UQモバイル

UQモバイルでのデータ移行設定の方法を分かりやすく解説!

「UQモバイルでデータ移行をしたい!どうやるの?」
「データ移行の手順を分かりやすく教えてほしい!」

UQモバイルへ乗り換える際、端末(スマホ本体)も一緒に買い替えると、データ移行をしなくてはなりませんよね。

しかしデータ移行をしたことが無い方は「何から始めれば良いのか分からない!」という状態でしょう。

そこで今回は、UQモバイルでのデータ移行設定の方法を、初心者でも分かるように丁寧に解説します!

方法は何種類かありますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

※ちなみに端末が変わらない場合は、データ移行は必要ありませんのでご安心ください!

UQモバイルでのデータ移行設定は3種類!

UQモバイルでデータ移行設定を行う方法は、主に3種類です。

  • SDカードを利用したデータ移行設定
  • iCloudを利用したデータ移行設定
  • パソコンを利用したデータ移行設定

順番に解説していきますので、自分のやりやすい方法でデータ移行をしてくださいね。

SDカードを利用したデータ移行設定

Androidであれば、端末に直接SDカードを挿入できるものが多いです。

そのためSDカードを利用して、新しい端末にデータを移行できます。

しかしiPhoneは、端末とSDカード以外に、カードリーダーが必要です。

どうしてもSDカードを使ってデータ移行を行いたい場合は、カードリーダーを準備してください。

SDカードを利用したデータ移行は、大きく分けると以下の2ステップです。

前の端末(スマホ本体)からmicroSDにデータをバックアップ

新しい端末にmicroSDを挿入しデータを移行

Androidの場合、挿入できるSDカードは「microSD」です。

インターネットや家電量販店だけでなく、スーパーやコンビニでも購入できます。

新しい端末だけでなく、PCなどにもデータ移行が可能です。

では、それぞれについて詳しい手順を解説します。

前の端末(スマホ本体)からmicroSDにデータをバックアップ

前の端末にmicroSDを挿入する。

ホーム画面からアプリ一覧を選択

「データ」フォルダ→「File Commander」を選択

移行したいデータの種類を選択(例:写真)

移行したいデータの保存先を選択

該当するデータを長押し→画面右上の「⋮」を選択

「移動」→「SDカード」を選択

SDカード内の保存したい場所(例:pictures)を選択

「OK」を選択したらデータのバックアップが完了!

※Androidの仕様に合わせた解説です。

新しい端末にmicroSDを挿入しデータを移行

前の端末で、SDカードに移行したいデータを保存したら、次は新しい端末を操作します。

移行したいデータが入ったmicroSDを新しい端末に挿入

スマホの電源を入れる

ホーム画面からアプリ一覧を選択

「設定」→「ストレージ」→「SDカード」を選択

SDカード内の移行したいデータの保存先(例:pictures)を選択

保存先の中に複数のファイルがあれば、さらに選択

移行したいデータを長押し→チェックマークが出る

画面上部の共有マークを選択

端末内でデータを保存したい場所を選択
(「Googleフォト」「Googleドライブ」「写真」など)

「アップロード」を選択すればデータ移行完了!

