格安SIM

【2021年最新】格安SIMの通信速度ランキング!人気の格安SIM17回線を徹底比較

【2021年9月最新】格安SIMの通信速度が安定しているのはどこ?人気の格安SIM17回線をランキング形式で徹底比較

格安SIMに乗り換えを考えている人の多くが気にするのが通信速度です。

「格安SIMを使いたいけど通信速度はどうなの?」「速度は安定しているの?」と乗り換えに中々踏み切れない方のために、格安SIMで人気の18回線の通信速度を徹底比較してきました。

実は、通信速度と通信の安定を気にしている人が多い格安SIMですが大手キャリアと遜色なく利用することができる格安SIM会社はあります。

そこで今回この記事では、通信速度が速く安定している格安SIM会社を紹介していきます。

通信速度・安定を気にしている人は、ぜひ参考にしてください。

格安SIM12社を徹底比較!料金・速度・通信量で一番お得なのはどこかランキング形式で紹介

目的別|快適にスマホを利用できる通信速度の目安

目的別|快適にスマホを利用できる通信速度の目安

スマホの利用方法によって快適に利用するために必要な通信速度は異なります。

一言に通信速度と言っても、「上り」「下り」の2種類があります。

「上り」「下り」は下記の通信速度のことです。

上り メッセージの送信などデータをサーバーにアップロードする速度
下り WEBページの閲覧や動画などのデータをサーバーからダウンロードする速度

こちらからデータを送るときは上り、データを受け取るときは下りが速いほど快適に利用することができます。

目的別に通信速度の目安を見ていきましょう。

LINEやメールを利用するとき

スマホを利用する上で一番利用する人が多いのが、LINEやメールを使った友人や恋人との連絡です。

画像を送信するときに通信が悪くなかなか送信ができなくてストレスを抱えてしまったり、送信の順番が前後になってしまった経験がありませんか。

LINEやメールを利用するときは、下記の通信速度を目安にしてください。

上り 下り
文章 1Mbps以上 128Kbps以上
画像 1Mbps以上 200Kbps以上
スタンプ 1Mbps以上 200Kbps以上

WEBページを閲覧するとき

WEBページを閲覧するときは、0からページを新しく表示する時に一番負荷がかかります。

そのため、ページを開く瞬間は通信状況の良い場所で利用するようにしましょう。

インターネットを利用してWEBページを閲覧するときの通信速度の目安は下記の表の通りです。

閲覧するページによっても必要な通信速度が異なる点には注意が必要です。

上り 下り
2Mbps以上

WEBページを閲覧する際は、こちらからサーバーにアップロードするデータはないので上り速度は関係ありません。

動画をみるとき

外出自粛によりYouTubeやNETFLIXなどの動画サイトを利用する時間が多くなり、スマホで動画をみる人が多くなってきています。

通信速度が悪い状況では低画質や動画がカクツいてしまい、楽しむことができません。

特に、ストリーミング再生で動画をみる際は通信速度・安定がとても大切です。

動画をみる際は、以下の表を参考にして通信状況が良い場所・時間で利用をするようにしましょう。

画質 下りの通信速度
4K 20MBps以上
1,080p 5MBps以上
HD 2.5Mbps以上
480P 1.1Mbps以上
360p 0.7Mbps以上

参考:YouTube

事前にスマホに動画をダウンロードしておくことで、通信状況が悪い場所でも動画を楽しむことができます。

iPhone13で注目されている4K画質を利用する際は、20MBps以上求められる通信速度が速いので、高解像度で動画を見たい人は、通信速度を特に気にしましょう。

ビデオ通話をするとき

ビデオ通話をする際は、相互に動画と音声をデータとして送受信している状態です。

リモート勤務が推奨されている、今のご時世ではビデオ通話の重要性が増しています。

MTGや会議・打ち合わせをZOOMなどのビデオ通話を行う機会が増えてきて、大切な会議でラグが合って失敗してしまったということを防ぐためにも安定した通信速度が必要です。

4Gや5Gが主な通信手段となっているいま、パソコンだけでなくスマホでも通信環境がよければ十分ビデオ通話はできます。

必要な通信速度は下記の表を参考にしてください。

上り 下り
ZOOM 1.2Mbps以上 1.2Mbps以上
Skype 1.5Mbps以上 1.5Mbps以上
LINE 1.5Mbps以上 1.5Mbps以上

オンラインゲームをするとき

オンラインゲームはインターネットを利用うえでもっとも通信速度が重要視されることの一つです。

特に複数の人が協力して進めるオンラインゲームのMMORPGでは、データのやり取りが多いため、通信速度が遅いとアプリが落ちてしまう場合もあります。

人気のゲームをやる際に必要な通信速度の目安は下記の表を参考にしてください。

上り 下り
Apex 70Mbps 30Mbps
Fortnite 70Mbps 30Mbps
Dead by Daylight 50Mbps 30Mbps

強力プレイのオンラインゲームの場合は、一人でも通信速度が遅い人がいるとそれが原因で負けてしまったりし、楽しむことができなくなってしまうので注意してください。

人気の格安SIM17回線の通信速度ランキング

人気の格安SIM17回線の通信速度ランキング

人気の格安SIM17回線の通信速度(2021年7月~9月)は、下記の表の通りの結果となりました。

順位 格安SIM 通信速度(平均) 計測回数(2021年7月~9月)
1位 ペンギンモバイル 80.4Mbps 871回
2位 LINEモバイル 64.21Mbps 143回
3位 LinksMate 59.79Mbps 62回
4位 Y!mobile 58.39Mbps 804回
5位 日本通信SIM 55.89Mbps 577回
6位 J:com MOBILE 48.04Mbps 120回
7位 IIJmio 47.27Mbps 667回
8位 UQ mobile 44.86Mbps 1018回
9位 OCNモバイルONE 41.4Mbps 320回
10位 スターモバイル 35.86Mbps 196回
11位 mineo 33.52Mbps 691回
12位 DMMモバイル 30.03Mbps 42回
13位 イオンモバイル 21.35Mbps 54回
14位 nuroモバイル 20.75Mbps 137回
15位 BIGLOBEモバイル 19.11Mbps 228回
16位 TONEモバイル 17.53Mbps 70回
17位 楽天モバイル 8.19Mbps 88回

