LIBMO

LIBMOの通信速度は速い?他社と比較した結果と速度が遅い時の対処法を解説

LIBMOの速度は速い?実際に測定した結果と通信速度が遅い時の対処法

格安SIM選びで最も重視するのは、通信回線と言う人が多くいます。

通信回線が遅い場合は、せっかく高スペックのスマホを利用していても、快適にインターネットを利用することができずに、宝の持ち腐れになってしまうからです。

人によってスマホは利用方法が大きく異なりますが、インターネットの通信速度は共通して速い方が良いということができます。

今回は、そんな格安SIMのなかでLIBMOについて利用者の声と筆者が実際に計測した結果をまとめてみました。

LIBMOへの乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

【2021年最新】格安SIMおすすめランキング!人気11社の料金・速度・通信量を徹底比較

LIBMOの通信速度が遅い時の原因と対処法

通信速度が遅い時の対象法は下記の7つです。

  • 速度制限がかかっているか確認する
  • 通信障害がでているか確認する
  • 場所を変える
  • スマホを再起動する
  • 機内モードにする
  • 時間をおいてから再度通信を行う
  • Wi-Fiを利用する

それぞれを詳しく見ていきましょう。

速度制限がかかっているか確認する

速度制限がかかっているか確認する

契約プランによって、高速回線を利用して通信できる容量が異なります。

ついつい通信容量を使いすぎてしまい、通信制限がかかっている場合があります。

速度制限がかかってしまうと、自動的に低速回線に切り替わるので、いきなり通信速度が遅くなります。

UQモバイルポータルアプリかマイページから通信状況を確認することができます。

高速回線を利用したい際は、データリチャージをすることで高速回線を再度利用することが可能です。

通信障害がでているか確認する

スマホや利用者の利用状況の問題ではなく、UQモバイルで通信障害が出ている場合があります。

マイページから通信状況を確認して、問題がない場合は通信障害がでているかどうか確認をするようにしましょう。

通信障害が出ている場合、利用者は待つことしかできません。

急ぎの様などがある際は、電話を利用するようにしましょう。

LIBMOを利用している場所を移動する

地下やビルの間などは電波が届きづらく通信が遅くなる可能性があります。

そのため場所を変えることで通信速度が改善する場合もあります。

また、高層階の建物や地下鉄なども電波が届きにくく通信速度が遅いです。

電波が届きにくい場所にいる機会が多い人は、事前に通信状況を確認するようにしましょう。

LIBMOを利用しているスマホを再起動する

スマホの電源を最近オフにしましたか?

スマホは一度電源を付けると電池が切れることがなければ、基本的にはずっと電源をつけっぱなしです。

そのため、スマホのメモリや機能が常に働いているため、インターネットの処理が追い付いていない可能性があります。

一度電源をオフにすることで、スマホの機能を休ませることができます。

一度機内モードにする

スマホを再起動するのが面倒な方は、一度機内モードにして通信を切り替えることでインターネットにつなぎ直す作業をすることで再起動と同じような効果をスマホに与えることができます。

ただし、キャッシュなどのデータは残ったままなので、可能であれば電源を再起動することをおすすめします。

機内モードの切り替えで通信速度が変わらなかった場合は、電源を再起動してみてください。

利用する時間を変える

LIBMOだけでなく、格安SIMは通勤時間や昼休みの時間帯は、通信回線の利用者が多いため回線が混雑して、通信速度が遅くなる傾向があります。

LIBMOを利用する際は、通信回線が混み合わない時間を狙って利用するようにしましょう。

OSのアップデータや重いデータ通信を行う際は、早朝や夜間などの利用者が少ない時間帯に行うことで、快適に通信のやり取りを行うことができます。

Wi-Fiを利用する

UQモバイルを利用していて速度が遅い際は、Wi-Fiを利用するようにしましょう。

格安SIMのモバイル通信が遅いのであれば、別の回線を利用することで快適にインターネットを利用することができます。

時と場合によっては、フリーWi-Fiを利用した通信の方が回線速度が速い場合もあります。

LIBMOの通信速度を大手キャリア・格安SIMと徹底比較

LIBMOの通信速度を大手キャリア・格安SIMと徹底比較

LIBMOの通信速度を大手キャリア・他の格安SIMと比較していきます。

以下の3つについて比較してきました。

LIBMOの通信速度を徹底比較
  • 各通信キャリアの平均Ping値
  • 平均ダウンロード速度を比較
  • 平均アップロード速度を比較

 

