格安SIM

ドコモ回線の格安SIMはどれがおすすめ?メリットと注意点も解説【2022年版】

「ドコモから乗り換えられる格安SIMってどれ?」
「格安SIMが種類が多くて選べない…!」

現在ドコモを契約している方は、ドコモ回線の格安SIMがおすすめです。

MVNO(格安SIM会社)は、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアから、回線の一部を借りてサービス提供をしています。

つまり「ドコモ回線」とは、ドコモの回線を借りているということです。

ドコモ回線の格安SIMを選べば、乗り換え時にSIMロックの解除が不要だったり、手数料が安くなったりします。

今回は、ドコモ回線の格安SIMの中から、当サイトのおすすめを紹介!

ドコモ回線の格安SIMのメリットや、乗り換える際の注意点も解説します。

もくじ
  1. ドコモから格安SIMへ乗り換えるべき理由5つ
  2. ドコモ回線の格安SIMはどれ?全部紹介します
  3. ドコモ回線のおすすめ格安SIM8選
  4. 【ahamo】ドコモ発の新料金プランは格安SIMよりお得?
  5. ドコモ回線の格安SIMに乗り換える際に注意すべきこと
  6. ドコモから格安SIMに乗り換える手順
  7. ぶっちゃけドコモと格安SIMどっちが良いの?
  8. 【まとめ】ドコモからドコモ回線の格安SIMに乗り換えよう!

ドコモから格安SIMへ乗り換えるべき理由5つ

まずはドコモから格安SIMへ、乗り換えるべき5つの理由を解説します。

「格安SIMって実際使い物になるの?」
「ドコモから格安SIMに乗り換えると不便になる?」

などの不安や疑問はこの記事で解決できますよ!

  • 格安SIMへの乗り換えでスマホ代が圧倒的に安くなる
  • 格安SIMは大手キャリアより契約の縛りがゆるい
  • ドコモ回線ならSIMロックを解除する必要なし!
  • ドコモ回線のため繋がるエリアはそのまま!
  • ドコモ回線の格安SIMは種類が豊富

格安SIMへの乗り換えでスマホ代が圧倒的に安くなる

キャリアから格安SIMに乗り換える理由は「スマホ代を安くしたいから」というのが大半です。

「格安」と付いているくらいですので、月々のスマホ代が安くならないと意味がありませんよね。

では実際に、ドコモから格安SIMに乗り換えると、スマホ代が安くなるのか見ていきましょう。

  • ドコモとLINEモバイルの料金比較
  • ドコモとmineoの料金比較
  • ドコモとIIJmio の料金比較

ドコモとLINEモバイルの料金比較

ドコモ LINEモバイル
プラン名 5Gギガライト(~3GB) 音声通話SIM
月々のデータ量 3GB 3GB
月額基本料金(税抜) 4,150円 1,480円

ただしドコモの「5Gギガライト」は「みんなドコモ割」や「dカードお支払割」、「ドコモ光セット割」などの割引を適応させると、月額2,480円まで安くできます。

ドコモとLINEモバイルの料金を比較すると、LINEモバイルの方が月々2,500円以上も安いです。

たかが数千円と思うかもしれませんが、2年間利用すると、6万4,000円以上もの節約になります。

今回は税金で計算しているため、もっと節約できると考えて良いでしょう。

ドコモからLINEモバイルに乗り換えるだけで、スマホ本体が買えちゃうほど安くなるなんて驚きですよね。

続いて、ドコモとmineoの料金を比較してみましょう。

ドコモとmineoの料金比較

ドコモ mineo
プラン名 5Gギガライト(~3GB) デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
月々のデータ量 3GB  3GB
月額基本料金(税抜) 4,150円  1,600円

mineoの料金はDプラン(ドコモ回線)のものです。

mineoもLINEモバイルと同じように、月々千円台でスマホが利用できます。

音声通話がついていない格安SIMも多い中で、上記のプランは電話番号での通話ができるプランです。

続いて、ドコモとIIJmioの料金を比較してみましょう。

ドコモとIIJmio の料金比較

ドコモ IIJmio
プラン名 5Gギガライト(~3GB) ミニマムスタートプラン
(音声通話機能付きSIM)
月々のデータ量 3GB 3GB
月額基本料金(税抜) 4,150円 1,600円

