iPhone

iOS15にアップデートするべき?アップデートすることで発生するメリット・デメリットを解説

iOS15にアップデートするべき?アップデートすることで発生するメリット・デメリットを解説

iOSの最新バージョンであるiOS15にはアップデートするべきかどうか迷っている人はいませんか。

最新のiOSはバグの影響で、今まで利用できていた機能が利用できなくなったり、バージョンが変わることで、普段利用している機能の使い勝手が変わったりとiOSがスマホの利用方法に大きな影響を与えます。

そのため、すぐにiOSをアップデートする人と少し待ってからアップデートする人に分かれます。

そこで今回この記事では、iOS15にアップデートするべきかどうかについて解説していきます。

iPhoneの機種変更はこれで完璧!バックアップ方法と注意点を解説

ios15の特徴

2021年9月21日に公開されたios15はこれまでのアップデートと大きく異なる点が2つあります。

これまでのiOSの更新は、今まで利用していたiOS14からアップデートする方法だけでなく、iOS14のまま使いつつ、セキュリティ面だけ最新のバージョンにアップデートすることができます。

iOS14の機能のままセキュリティ面だけアップデートすることができるので、iOS14を継続して利用したい人には、とても良いOSの更新ですよね。

普段利用している、アプリが最新のOSであるiOS15に対応するようになってから、更新することができるので、誤ってiOSを更新することなく既存のアプリを利用することができるので、とてもおすすめです。

ただし、これまでにもiOSが1~14まで発表されていますが、発表されてすぐのiOSは、不具合を生じることが多々あり、マイナーチェンジとしてすぐにiOSが更新されてしまいます。

そのため、iOSを更新するタイミングは発表されてすぐではなく、少し待ってから更新するのが良いと一般的に言われており、これは正しい一面も持ち合わせています。

iOS15にアップデートすることのメリット

iOS15にアップデートすることのメリット

iOS15にアップデートすることで得られるメリットには下記のものがあります。

  • 最新の機能を利用することができる
  • 不具合を解決することができる
  • セキュリティホールを改善することができる
  • タブ機能が大きく変わる
  • 集中モードが実装される

基本的には、最新のiOSにすることで利用することができる機能が増えるだけでなく、セキュリティ上の問題を解決することが可能です。

セキュリティとOSは深い関りを持っており、機能面の改善だけでなくセキュリティ問題を解決するためだけにOSが更新することは、珍しくありません。

ただす、最新バージョンのiOSにすぐに更新をしてしまうと、細かいバグや問題点がリリース直後は見つかりやすいので、すぐに再度アップデートが必要になることが多々あります。

iPhoneのウィルス対策!感染経路と対策方法・感染の見分け方を解説

iOS15にアップデートすることのデメリット

続いて、iOS15にアップデートすることのデメリットについて見ていきましょう。

  • バグがでる可能性がある
  • 最新のiOSに対応していないアプリがある
  • バッテリー消費が速くなる
  • iPhoneに熱がこもりやすくなる
  • iOS14に戻すことができない
  • 利用に慣れるまでは使いづらい

上記の様なものがあります。

一度最新バージョンのiOS15にアップデートすると、iOS14に戻すことができなくなってしまいます。

iOS15では、Safariのタブ位置が異なったり、新しい機能の追加でこれまでと利用方法が異なる点が多々あります。

そのため、iOS15に使いなれるまではアップデートしたことでiPhoneが使いづらくなってしまう可能性があります。

iOS15の大きな不具合

iOS15の大きな不具合

iOS15には大きな不具合が2つ発見されています。

iOS15にアップデートするべきか悩んでいる人は、次に紹介する2つの問題をよく確認した上でアップデートするかどうか判断するようにしましょう。

  • 勝手に課金されてしまう
  • 2段階認証アプリが使えない

どちらの不具合もiOS15が発表されてからすぐに見つかったものであり、徐々に不具合は改善されているため、現在のバージョンではすでに解決している可能性もあります。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

勝手に課金されてしまう

勝手に課金されてしまう

プライベートリレーの影響で勝手に課金されてしまう可能性があります。

プライベートリレー

セキュリティ機能の一つでiCloudの有料プランを利用している人限定ですが、iPhoneの利用者がどのサイトをいつ訪れたかを分からなくし、プライバシーを守る仕組み

ドコモ・au・ソフトバンクなどの各キャリアが提供しているサービスとの相性が悪く、プライベートリレーを利用している人は、利用していないサービスを利用したことになってしまい、有料アプリの利用・課金状態になってしまうことがあります。

特に楽天モバイルなどでは、Rakuten Linkアプリ同士のメッセージ送受信・電話の発着信のデータ容量が、課金対象としてカウントされていた現状があります。

2段階認証アプリが使えない

iOS15の最新機能として、他のアプリをりようすることなくiPhoneだけで2段階認証することができるようになった点があります。

しかし、利用するアプリによってはiOSに備わったでフィルとの機能で2段階認証をするこを防ぐアプリが多く、様々なトラブルが発生しています。

そのため、2段階認証が必要な機能を利用する際は、これまで通りに専用のアプリを利用する必要があります。

せっかく新しい機能として出てきたのに、結果として利用することができない場合は、意味がありませんよね。

バッテリーの減りが速い

iOS15にアップデートすることで、バッテリーの減りが速くなる現象が確認されています。

iOSを更新することで、バッテリーの減りが速くなる現象はiOSが更新されるたびに報告されています。

新しい機能の追加やシステムの変更によりバッテリー消費が大きくなりバッテリーの持ちが悪くなるためです。

iPhoneが熱くなるのは危険?原因と解決方法を解説

WiFi・Bluetoothの接続ができない

WiFi・Bluetoothに接続することができない不具合についても報告をされています。

airPods等のBluetoothを利用したイヤホンが主流になってきた今、Bluetoothへの接続が上手くできないと通勤や通学をする際に音楽を聴けなくなったリ、リモート授業への参加ができなくなってしまいますよね。

また、WiFiも同様に今の時代では、必要不可欠なものになっています。

インターネットに接続ができなくなってしまっては、そもそもスマホとしての機能も発揮することができません。

特に格安SIMを利用している人は、通信容量のプランを小さくし、WiFiを利用することで、月々の料金を抑えてスマホを利用しているのでWiFiを利用することができなくなってしまうのは大打撃です。

無制限で使えるおすすめのポケットwifi6社を徹底比較!プラン内容と注意点を解説

iOS15にアップデートをしよう

ここまでiOS15のアップデートについて見てきましたがいかがだったでしょうか。

iOS15にアップデートすることで発生する不具合は徐々に解決している傾向があります。

依然として一部のバグや不具合はありますがほとんど問題なく利用することが、現状可能となっています。

また、今はiOSをアップデートしなくても大きな問題が発生していないかもしれませんが、ゆくゆくはiOSを最新バージョンにアップデートしなければならない時がきます。

タイミングを見計らってアップデートすることで、セキュリティ面が強化されるだけでなう、iPhoneユーザーが利用しやすいようにと、エンジニア達が考えた最新の機能を利用することができます。

ぜひ、この機会にiOSを最新バージョンに更新しましょう。

おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile Y!mobile
料金 1,078円~
通信容量 最大30GB
かけ放題 あり
ソフトバンク回線なら!
詳細をチェック
楽天モバイル 楽天モバイル
料金 0円~
通信容量 無制限
かけ放題 あり
基本料金0円!
詳細をチェック
y.u mobile y.u mobile
料金 800円~
通信容量 最大20GB
かけ放題 あり
無制限かけ放題あり!
詳細をチェック