それぞれを詳しく見ていきましょう。

【2022年最新】格安SIMの通信速度ランキング!人気の格安SIM17回線を徹底比較

各通信キャリアの平均Ping値を比較

大手3キャリアの通信速度と代表的な格安SIM10社の平均Ping値は、以下の表の通りです。

会社名 平均Ping値
大手3キャリア ドコモ 53.85ms
au 72.13ms
ソフトバンク 36.5ms
格安SIM LIBMO 55.63ms
UQモバイル 68.25ms
y.u mobile 72.16ms
楽天モバイル 66.23ms
mineo 43.35ms
エキサイトモバイル 97.04ms
ワイモバイル 40.92ms
イオンモバイル 109.87ms
BIGLOBEモバイル 49.01ms
Nifmo 64.6ms

参照:みんなのネット回線速度

LIBMOのping値は大手キャリアであるドコモとほぼ同じ値と言うことが分かりました。

ping値の目安は「40ms~60ms」です。

数字が小さければ小さいほど、ラグがなく通信を速く行うことができます。

平均ダウンロード速度を比較

大手3キャリアの通信速度と代表的な格安SIM10社の平均ダウンロード速度は、以下の表の通りです。

会社名 平均ダウンロード速度
大手3キャリア ドコモ 161.69Mbps
au 93.76Mbps
ソフトバンク 88.45Mbps
格安SIM LIBMO 25.32Mbps
UQモバイル 60.83Mbps
y.u mobile 63.14Mbps
楽天モバイル 17.07Mbps
mineo 43.35Mbps
エキサイトモバイル 50.7Mbps
ワイモバイル 60.52Mbps
イオンモバイル 21.42Mbps
BIGLOBEモバイル 18.26Mbps
Nifmo 21.91Mbps

参照:みんなのネット回線速度

LIBMOのダウンロード速度は、25.32Mbpsという結果になりました。

大手キャリアや他の格安SIMと比べても下から数えた方が速いため、ダウンロード速度は速くないです。

ダウンロード速度が遅いと、Webページの閲覧などを快適にすることが難しいため、通信速度を優先して格安SIMを選ぶ際は、LIBMOはもう一度検討し直す必要があります。

ただし、今回の調査結果のため場所や時間を変えることで、通信速度が大きく変わることは知識として知っておくようにしましょう。

平均アップロード速度を比較

大手3キャリアの通信速度と代表的な格安SIM10社の平均アップロード速度は、以下の表の通りです。

会社名 平均アップロード速度
大手3キャリア ドコモ 17.34Mbps
au 15.01Mbps
ソフトバンク 18.63Mbps
格安SIM LIBMO 9.31Mbps
UQモバイル 12.39Mbps
y.u mobile 14.02Mbps
楽天モバイル 8.4Mbps
mineo 8.7Mbps
エキサイトモバイル 6.62Mbps
ワイモバイル 14.78Mbps
イオンモバイル 8.51Mbps
BIGLOBEモバイル 9.91Mbps
Nifmo 9.49Mbps

参照:みんなのネット回線速度

LIBMOのアップロード速度は、今回調査した結果大手キャリア・他の格安SIMキャリアの中では、ほぼ真ん中の順位となり普通という結果になりました。

アップロード速度は、SNSへの写真・動画投稿にかかる時間に関わり、数字が大きいほど短時間でアップロードすることができます。

画像や動画の投稿をする機会が多い人が、LIBMOを利用すると遅くはないけど、速くもないと感じるはずです。

LIBMOの通信速度に関する口コミ・評判

LIBMO利用者の声

LIBMO利用者の声を確認したところ、通信速度に満足しているという声が多くありました。

大手キャリアが自社回線を利用してサービスの展開をしているので高速かつ安定した通信回線を提供できています。

利用者が増加する時間帯は通信が遅くなる傾向がありますが、通信回線が混み合った時間帯でも快適にインターネットを利用できる声があります。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