IIJmioの料金はDプラン(ドコモ回線)のものです。

mineoと同じく、月々1,600円でスマホが使えます。

他にもデータ通信量が6GB、12GBのものがありますが、12GBのプランでも月々3,260円しかかかりません。

たくさんデータ量がほしい!という方でも、スマホ代を抑えることが可能です。

格安SIMは大手キャリアより契約の縛りがゆるい

ドコモは定期契約にした方がお得です。

そのため多くの方が、2年縛りでドコモを契約していたのではないでしょうか?

月額料金が安くなるのは嬉しいですが、縛りがあると、契約更新月以外の解約で違約金がかかってしまいます。

2019年10月以降のプランを使っているのなら、違約金(解約金)は1,000円ですが、それ以前のプランだと9,500円も支払わなくてはなりません。

一方で格安SIMは、縛りがゆるいものが多いです。

半年~1年縛りだったり、縛りなしだったりするので、気軽に契約できますし他社へ乗り換えられます。

「違約金がかかるから、格安SIMに乗り換えないほうが良いのでは…?」と思う方は、月額料金の差額で考えてみてください。

たとえ違約金が9,500円かかっても、月額料金が3,000円安くなるとすれば、4ヶ月で12,000円も節約になります。

乗り換えが1ヶ月でも遅くなると、逆に月々3,000円多く支払うことになるため、違約金が発生してもすぐに乗り換えたほうが良いのです。

格安SIMは契約の縛りがゆるいため、ドコモからの乗り換えをおすすめします。

ドコモ回線ならSIMロックを解除する必要なし!

ドコモからドコモ回線の格安SIMに乗り換える場合、基本的にSIMロックを解除しなくても利用できます。

他社の回線へ乗り換える場合は、SIMロックを解除する手続きが必要になるため、注意が必要です。

SIMロックの解除は、店舗で依頼すると手数料3,000円がかかります。

そのため「次は絶対にau回線がいい!」などの希望が無い限りは、ドコモ回線の格安SIMを選んだほうが良いでしょう。

ドコモ回線のため繋がるエリアはそのまま!

ドコモから格安SIMに乗り換えても、回線が同じであれば、繋がるエリアはそのままです。

ドコモは比較的繋がるエリアが広いため、格安SIMに乗り換えたことで使える範囲を狭めないように、ドコモ回線のものを選びましょう。

引き続きドコモ回線を利用すれば、乗り換えても安心してスマホを使えますね。

ドコモ回線の格安SIMは種類が豊富

ドコモ回線の格安SIMは、現在約20社から提供されています。

各社がお得なプランやキャンペーンを出しているため、その中から自分に合った格安SIMが選べるのです。

しかし格安SIMを探すにあたり「どの回線の格安SIMなのか?」を見つけるのは、大変そうですよね。

1つひとつサイトを回らなくても良いように、当サイトではドコモ回線の格安SIMをまとめました!

ドコモ回線の格安SIMはどれ?全部紹介します

以下が、ドコモ回線の格安SIMです。

後ほどこの中から、当サイトおすすめの格安SIMを紹介します!

サービス名 会社名
LINEモバイル LINE
mineo オプテージ
IIJmio インターネットイニシアティブ
BIGLOBEモバイル BIGLOBE
エキサイトモバイル エキサイト
OCN モバイル ONE NTTコミュニケーションズ
BIC モバイル ONE ビックカメラ
BIC SIM ビックカメラ
NifMo ニフティ
b-mobile 日本通信
日本通信SIM 日本通信
LIBMO TOKAIコミュニケーションズ
DTI SIM freebit
HISモバイル H.I.S.Mobile
y.u-mobile Y.U-mobile
ロケットモバイル エコノミカル
イオンモバイル イオンリテール
QTmobile QTnet
楽天モバイル 楽天モバイル