参考:みんなのネット回線速度

今回の調査で最も通信速度が速かったペンギンモバイルは、格安SIM業界の中で唯一の遮断法事として展開しているサービスです。

オンラインゲームなどをスマホでやりたい人は、格安SIMのペンギンモバイルに乗り換えてみるのはいかがでしょうか。

大手キャリアの通信速度は下記の表の通りです。

順位 格安SIM 通信速度(平均) 計測回数(2021年7月~9月)
1位 NTTドコモ 170.05Mbps 3657回
2位 au 104.41Mbps 2029回
3位 ソフトバンク 90.46Mbps 2056回

参考:みんなのネット回線速度

大手キャリアであればどのキャリアを利用しても、通信速度が重要視されるオンラインゲームを快適にあそぶことができます。

今回の調査結果では、大手キャリアの方が格安SIMよりも阿東的に通信速度が速いことが分かりました。

しかし、スマホの利用目的別にみると14位のnuroモバイル以上であれば、ストレスなくLINE・ビデオ通話・動画をみることが可能です。

スマホの利用目的に合わせて必要な通信速度を確認することが大切です。

通信速度が速くても、早い通信速度が必要ないのであれば料金の安い格安SIMに乗り換える方がお得です。

格安SIMとは何?大手キャリアとの6つの違いと契約時に確認するべき3つのポイントを解説

格安SIMによって通信速度が違う理由

格安SIMによって通信速度が違う理由を解説していきます。

通信速度が違う理由は下記の2つです。

  • 格安SIMによって利用できる通信回線が異なる
  • 時間帯によって通信回線の利用者が増減する

それぞれを詳しく見ていきましょう。

格安SIMによって利用できる通信回線が異なる

格安SIMは大手キャリアから回線を借りてサービスを展開しているので、借りている回線によって通信速度が変わります。

大手キャリアは回線を多く借りてくれている格安SIMを優先するため、多くの回線を借りている格安SIMほど通信速度が速いです。

そのため格安SIMがどこの回線をどれだけ借りているかが異なるので、格安SIM会社によって通信速度が異なります。

各格安SIM会社は、データ通信の通信速度を一覧として公表していますが、公表している通信速度は最大速度のため、実際に利用した際はそれ以下の速度です。

時間帯によって通信回線の利用者が増減する

通信回線を利用する人が多ければ多いほど、通信回線が混み合ってしまうため通信速度が遅くなります。

通信回線の利用者が多い時間帯は、通勤時間・昼休み・夕方などです。

利用者が少ない時間帯に利用することで、早い通信速度で利用することができます。

格安SIMの通信速度が遅くなった時の4つの対処法

格安SIMの通信速度が遅くなった時の4つの対処法

まずは、通信量が既定量を超えて低速通信になってしまっていないかを確認しましょう。

低速通信になっていない場合は、下記の4つのどれかで通信速度を改善することができます。

  • 通信接続を一度オフにする
  • スマホを再起動する
  • データをリチャージする
  • 時間・場所を変える

それぞれを詳しく見ていきましょう。

通信接続を一度オフにする

何かしらの不具合が原因で、通信速度が遅くなってしまっている可能性があります。

一度スマホのモバイルデータ通信をオフにしてすぐにオンに戻してみてください。

不具合が改善されて、通信速度が元に戻ることがあります。

原因をはっきりとさせることはできませんが、スマホの通信速度は改善することができます。

スマホを再起動する

通信接続を一度オフにしても通信速度が改善されない場合は、スマホを再起動してください。

他のアプリを立ち上げすぎている場合やクレジットが多く残り過ぎてしまっている可能性が高いので、スマホを再起動して一度通信を切断することで、余計なアプリなどが通信を辞めることで通信速度を改善することができます。

スマホを再起動する際は、必要なデータが保存されているかを確認した上で再起動するようにしましょう。

データが紛失してしまう可能性があることに注意が必要です。

データをリチャージする

既定の通信量を超えたため低速通信になっている可能性があります。

データ通信量を購入することで高速通信を再び利用することができます。

データリチャージは別途料金がかかり、格安SIM会社によってその値段は異なります。

毎月、既定の通信量を超えてしまう場合は、契約プランを変更するか、Wi-Fiを導入するという解決策を行った方がデータリチャージよりも料金を抑えて、大容量の通信をすることができる場合があります。

データ通信専用の格安SIMを使いたい人におすすめの8社!おすすめの理由と選び方を解説

時間・場所を変える

局地的に通信量が増えた場合も通信速度が遅くなることがあります。

急ぎで必要な作業でなければ、時間・場所を変えて再度行うことで、ストレスなく快適に作業をすることができます。

駅やデパートなどの多種多様な人が利用する場所は特に通信速度が遅くなることがあります。

格安SIMでも通信速度を気にすることなく利用できる

ここまで、格安SIMの通信速度について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

格安SIM選びをしっかりすれば、通信速度・通信の安定は深く考える必要はありません。

大手キャリアよりも基本料金が安く、通信にも問題がないのでぜひこの機会に格安SIMに乗り換えをしてみましょう。