LIBMO利用者の声①通信はまずまず

投稿者アイコン
通信はまずまず
満足度
3.50
データ量

2.5

速度

3.5

手続き

4.0

サポート

4.0

LIBMO使っているけど、普通に通信速度速い。5Gにも対応しているから安心
投稿者アイコン26歳 男性 Wさん

LIBMOはソフトバンクがサブブランドとしてサービスを展開しています。

大手キャリアが自社の通信回線を利用して格安SIMとしてサービスを展開しているので通信速度としては問題なく利用できます。

中には、大手キャリアのauよりも通信速度が速い気がするという口コミもありました。

LIBMO利用者の声②本当にドコモ回線か疑ってしまう

投稿者アイコン
本当にドコモ回線か疑ってしまう
満足度
2.88
データ量

3.5

速度

1.5

手続き

3.5

サポート

3.0

通信速度が遅すぎる?同じ回線を使えるからドコモから乗り換えしたのにこれじゃ元も子もない
投稿者アイコン33歳 男性 Bさん

 

ドコモは大手キャリアの中でも通信速度が安定で高速な通信を可能にしているため、ドコモから格安SIMであるLIBMOに乗り換えると、同じ回線ですが通信速度に大きな差を感じる人は少なくないはずです。

LINEやメールなどのやり取りであれば、通信速度に大きな違いは感じませんが、高画質な動画を閲覧したり、業務データを送受信する際は、膨大なデータのやり取りが必要なため、通信速度が重要になってきます。

スマホで大きな容量のデータをやり取りする機会が多い人の場合は、格安SIMではなく通信が安定している格安SIMを検討した方が良いです。

LIBMO利用者の声③昼は通信速度が遅くなる

投稿者アイコン
昼は通信速度が遅くなる
満足度
3.38
データ量

3.5

速度

3.0

手続き

3.5

サポート

3.5

LIBMOの低速はストレスたまる。遅すぎる。半端ない。
投稿者アイコン21歳 女性 Nさん

LIBMOの通信速度に対する良い声は多くありましたが、中には通信速度が遅いという声もありました。

格安SIMは、大手キャリアよりも料金を抑えてサービスを展開しているため通信速度で劣る面はあります。

しかし、場所と時間をずらすことで快適にスマホを利用することができるのは間違いないです。

スマホの利用方法に合わせた格安SIMを選ぶことが快適にスマホを乗り換えるうえで大切です。

LIBMOの通信速度に関するポイント

LIBMO

LIBMOはドコモ回線を利用している格安SIMです。

ドコモ回線は4G・LTE国内カバー率が99%以上のため、国内ほとんどの地域でインターネットを利用することが可能です。

LIBMOは公式で通信速度を公表していないため、実際の通信速度を名言することは出来ませんが、筆者の経験では昼の時間帯以外は快適に利用することができました。

通信速度に関する情報を確認していきましょう。

LIBMOの評判・口コミは悪い?メリット・デメリットを徹底比較

5Gの高速回線が使える

現在主流の通信規格は、4GですがLIBMOはドコモ回線を利用しているため、オプションなどの追加料金なしで対象エリアであれば、5Gを利用することができます。

通信規格 通信速度 タイムラグ 同時接続
4G 最大1Gbps 10㎳ 10万台/㎢
5G 最大20Gbps 1㎳ 100万台/㎢

5Gと4Gは通信速度・タイムラグ・同時接続数どの面で見ても大きな違いがあります。

映画や音楽などをダウンロードする際に、通信環境が良い場所で利用しても数秒から数分程度時間がかかりますが、5Gでダウンロードをすると音楽なら2.3秒、映画でも10秒以内にダウンロードすることが可能です。