ドコモ回線のおすすめ格安SIM8選

当サイトおすすめの格安SIMは、以下の8つです。

  • LINEモバイル
  • mineo
  • IIJmio
  • BIGLOBEモバイル
  • エキサイトモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • イオンモバイル
  • 楽天モバイル

楽天モバイルはキャリア(自社回線を持つ会社)になりましたが、価格帯が格安SIMと同じくらいです。

では、それぞれの料金プランと特徴を見ていきましょう。

LINEモバイル

LINEモバイルの魅力は、料金の安さだけではありません。

オプションを付ければ、SNSや動画アプリなどがワンコインで使い放題になるため、通信制限を気にせずスマホが楽しめます。

LINE株式会社が提供するサービスのため、LINEの利用は0円でデータフリーです。

「スマホ代を安くしたいけど、SNSや音楽アプリはたくさん使いたい!」という方は、ぜひ利用してみてください。

基本料金

LINEモバイルの月額料金(税抜)

音声通話SIM データSIM
500MB/月 1,100円 600円
3GB/月 1,480円 980円
6GB/月 2,200円 1,700円
12GB/月 3,200円 2,700円

オプション

オプション名 LINEデータフリー SNSデータフリー SNS音楽データフリー
料金 +月額0円 +月額280円(税抜) +月額480円(税抜)
対象サービス LINE LINE、Twitter、Facebook LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC、Spotify、AWA

※データフリーの料金が月額料金に追加されます

mineo

mineoは、ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアから回線を選べます。

そのためドコモ以外に、au、ソフトバンクから乗り換えた方も多いです。

mineoは、料金プランが500MG~30GBまで用意されており、自分に合ったデータ量を選べるところが最大の魅力。

また独自のサービスが充実しているため、格安SIMの中でも楽しく使えるものだといえます。

コミュニティサイトでは、スマホや格安SIMに関する不安を質問できるため、初めての格安SIMでも安心です。

基本料金

デュアルタイプ(音声通話+データ通信)月額料金

Aプラン Dプラン Sプラン
500MB
1,310円
1,400円
1,750円
3GB
1,510円 1,600円 1,950円
6GB
2,190円 2,280円 2,630円
10GB
3,130円 3,220円 3,570円
20GB
4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円

シングルタイプ(データ通信のみ)月額料金

Aプラン Dプラン Sプラン
500MB 700円 700円 790円
3GB 900円 900円 990円
6GB 1,580円 1,580円 1,670円
10GB 2,520円 2,520円 2,610円
20GB 3,980円 3,980円 4,070円
30GB 5,900円 5,900円 5,990円

エココース(デュアルタイプ)月額料金

Aプラン Dプラン Sプラン
500MB 提供なし 提供なし 提供なし
3GB 1,460円 1,550円 1,900円
6GB 2,090円 2,180円 2,530円
10GB 2,980円 3,070円 3,420円
20GB 4,290円 4,380円 4,730円
30GB 6,060円 6,150円 6,500円

エココース(シングルタイプ)月額料金

Aプラン Dプラン Sプラン
500MB 提供なし 提供なし 提供なし
3GB 850円 850円 940円
6GB 1,480円 1,480円 1,570円
10GB 2,370円 2,370円 2,460円
20GB 3,680円 3,680円 3,770円
30GB 5,450円 5,450円 5,540円

お試し200MBコース月額料金

シングルタイプ 300円
デュアルタイプ 1,000円

ドコモ回線を利用する場合は「プランD」をお選びください。

IIJmio

今回はIIJmioの料金プランの中でも、タイプD(ドコモ回線)について解説します。

IIJmioは、料金の安さの他に、セット端末の種類が豊富なことや、MNPが簡単に行えることが魅力です。

契約者の名義を変更するだけで、家族まとめてMNPの転入ができます。

MNPとは、ドコモで利用していた電話番号をIIJmioでそのまま使えるようにする手続きのことです。

家族で乗り換えを検討している方は、ぜひIIJmioの料金プランをチェックしてみてください。

基本料金

音声通話機能付きSIM キャンペーン期間中 SMS機能付きSIM キャンペーン期間中 データ通信専用SIM キャンペーン期間中
ミニマムスタートプラン
3GB
1,600円 500円 1,040円 640円 900円 500円
ライトスタートプラン
6GB
2,220円 1,120円 1,660円 1,260円 1,520円 1,120円
ファミリーシェアプラン
12GB
3,260円 2,160円 2,700円 2,300円 2,560円 2,160円

