楽天モバイル

楽天モバイルの通信速度は遅い?速い?実際に計測した結果と遅い時の対処法を紹介

今回この記事では、テレビCMで話題の楽天モバイルの通信速度について解説していきます。

楽天モバイルと言えば、月の通信容量が1GB未満であれば基本使用料が0円と一切の費用がかからずにスマホを利用できるという代代的な告知が思い浮かべる人が多いではないでしょうか。

ただでスマホを使えるのは、とても大きなメリットですが安く使えるのは通信速度がおそいからでは?と疑いを持つ人もいますよね。

そこで、筆者が楽天モバイルを利用している人の口コミと実際に計測した結果から楽天モバイルの速度について紹介していきます。

楽天モバイルへの乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイルの評判・口コミは悪い?メリット・デメリットを徹底解説

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイル

楽天モバイルは他の格安SIMと異なり、一部エリアでは自社回線を持っています。

そのため、スマホを利用するエリアによって楽天回線とパートナー回線と通信回線が変わります。

ただし、どちらの回線を利用するかは任意に切り替えることができないので注意が必要です。

【2021年最新】格安SIMの通信速度ランキング!人気の格安SIM17回線を徹底比較

楽天回線エリア

楽天回線エリアとは、楽天基地局の電波を利用するエリアです。

楽天回線エリアではデータ容量の制限がなく、高速でインターネットを使い放題です。

通信可能エリアは、公式ページから確認することができます。

ただし、通信可能エリアはあくまで目安となるので、楽天回線エリアとパートナー回線エリアの境界線や地下・屋外では通信が切断されたり、部分的に利用できない箇所があるので注意が必要です。

パートナー回線エリア

楽天回線は現在拡大途中のため、エリアによっては楽天回線が入らないエリアがあります。

そのため、楽天回線の対象外エリアでは、パートナー回線としてau回線を利用して通信を行います。

パートナー回線エリアでは高速通信できる容量が月間5GBまでと決まっており、それ以上通信を行う場合の通信速度は最大1Mbpsと制限されてしまうのでエリア外での通信は注意が必要です。

【2021年最新】au回線のおすすめ格安SIM5選!人気の理由と賢い選び方を徹底解説

楽天モバイル利用者の声

楽天モバイル利用者の声

楽天モバイル利用者の通信速度に関する評判をまとめてみました。

楽天モバイルは回線速度が遅くなる昼の時間帯でも快適に利用することができるとい声が多くありました。

ただし、場所や時間帯によっても通信速度は大きく変わるので、口コミはあくまでも参考にするようにしましょう。

楽天モバイル利用者の声①:楽天 UN-LIMITがレべチ

26歳 男性 Yさん
楽天モバイルのUN-LIMITの速度が他の格安SIMと比べてもレべチでヤバイ

楽天モバイルUN-LIMITの魅力の一つに通信速度があります。

ホームルーターや大手キャリア・格安SIMと比較してもスムーズにインターネットを利用することができます。

データをダウンロードするだけでなく、アップロードする速度も十分な速さがでます。

インスタ投稿やYouTubeにデータ投稿もスピーディーに快適に行うことが可能です。

楽天モバイル利用者の声②:通信速度が速い

21歳 男性 Eさん
ユーザー数が少ないとは言えこの通信速度はすごすぎる、都内だったら最強

楽天モバイルは、現在急速に利用者数を増加していますが、ユーザーを受け入れるキャパシティはまだまだあるためストレスなくインターネットを利用することができます。

楽天回線エリアを利用できるエリアが生活圏内にある人の場合は、楽天モバイルへの乗り換えを検討してみましょう。

楽天モバイル利用者の声③:快適に使える

31歳 女性 Mさん
楽天回線の速度は速いけど、楽天回線が利用できないエリアでも5GBまでは高速回線を利用できるし、速度制限になっても1Mbpsで利用できるから割と便利。ついでに電話は何分話しても無料なのが助かる