ただし、5Gは現在エリア拡大中のため、人によっては生活圏内に5Gを利用できる通信環境が整っていない場合があります。

速度制限時は最大通信速度が128Kbps

LIBMOは他の格安SIMと同様に、契約プランの通信容量を使い切ると通信速度に制限がかかります。

速度制限がかかってしまった場合は、最大通信速度が128Kbpsまで通信速度が落ちてしまいます。

128Kbpsの通信速度では、テキストデータだけのやり取りも難しく、動画・Webサイトは開くことができません。

速度制限になってしまった場合は、データリチャージをすることで高速回線を再び利用できるようになります。

LIBMOのデータリチャージは1GB当たり330円で購入可能となっています。

速度制限下の通信速度は、他の格安SIMよりも遅いというデメリットがありますが、データリチャージの1GB当たりの金額も他の格安SIMよりも安いです。

容量無制限のなっとくプラン(ライト)の最大通信速度は200Kbps

LIBMOは通信容量無制限の「なっとくプラン(ライト)」があります。

月額980円(税込み1,078円)でインターネットが利用し放題です。

他の格安SIMや大手キャリアの場合の無制限プランは2,500円~5,000円程になるのでLIBMOであれば半額以下で利用することができます。

しかし、なっとくプラン(ライト)の最大通信速度は200Kbpsです。

お世辞にも、速いということができない通信速度です。

そのためLIBMOのなっとくプラン(ライト)を利用する人は、メール・SMSの利用がメインでWi-Fi環境と併用する人となります。

動画を閲覧する人や、スマホゲームをする人の場合はつうしんそくどが速い、「なっとくプラン」で契約をするようにしましょう。

LIBMOの通信速度を計測する方法

LIBMOの通信速度を計測する2つの方法と、見るべきポイントを紹介します。

LIBMOの通信速度を計測する方法
  • 専用アプリを使って通信速度を計る
  • ブラウザから通信速度を計る

それぞれを詳しく見ていきましょう。

専用アプリを使って通信速度を計る

スピードテストアプリを使う

大手キャリアであるドコモが提供している通信速度計測アプリ「ドコモスピードテスト」を利用して通信速度を計測する方法を紹介します。

「ドコモ」と名称がついていますが、ドコモ回線だけでなくau回線・ソフトバンク回線を利用しているユーザーでも利用することが可能です。

iPhone・Androidどちらでもダウンロードすることができます。

会員登録や月額使用料なしですぐに利用することができるので、まずはインストールしてみましょう。

  1. 「ドコモスピードテスト」をインストールする
  2. 「測定開始」をタップする
  3. 測定結果がでる

画面下部に「周辺のドコモ平均値」を見ることで、自分の通信速度が平均と比べて遅いか速いかを確認することができます。

ドコモを利用していなくても利用できるので、とてもありがたいサービスの一つですね。

ブラウザから通信速度を計る

Webの通信速度計測機能を利用する

通信速度計測機能は、インターネット上に複数ありますがここでは「USEN GATE 02」を利用して通信速度を計測する方法について紹介します。

通信速度を計測する機能の中には、「Java」をインストールしていなければ使えないものもありますが、USEN GATE 02はサイトにアクセスしてワンクリックだけで利用することが可能です。

  1. 「USEN GATE 02」と検索してサイトにアクセスする
  2. 「測定開始」をタップする
  3. 測定結果がでる

測定結果では、「DOWNLOAD・UPLOAD・PING・JITTER」が数字でわかり、

下にスワイプすると「Webサービス・動画閲覧(Youtube)・ゲーム・ビジネス」の4項目について4段階で評価してくれます。

自分が利用したい部分が「快適」となっていれば通信速度は十分です。 

通信速度の見方

通信速度の速さを表す単位は「bps」です。

bpsは「bit per second」の略で1秒間に送受信できる通信量の事を表しています。

bpsの数字が大きければ大きいほど、1秒間に送受信することができる通信量が大きいことを意味しています。

また「ping値」と言うものがあります。

ping値は、通信開始してからデータがどれくらいの速さで返ってきているかを表すものです。

ping値はbpsと反対で数字が小さければ小さいほど通信速度が速いことを意味しています。

速い 遅い
bps 値が大きい 値が小さい
ping 値が小さい 値が大きい

LIBMOへ乗り換える流れ

LIBMOへ乗り換える流れについて解説していきます。

  1. [step1]MNP予約番号を取得する
  2. [step2]LIBMOへの申し込み手続きをする
  3. [step3]SIMカードを差し替える
  4. [step4]初期設定を行う

以上の4ステップでLIBMOでスマホを利用することが可能です。

[step1]MNP予約番号を取得する

MNP予約番号を取得して乗り換えをすることで、電話番号はそのまま大手キャリアや他の格安SIMに乗り換えをすることが可能です。

多くの格安SIMでは、電話でMNP予約番号の申し込みをしてしまうと1,100円の手数料が発生してしまいますが、Webで申し込みをすると手数料0円でMNP予約番号を取得することができます。