※キャンペーン料金は6ヶ月間有効

IIJmioを利用する方は、ひかりとセットでずーっと月額600円引きの「mio割」がおすすめです。

通話料

通常料金 20円/30秒
同一契約者名義間(同一mioID間) 16円/30秒
みおふぉんダイアル利用 国内通話 10円/30秒
国際電話 10円(非課税)/30秒
同一契約者名義間(同一mioID)の国内通話 8円/30秒
通話定額オプション(かけ放題)

誰とでも3分&家族と10分 600円/月
誰とでも10分&家族と30分 830円/月

初期費用、対応端末など、詳しい費用についてはiijmo公式サイトをご覧ください。

Iijmio公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは「動画好き」の方におすすめする格安SIMです。

カウントフリーオプションで、YouTubeがデータ通信量を気にせず利用できます。

また料金のお手頃さでも人気なので、ぜひ検討してみてください!

料金プラン(税別)

音声通話+データ通信+SMS データ通信+SMS データ通信のみ
1ギガ 1,160円/月
3ギガ 1,600円/月 1,020円/月 900円/月
6ギガ 2,150円/月 1,570円/月 1,450円/月
12ギガ 3,400円/月 2,820円/月 2,700円/月
20ギガ 5,200円/月 4,620円/月 4,500円/月
30ギガ 7,450円/月 6,870円/月 6,750円/月
データ追加チャージ +100MBごとに300円

通話料(税別)

国内通話料 20円/30秒
海外通話料 国・地域により異なる

「BIGLOBEでんわ」アプリからの通話料

国内通話料 9円/30秒
海外通話料 20円(不課税)/30秒
10分かけ放題※ 830円/月
通話パック90※
3分かけ放題※ 600円/月
通話パック60※

※国内通話が対象のオプションです。

SMS送信料(税別)

国内宛て 3~30円/回
海外宛て タイプA:100〜1,000円(不課税)/回
タイプD:50~500円(不課税)/回

初期費用・手数料(税別)

プラン申込手数料 3,000円
SIMカード準備料 394円
契約解除料(音声通話SIMのみ) 1,000円
MNP転出手数料(音声通話SIMのみ) 3,000円

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、使った分だけ支払う「従量制」を採用しています。

従量制のプランは珍しいので「スマホはあまり使わないから、出来るだけ安くしたい…」という方にはおすすめです。

エキサイトモバイルは「でんわパックプラン」という、音声通話機能がセットのプランをおすすめしています。

電話番号で通話をしたいという方にも使ってほしい格安SIMです。

料金プラン

でんわパックプラン

  • 「使った分だけお支払い」の従量制プランで節約できる
  • 1ギガあたりの料金のコスパが良い
  • 無料通話がついているため時々電話する方も安心
  • 初期費用ゼロ
従量 S M L
高速データ通信量/月 0~10GB 5GB 15GB 35GB
無料通話 10分 3分 5分 なし
月額基本料(税抜) 1,900円~ 2,650円 3,880円 6,980円
低速通信のみ 1,900円
~3GB 2,300円
~6GB 2,850円
~10GB 3,450円

無料通話超過時の通話料

国内 10円/30秒(税抜)
国外 10円/30秒(非課税)

エキサイトモバイルは、初期費用が0円です。

以下では、通話機能なしのプランを紹介します。

最適料金プラン

高速データ通信量 (月あたり) コース
1枚コース 3枚コース
低速通信のみ 500円(税抜)
~100MB 630円(税抜) 1,050円(税抜)
~500MB 630円(税抜) 1,100円(税抜)
~1GB 660円(税抜) 1,180円(税抜)
~2GB 770円(税抜) 1,340円(税抜)
~3GB 880円(税抜) 1,550円(税抜)
~4GB 1,150円(税抜) 1,780円(税抜)
~5GB   1,450円(税抜) 1,890円(税抜)
~6GB   1,600円(税抜) 1,950円(税抜)
~7GB   1,900円(税抜) 2,100円(税抜)
~8GB 2,120円(税抜) 2,190円(税抜)
~9GB 2,200円(税抜) 2,380円(税抜)
~10GB 2,380円(税抜) 2,540円(税抜)
~11GB 2,830円(税抜)
~12GB 3,100円(税抜)
~13GB 3,450円(税抜)
~14GB 3,790円(税抜)
~15GB 3,980円(税抜)