楽天モバイルは、楽天回線エリア外ではパートナー契約を結んでいるau回線を利用して通信を行うことができます。

月に5GBまでは制限なしで利用でき、速度制限がかかっても1Mbpsで利用可能なので十分にスマホを扱えます。

楽天モバイルの通信速度を実際に計測した結果

筆者の私が実際に楽天モバイルの通信速度を実際に計測してみました。

平日の8時・12時・19時の3回計測行いました。

計測場所は都内某所となります。

8時の通信速度

下りが50.4Mbps、上りが42.4Mbpsでした。

下り上りどちらも40Mbps以上で通信を行うことができます。

ダウンロードだけでなくアップロードも素早く行えるので、データを受信するだけでなく快適に送信することもできます。

通信速度が飛びぬけて速いという結果ではありませんが、十分快適にインターネットを利用できる速度です。

12時の通信速度

下り46.3Mbps上り26.6Mbpsでした。

12時は通信回線を利用する人が増えるため、通信回線が混み合い通信速度が遅くなる傾向があります。

下り上りどちらの速度も、朝の時間帯より遅くなってしまっていますが、十分利用できる通信速度です。

ただし、場所や時間帯によっては通信速度が大きく異なることは念頭に置いておく必要があります。

19時の通信速度

下り44.3Mbps上り37.7Mbpsでした。

夜の時間帯でも、朝昼と大きな違いなくインターネットを利用することができます。

楽天回線エリアでは上記の速度で無制限で利用できるのでとても快適にインターネットを利用することができます。

ただし、時間帯や場所によって格安SIMの通信速度は大きく異なるので利用する際は注意が必要です。

楽天モバイルの速度に関するよくある質問Q&A

楽天モバイルの速度に関するよくある質問Q&A

楽天モバイルの速度に関するよくある質問をまとめてみました。

格安SIMへの乗り換えを成功させる大きな要素は、乗り換え後に快適にスマホを利用できるかどうかです。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

利用している回線は確認できますか?

利用している回線の確認は可能です。

接続されている回線エリアは、「My 楽天モバイルアプリ」・「マイページ」から確認できます。

楽天回線エリアであれば、制限なく利用することができますが、対象エリア外であれば月に5GBまでと利用制限がかかっているので利用する際は注意が必要です。

3日間制限はありますか?

制限はありません。

「2017年3月1日をもって、楽天モバイルの3日間の通信速度制限を撤廃」と公式ページで発表があったため、楽天モバイルには3日間制限はありません。

ただし、通信回線の独占を防ぐために、一定容量の通信を行ったユーザーは速度制限がされているという声もありました。

通信は必要な量だけ行い、不必要な通信をし無くなれば通信回線が混みづらくなるので、譲り合いの心が大切です。

速度制限の1Mbpsはどれくらい?

1Mbpsあればテキストデータでのやり取りが可能です。

項目 必要通信量の目安
動画閲覧(低画質) 700Kbps~
SMS受信 128Kbps~
ウェブページ閲覧 1Mbps~

LINEやTwitterであれば利用できるので、5GBを超えて通信を行う場合でも安心することができます。

ただし、動画閲覧をする場合は低画質でもスムーズに閲覧することが難しい点は注意が必要です。

楽天モバイルはエリアに関係なく速い

ここまで楽天モバイルの通信速度についてみてきましたがいかがだったでしょうか。

楽天モバイルは、楽天回線エリア外でも5GBまでは快適に利用することができます。

都内に住んでいるひとであれば、常に楽天回線エリアで利用できる可能性が高いです。

ぜひ、この機会に楽天モバイルに乗り換えてみましょう。

おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile Y!mobile
料金 1,078円~
通信容量 最大30GB
かけ放題 あり
ソフトバンク回線なら!
詳細をチェック
楽天モバイル 楽天モバイル
料金 0円~
通信容量 無制限
かけ放題 あり
基本料金0円!
詳細をチェック
y.u mobile y.u mobile
料金 800円~
通信容量 最大20GB
かけ放題 あり
無制限かけ放題あり!
詳細をチェック