が可能になるSIMもあります。

SIMフリーの注意点

SIMフリーの注意点は下記の2点です。

  • SIMロック解除することで動作保証が無くなる
  • 中古品のSIMフリーは制限がかかっている場合がある

それぞれを詳しく見ていきましょう。

SIMロック解除することで動作保証が無くなる

SIMロック解除をしたタイミングで、そのキャリアでの動作保証が無くなります。

一度SIMロックを解除した後では、その後スマホ端末の動作が悪くなっても購入したキャリアが取り扱ってくれることはありません。

SIMロックを解除してしまうと、別途端末補償オプションに加入している場合でも

中古品のSIMフリーは制限がかかっている場合がある

SIMロックを解除して、SIMフリースマホを準備するだけでなく中古品でSIMフリースマホを購入することもできます。

ただし、中古品を購入する際はバッテリーが悪くなったスマホや制限がかかっている端末の場合があります。

スマホ代の遅延が、通常と異なる利用方法をしていたため制限が欠けられている赤ロムと呼ばれる端末が商品の中に混ざっている可能性があるので、中古品でSIMフリースマホを購入する際は十分注意を払うようにしましょう。

iPhoneのバッテリー交換目安は?バッテリー寿命の見極め方と長持ちさせる方法を紹介

SIMフリーでお得にスマホを利用しよう

ここまで、SIMフリーとは?、SIMフリーのメリット・デメリット、注意点を見てきましたがいかがだったでしょうか。

SIMフリーを上手に利用することで、毎月のスマホ代を抑えて経済的にスマホを利用することができるようになります。

人によっては、大手キャリアからSIMフリースマホに乗り換えることで、半額以下に料金を抑えることも可能です。

ぜひ、この機会にSIMフリースマホに乗り換えをしてみてください。