定額プラン

高速データ通信量 (月あたり) コース
1枚コース 3枚コース
0MB 650円(税抜) 1,100円(税抜)
1GB 670円(税抜) 1,260円(税抜)
2GB 770円(税抜) 1,450円(税抜)
3GB 900円(税抜) 1,680円(税抜)
4GB 1,170円(税抜) 1,980円(税抜)
9GB 2,250円(税抜) 2,460円(税抜)
20GB 3,980円(税抜) 4,480円(税抜)
30GB 5,980円(税抜) 6,580円(税抜)
40GB 7,980円(税抜)  8,580円(税抜)
50GB 10,180円(税抜) 10,680円(税抜)

オプション料金

音声通話機能

基本料  月額700円(税抜)/枚 SMS機能付き
通話料  通常 20円(税抜)/30秒
テレビ電話  36円(税抜)/30秒
エキモバでんわ  国内 10円(税抜)/30秒
国外 10円(非課税)/30秒

その他のオプションや手数料については、エキサイトモバイルの公式サイトをご覧ください。

エキサイトモバイルの公式サイトはこちら

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、NTTコミュニケーションズが提供しています。

ドコモと同じNTTのサービスなので、通信速度やサービスの質が高いです。

OCN モバイル ONEはセット端末をお得に購入できるので、乗り換え時にスマホも替えたいという方はぜひ利用してみてください。

音声対応SIM(インターネット・SMS・通話)

音声対応SIMカード(税抜) OCN光モバイル割適用(税抜)
※OCNの光サービスをご利用なら毎月200円割引
1GB/月コース 1,180円 980円
3GB/月コース 1,480円 1,280円
6GB/月コース 1,980円 1,780円
10GB/月コース 2,880円 2,680円
20GB/月コース 4,400円 4,200円
30GB/月コース 5,980円 5,780円

SNS対応SIM(インターネット・SMS)

SMS対応SIMカード(税抜) OCN光モバイル割適用(税抜)
※OCN光サービスの利用で
毎月200円割引
3GB/月コース 1,000円 800円
6GB/月コース 1,500円 1,300円
10GB/月コース 2,400円 2,200円
20GB/月コース 3,920円 3,720円
30GB/月コース 5,500円 5,300円

データ通信専用SIM(インターネット)

データ通信専用SIMカード(税抜) OCN光モバイル割適用(税抜)
※OCN光サービスの利用で
毎月200円割引
3GB/月コース 880円 680円
6GB/月コース 1,380円 1,180円
10GB/月コース 2,280円 2,080円
20GB/月コース 3,800円 3,600円
30GB/月コース 5,380円 5,180円

次に通話料金表です。

アプリの使用やオプションの追加で料金が異なります。

音声対応SIM 通話料(税抜)
基本料金 20円/30秒
※テレビ電話などのデジタル通信量は36円/30秒
OCNでんわアプリ 10円/30秒
OCNでんわ かけ放題オプション
10分かけ放題
月額850円
OCNでんわ かけ放題オプション
トップ3かけ放題
月額850円
OCNでんわ かけ放題オプション
かけ放題ダブル
月額1,300円