MNP予約番号は発行日を含み15日という有効期限があるので、乗り換えをする際はLIBMOへ乗り換える準備ができてからMNP予約番号を取得するようにしましょう。

[step2]LIBMOへの申し込み手続きをする

MNP予約番号の取得ができたら、LIBMOの公式ページから新規申込の手続きをするようにしましょう。

手続きをする際は、本人の身分確認書類が必要なので、運転免許証などの顔写真付きの身分証を準備してから手続きを進めるようにしましょう。

また、SIMカードは身分確認証に記載されている住所にしか送付することができないので、引っ越したにも関わらず住所変更ができていない場合は、事前に住所変更の手続きをすましてから申込をする必要があります。

[step3]SIMカードを差し替える

SIMカードが自宅に送付されたら、利用するスマホにSIMカードを挿入して利用の準備を進めましょう。

なお以前利用していたSIMカードは、捨てる前に返送手続きなどが必要かどうかを確認するようにしましょう。

利用しているキャリアや格安SIMによっては、返送が必要で返送できない場合はSIM未返却手数料などが請求されてしまう可能性があります。

[step4]初期設定を行う

SIMカードをスマホに挿入したら、初期設定を行いましょう。

初期設定の方法は、送られてきたSIMカードに初期設定方法としてマニュアルが付属されています。

マニュアル通りに操作することで、誰でも簡単に初期設定をすることが可能です。

LIBMOの速度に関するよくある質問Q&A

LIBMOでよくある質問Q&A

LIBMOの速度に関するよくある質問をまとめてみました。

格安SIMへの乗り換えを成功させるためには、その格安SIMについて詳しくなることが不可欠です。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

LIBMOの速度制限は?

LIBMOには速度制限があります。

契約しているプランによって高速回線で通信を行える容量は異なります。

なお速度制限は、「通信速度の低速化」・「通信速度の制御」の2種類があります。

・通信速度の低速化
料金プランの契約条件と照らし合わせたうえで、既定の通信量を超えた場合、請求月末日   まで通信速度が遅くなります。

・通信速度の制御
通信品質とネットワークを契約者に公平に利用していただくために、一定期間に大量の通信(3日間で8,389万パケット・839万パケット)を利用した契約者の通信速度を制御します。

「通信速度の低速化」はデータリチャージで解消することができますが、「通信速度の制御」は制御期間は解消することができないので注意が必要です。

高速モード・低速モードは切り替えができる?

LIBMOは高速低速モードを切り替えることが可能です。

LIBMOのマイページにログインした後に「利用状況確認画面へ」から「低速切替」・「高速切替」ができます。

低速モード利用時の通信速度は、最大128Kbpsに制限されてしまいますが、通信量がカウントされなくなります。

通信容量を節約したい時は、高速モード・低速モードをうまく切り替えることで、通信容量が無くなることなく一か月間利用することが可能です。

データリチャージはできますか?

データリチャージはできますか?

LIBMOはデータリチャージが可能です。

現在は受付を終了している4G-Sプラン以外はどのプランを利用していても料金は統一で550円/0.5GBです。

契約プラン 料金
4G-Sプラン 2750円/2GB
上記以外 550円/0.5GB

契約プランの通信容量を超えてしまった場合でも、データリチャージをすることで再び高速回線でインターネットを利用することができます。

LIBMOの通信速度はまずまず

ここまでLIBMOの通信速度について見てきましたがいかがだったでしょうか。

LIBMOは通信速度での大きなメリットはなくSIMの中でもまずまずの評価でしたが、格安SIMを初めて契約する人でも安心して利用することができる「安心訪問サポート」があります。

大手キャリアから格安SIMに初めて乗り換えをする人は、ぜひこの機会にLIBMOに乗り換えを検討してください。

おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile Y!mobile
料金 1,078円~
通信容量 最大30GB
かけ放題 あり
ソフトバンク回線なら!
詳細をチェック
楽天モバイル 楽天モバイル
料金 0円~
通信容量 無制限
かけ放題 あり
基本料金0円!
詳細をチェック
y.u mobile y.u mobile
料金 800円~
通信容量 最大20GB
かけ放題 あり
無制限かけ放題あり!
詳細をチェック