※Androidの仕様に合わせた解説です。

端末によっては、選択するアプリやファイルの呼び名や、操作手順が異なる場合があります。

UQモバイル公式サイトでは、手順を画像付きで解説しているので、併せてご覧ください。

次に、iCloudを利用してデータを移行する手順を解説します。

iCloudを利用したデータ移行設定

iCloudとは、インターネット上にデータを保存できるサービスです。

Appleのサービスですが、Androidでも利用できます。

SDカードやカードリーダーを購入するのが面倒だという方は、インターネット環境さえあれば出来るiCloudを利用しましょう。

自分のアカウントにログインすれば、端末に縛られず写真や電話帳、音楽などにアクセスできます。

例えばスマホからiCloudに動画を保存した場合、PCから確認することができるのです。

では、iCloudを利用したデータ移行設定の手順を解説します。

前の端末からiCloudにデータをバックアップ

新しい端末からiCloudにアクセスしデータを保存

前の端末からiCloudにデータをバックアップ

まずはSDカードでの移行と同じように、移行前の端末で操作を行いましょう。

以下の操作手順は、iPhoneを想定しています。

ホーム画面から「設定」を選択

「設定」ページの最上部にある「プロフィール」を選択

プロフィール内にある「iCloud」を選択

「写真」「メール」などから自分が保存したい項目をオン

「iCloudバックアップ」をオン

「今すぐバックアップを作成」を選択するとデータの保存が完了

次に、新しい端末で操作を行います。

新しい端末からiCloudにアクセスしデータを保存

新しい端末もiPhoneである想定で解説します。

以下で紹介する手順は、あくまでも「乗り換え方法」です。

別のApple IDを利用し始めている方は、操作方法委が異なりますのでご注意ください。

ホーム画面から「設定」を選択

「一般」→「リセット」を選択

「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

「iPhoneを消去」を選択
※以上までの操作は、初めてiPhoneを起動する方には不要です

iPhoneが再起動したらホームボタンを押す

iPhoneの指示に従いセットアップを行う

「Appとデータ」まで進んだら「iCloudバックアップから復元」を選択

前の端末で利用していたApple IDとパスワードを入力

利用規約に同意する

復元したいバックアップを選択すれば完了!

iCloudを利用したデータ移行設定は、以下でもご確認いただけます。

UQモバイル公式サイト―乗り換えガイド

パソコンを利用したデータ移行設定

次に、パソコンを利用したデータ移行設定の手順を解説します。

以下は、iPhone(iOS)での移行方法です。

  • 現在利用しているスマホからパソコンにデータをバックアップ
  • パソコンから新しいスマホにデータを移行

現在利用しているスマホからパソコンにデータをバックアップ

iTunesをインストールしたパソコンに、スマホのデータをバックアップします。

パソコンでiTunesを起動

メニューバーから「編集」→「設定」を選択

「一般環境設定」→画面上段の「デバイス」を選択

「iPod、iPhoneおよび iPad を自動的に同期しない」→「OK」を選択

iPhoneをパソコンに接続

iPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」と表示される→「信頼」を選択

パソコンのメニューバーの下にスマホマークが表示されるので選択

「このコンピュータ」→「今すぐバックアップ」を選択

バックアップ開始

メニューバーから「編集」→「設定」を選択

「最新のバックアップ」にバックアップした日時が表示されていることを確認

バックアップ完了!

パソコンから新しいスマホにデータを移行

先ほどバックアップを行った、iTunesがインストールされているパソコンと、乗り換え後のスマホを利用します。

パソコンでiTunesを起動

メニューバーから「編集」→「設定」を選択

「一般環境設定」→画面上段の「デバイス」を選択

「iPod、iPhoneおよび iPad を自動的に同期しない」→「OK」を選択

iPhoneをパソコンに接続

iPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」と表示される→「信頼」を選択

パソコンで「このバックアップから復元」を選択

復元したいバックアップを一覧から選択

「続ける」を選択すると
バックアップの復元が開始

データ移行が完了!

パソコンを利用したデータ移行設定は、以下からでも確認できます。

UQモバイル公式サイト―乗り換えガイド

UQモバイルでのデータ移行設定まとめ

いかがでしたか?

UQモバイルでのデータ移行設定は、

  • SDカードを利用したデータ移行設定
  • iCloudを利用したデータ移行設定
  • パソコンを利用したデータ移行設定

以上の3種類の方法があります。

注意点なのが、携帯電話会社の乗り換えや契約内容の変更を行っても、端末(スマホ本体)を替えない場合はデータ移行が必要ないということです。

この記事が、UQモバイルでのデータ移行設定の参考になれば幸いです!