イオンモバイル

イオンモバイルは、60歳以上限定のプランがあったり、学割があったりと、幅広い層にお得な格安SIMです。

選べるデータ量の幅が広いため、自分に合ったプランで、少しでも節約したい方はぜひ利用してみてください。

音声プラン データプラン
やさしいプランmini.
200MB
※60歳以上限定
980円/月
500MB 1,130円/月
1GB 1,280円/月 480円/月
2GB 1,380円/月 780円/月
やさしいプランS.
3GB
※60歳以上限定
1,280円/月 680円/月
4GB 1,580円/月 980円/月
やさしいプランM.
6GB
※60歳以上限定
1,580円/月 1,080円/月
6GB 1,980円/月 1,480円/月
やさしいプランL.
8GB
※60歳以上限定
1,980円/月 1,580円/月
8GB 2,680円/月 1,980円/月
12GB 2,980円/月 2,380円/月
14GB 3,580円/月 2,980円/月
20GB 3,980円/月 3,280円/月
30GB 4,980円/月 4,280円/月
40GB 5,980円/月 5,480円/月
50GB 6,980円/月 6,480円/月

他にも「シェア音声プラン」という、複数の端末を持っている方や、家族で契約する方向けのお得なプランがあります。

家族で、同じ会社の格安SIMを契約した方が、全体でお得になるのです。

またイオンモバイルは学割があり、25歳以下であれば3年間1GB増量で利用できます。

勉強や仕事で長時間スマホを利用する年齢なので、容量を増やしてもらえるのは嬉しいですよね。

初期費用やその他オプションについては、イオンモバイル公式サイトをご覧ください。

イオンモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル

楽天モバイルは、第4のキャリアとして人気を集めています。

元々MVNO(格安SIM会社)なので、料金は格安SIM並みの安さです。

データ量 月額料金(税抜)
0~1GB 0円
1~3GB 980円
3~20GB 980円
20GB~無制限 2,980円

2021年1月に、月額2,980円の単一プランから、使ったデータ分だけ支払うシステムに生まれ変わりました。

どれだけスマホを使っても、月額2,980円以上にならないため、かなりお得だといえます。

さらに自社回線をもっているため、楽天回線エリアであれば、安定した通信速度でインターネットが利用できるのです。

キャリアの質と、格安SIMの安さを兼ね備えており、とてもおすすめだといえます。

【ahamo】ドコモ発の新料金プランは格安SIMよりお得?

2020年12月に、ドコモから「ahamo」という新料金プランが発表されました。

2021年3月からの提供で、格安SIMに並ぶ価格帯で注目されています。

そこで「ahamoと格安SIMって結局どっちがお得なの?」と思っている方もいるでしょう。

結論からいうと、ahamoの提供が開始されても、格安SIMの方がお得です。

月々のデータ量が20GB以上必要であれば、ahamoでも格安SIMでも同じくらい安く利用できます。

しかし多くの方は、20GB以下でより安いプランを選ぶのです。

格安SIMは0GB~20GBのプランが豊富で、ahamoよりも安くスマホが利用できます。

大容量を求めるならahamo、そうでなければ格安SIMがおすすめです。

ドコモ回線の格安SIMに乗り換える際に注意すべきこと

次に、ドコモ回線の格安SIMに乗り換える際の注意点を解説します。

  • 大手キャリアに比べて通信速度が不安定
  • 月々のデータ通信量が足りないかも…
  • ドコモのキャリアサービスは使えない
  • ドコモを解約時に違約金が発生する可能性がある

格安SIMのデメリットについては、こちらの記事でも解説しています。

格安SIMのデメリットは?後悔しないよう契約前に知っておきたいこと

大手キャリアに比べて通信速度が不安定

格安SIMは、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線の一部を借りています。

そのため、大手キャリアに比べて通信速度が不安定になりやすいのです。

特に通勤・通学時間、お昼休憩の時間、就寝前など、回線が混み合う時間は通信速度が遅くなるでしょう。

普段からWi-Fiでスマホを使うことが多い方や、サービスの質よりもとにかくスマホ代を抑えたい方には、格安SIMがおすすめです。

月々のデータ通信量が足りないかも…

格安SIMは、月々のデータ通信量を減らすことで、安いプランを選べます。

「よし!節約しよう!」と思い切ってデータ通信量を減らしてしまうと、足りなくなり通信制限になる恐れがあるのです。

通信速度制限になってもスマホは使えますが、インターネットの読み込みが遅く不便に感じるかもしれません。

データ通信量を使い切っても、あまり遅くならない(1Mbp~)格安SIMを選ぶか、余裕をもった契約にすることをおすすめします。

ドコモのキャリアサービスは使えない

ドコモ回線の格安SIMにしたとしても、ドコモと契約しているわけではなくなります。

そのためドコモのサービスや、キャリアメールは使えなくなるためご注意ください。

最近は、gmailやyahooメールなどのフリーメールアドレスを簡単に使えますし、MVNO(格安SIM会社)によってポイントがたまるため、キャリアサービスの代わりに出来ます。

