楽天モバイル

楽天モバイル解約月の料金は日割り計算?注意点とベストなタイミングを解説

「楽天モバイルの解約月の料金は、日割り計算で請求されるの?」
「解約にかかる費用を出来るだけ抑えられるタイミングってある?」

結論からいうと、楽天モバイルの解約月の料金は、日割り計算で請求されます。

また、利用期間にかかわらず、解約金や違約金は発生しません。

実は楽天モバイルは、MVNO(格安SIM)からMNO(キャリア)になったタイミングで、解約時の月額利用料金の満額請求を終了しました。

使った分だけ料金が請求されるシステムになったことは、ユーザーにとっては嬉しいことですよね。

今回は、楽天モバイルの解約時の注意点と、解約にかかる費用を抑えられるベストなタイミングを解説します。

この記事を読んで分かること

  • 楽天モバイル解約時のルール
  • 楽天モバイルの解約方法・手順
  • 楽天モバイル解約時の注意点

楽天モバイル解約月は日割り計算!オプションも対象

まずは楽天モバイル解約月の月額利用料金について解説します。

先ほど述べた通り、楽天モバイルは、解約月の月額利用料金が日割り計算です。

各オプションも同様に、月額利用料金から日割りで計算された額が請求されます。

また日割り計算は、解約日当日利用日数の対象になります。

ただし「国際電話かけ放題」(980円/月)は日割り計算の対象外です。

国際電話かけ放題を解約した場合、サービスの解約は手続き日に成立し、以降の国際電話は従量課金になるためご注意ください。

  • 楽天モバイル解約月は、料金が日割り計算で請求される
  • 解約月のオプション料金も、日割り計算の対象
  • 「国際電話かけ放題」は満額請求される

楽天モバイルは2021年1月29日に、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表しました。

旧プランよりもさらにお得になっているので、ぜひ解約前に一度チェックしてみてください。

楽天モバイルの新料金プランは高くなった!?内容とメリットを解説!

楽天モバイルの解約方法・手順

では次に、楽天モバイルの解約方法・手順を解説します。

楽天モバイルは、即時解約が可能です。

オンラインで簡単に手続きが行えるため、いつ・どんなタイミングでも解約できます。

最低利用期間も存在しないため「思っていたのと違った」という場合でも安心です。

それでは楽天モバイルの解約手順を、Webとアプリの2つの方法に分けて解説します。

  • 楽天モバイルをWebで解約する
  • 楽天モバイルをアプリで解約する

楽天モバイルをWebで解約する

楽天モバイルをWebで解約する手順は、以下の通りです。

「my 楽天モバイル」にログイン

「メニュー」「契約プラン」を選択



「各種手続き」→「解約」を選択

注意事項を読み「アンケートに進む」を選択

アンケートに回答し「申し込む」を選択

MNPを利用して、他社へ乗り換えたい方は「各種手続き」から「他社への乗り換え(MNP)」を選択してください。

「スマホ交換保証プラス」の解約手順

「スマホ交換保証プラス」に加入している方は、楽天モバイルの解約とは別に、解約手続きを行う必要があります。

「my 楽天モバイル」トップページの「スマホ交換保証プラス」から「解約する」を選択

「サービスを解約しますか?」と表示されるため「OK」を選択

Webから解約する場合は「my 楽天モバイル」にログインする必要があります。

「ログイン方法が分からない!」
「なぜかログインできない…」
という方は、以下の記事をご覧ください。

「my 楽天モバイル」にログインできない!対処法を解説します

楽天モバイルをアプリで解約する

楽天モバイルをアプリで解約する手順は、以下の通りです。

アプリ「my 楽天モバイル」のメニューから「契約プラン」を選択



「各種手続き」から「解約」を選択

注意事項を読み「次へ進む」を選択

アンケートに回答し「申し込みを完了する」を選択

MNPを利用して、他社へ乗り換えたい方は「各種手続き」から「他社への乗り換え(MNP)」を選択してください。

「スマホ交換保証プラス」の解約手順

アプリ「my 楽天モバイル」トップページの「スマホ交換保証プラス」から「解約する」を選択

「サービスを解約しますか?」と表示されるため「OK」を選択

楽天モバイルは最低利用期間&契約解除料なし!

携帯電話会社の解約を行うと、必ずといっていいほど「縛り」や「違約金」などを気にしなければいけませんよね。

しかし楽天モバイルは、解約時にほとんど費用が発生しません。

  • 最低利用期間なし
  • 契約解除料0円
  • MNP転出手数料0円

他社では、最低利用期間内に解約すると、契約解除料が1万円程度かかります。

またMNP転出手数料は、3,000円~5,000円かかるのが一般的です。

楽天モバイルは費用をほとんどかけずに解約できますが、それだけサービスの質に自信があるということでもありますね。

次に、楽天モバイルを解約する際の注意点を解説します。

楽天モバイルを解約する際の注意点

  • 解約後のキャンセルはできない
  • 端末の分割料金は引き続き請求される
  • MNPを利用して他社へ乗り換える場合

解約後のキャンセルはできない

楽天モバイルは、解約手順がとっても簡単です。

しかし一度解約の申し込みをしてしまうと、キャンセルすることはできません。

間違っても、解約するつもりがない方は、解約の申し込みをしないようお気を付けください。

端末の分割料金は引き続き請求される

楽天モバイルを解約すると、回線の契約は終了となります。

即時インターネットや通話が利用できなくなり、料金もその日までの分が請求されるのです。

しかし購入した端末の料金は、当たり前ですが、最後まで支払わなければなりません。

端末を分割で支払い中の方は、楽天モバイルを解約しても端末代は引き落とされます。

MNPを利用して他社へ乗り換える場合

楽天モバイルで利用していた電話番号をそのまま利用する場合、MNPという制度を利用して他社に乗り換えます。

MNPを利用する場合は、先ほど紹介した解約方法とは異なる操作が必要です。

Web・アプリで「my 楽天モバイル」にログイン

メニューから「契約プラン」→「各種手続き」を選択

「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」を選択

MNP予約番号が発行される

あとは、他社での契約時にMNP転入(MNP予約番号の入力など)を行えば、電話番号の引き継ぎは完了です。

MNPを利用する場合、他社での契約でMNP予約番号を入力した時点で、楽天モバイルの解約が完了します。

上記以外に手続きは必要ありません。

MNPについて詳しく知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

格安SIMでも使える?MNP(モバイルナンバーポータビリティ)とは?

楽天モバイル解約月の料金は日割り計算!最後までお得な格安SIM

いかがでしたか?

楽天モバイルの解約月は、日割り計算で料金が請求されます。

またいつ解約しても、契約解除料がかからなかったり、MNP転出手数料が0円だったりと、他社ではありえないくらいお得に解約できるのです。

個人的には「ここまでユーザー思いのサービスなら、利用し続けたほうが良いのでは…?」とも思います。

今勢いのあるサービスですから、他社と比較してもう一度楽天モバイルを選ぶのもアリでしょう。

  • 楽天モバイルは解約月の料金が日割りで請求される!
  • 解約はオンラインの「my 楽天モバイル」から行える
  • 一度解約したらキャンセルできないので注意!
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile Y!mobile
料金 1,078円~
通信容量 最大30GB
かけ放題 あり
ソフトバンク回線なら!
詳細をチェック
楽天モバイル 楽天モバイル
料金 0円~
通信容量 無制限
かけ放題 あり
基本料金0円!
詳細をチェック
y.u mobile y.u mobile
料金 800円~
通信容量 最大20GB
かけ放題 あり
無制限かけ放題あり!
詳細をチェック