ドコモでポイントがたまっている場合は、使い切ってから乗り換えましょう。

ドコモを解約時に違約金が発生する可能性がある

先ほどもお話しましたが、ドコモを解約する際に、違約金が発生します。

契約更新月ならお金はかかりませんが、それ以外は1,000円~9,500円がかかるので注意が必要です。

違約金を払ってでも、すぐに乗り換えた方がお得になる場合も多いので、一度スマホ代を計算してみると良いでしょう。

ドコモから格安SIMに乗り換える手順

次に、ドコモから格安SIMに乗り換える手順を紹介します。

ドコモでMNPの予約番号を取得する

ドコモ回線の格安SIMを申し込む

SIMカードが届いたら初期設定を行う

APN設定をすれば完了!

以下の記事に、乗り換えの詳しい方法が書いてありますので、ぜひ参考にしてください。

格安SIMでも使える?MNP(モバイルナンバーポータビリティ)とは?

ぶっちゃけドコモと格安SIMどっちが良いの?

さて、ここまでドコモ回線の格安SIMを紹介してきましたが、そもそもドコモ(キャリア)と格安SIMはどちらが良いのでしょうか?

以下の基準で選べば、後悔せずスマホが利用できます。

ぜひ参考にしてくださいね。

  • ドコモ(大手キャリア)がおすすめなのはこんな人!
  • 格安SIMがおすすめなのはこんな人!

ドコモ(大手キャリア)がおすすめなのはこんな人!

  • 通信速度やサービスの質を求めるならドコモがおすすめ
  • 大容量のスマホが必要ならドコモがおすすめ

料金よりもスマホ利用の快適さを求める方は、ドコモなどの大手キャリアがおすすめです。

また、スマホを仕事などで使う方は、サクサク操作できたり大容量だったりしたほうが、結果的にお得になるでしょう。

「スマホでストレスを感じたくない!」
「仕事の効率は落としたくない!」

という方は、ドコモや大手キャリアで契約することをおすすめします。

格安SIMがおすすめなのはこんな人!

  • 料金の安さを優先したいなら格安SIMがおすすめ
  • 契約期間の縛りが嫌なら格安SIMがおすすめ

格安SIMは、とにかくスマホ代を安く抑えたい方におすすめです。

月々のスマホ代は、積もれば山となります。

格安SIMのデメリットをあまり感じない方であれば、今すぐに乗り換えるべきでしょう。

契約の縛りがなく、新プランが出てもすぐに乗り換えられますよ。

【まとめ】ドコモからドコモ回線の格安SIMに乗り換えよう!

いかがでしたか?

ドコモ回線の格安SIMに乗り換えると、こんなメリットがあります。

  • 格安SIMへの乗り換えでスマホ代が圧倒的に安くなる
  • 格安SIMは大手キャリアより契約の縛りがゆるい
  • ドコモ回線ならSIMロックを解除する必要なし!
  • ドコモ回線のため繋がるエリアはそのまま!
  • ドコモ回線の格安SIMは種類が豊富

ドコモから格安SIMに乗り換えて、月々のスマホ代を節約しちゃいましょう!

おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile Y!mobile
料金 1,078円~
通信容量 最大30GB
かけ放題 あり
ソフトバンク回線なら!
詳細をチェック
楽天モバイル 楽天モバイル
料金 0円~
通信容量 無制限
かけ放題 あり
基本料金0円!
詳細をチェック
y.u mobile y.u mobile
料金 800円~
通信容量 最大20GB
かけ放題 あり
無制限かけ放題あり!
詳細をチェック