LINEモバイル

LINEモバイルの店舗契約は損!店舗・Web契約のメリットデメリットを徹底比較

LINEモバイルの店舗契約は損!店舗・Web契約のメリットデメリットを徹底比較

LINEモバイルはWeb経由で申し込むだけでなく、店舗でも契約することができます。

Web経由での申し込みは、24時間いつでもどこからでも申し込みをすることができるので、ネットでの契約が不安だという人も、対面でスタッフから説明を受けながら申し込みをすることができるので安心して申し込むことが可能です。

しかし、LINEモバイルで店舗契約するのは損です。

そこで今回この記事では、LINEモバイルの店舗契約が損な理由とお得に乗り換える方法について解説していきます。

LINEモバイルの契約を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

LINEモバイルの評判・口コミは悪い?メリット・デメリットを徹底比較

店舗契約のメリット・デメリット

店舗契約のメリット・デメリット

店舗契約のメリット・デメリットについて解説していきます。

店舗契約のメリット

  • 契約するスマホを実際に手にとれる
  • スマホの即日利用が可能
  • 対面で相談することができる

店舗契約のデメリット

  • スマホとSIMカードのセット契約に対応していない
  • エントリーパッケージが使えない
  • 店舗によって取扱いが異なる
  • 待ち時間がある

それぞれを詳しく見ていきましょう。

実店舗が多いおすすめの格安SIM8選!サービスやサポートの充実度・乗り換える際の注意点を徹底比較

店舗契約のメリット

店舗契約のメリットについて解説していきます。

実際に店舗に訪問することで、初めて格安SIMを契約する人でも対面で教えてもらうことができるので安心して契約することができます。

また、即日利用することもすぐに新しいSIMを利用したい人におすすめです。

契約するスマホを実際に手にとれる

実店舗には、実機があるので利用を検討しているスマホを実際に手に取って操作性や重量・大きさを確認することができます。

Web契約の場合は、数字でスマホの大きさを確認することができますが。実際に手に取ることで自分の手で大きさを感じることが可能です。

配送されたスマホが思ったより大きかったという失敗を防ぐことができます。

スマホの即日利用が可能

LINEモバイルを扱っているすべての店舗が対象ではないですが、一部店舗は「即日受渡」に対応しているので、SIMカード単体契約でも、すぐに利用できるSIMカードを受け取ることができます。

初期設定がすべて完了した状態でうけとることができるので、初めて格安SIMを利用する人でも安心して利用することが可能です。

対面で相談することができる

LINEモバイルに詳しいスタッフが対面で対応してくれるため、契約時に感じた疑問や不明点を対面で相談することができます。

実際にWeb契約だけだと、申し込み方法があっているのか・これってどうゆうこと?と言う疑問が申し込みの途中で生まれてしまう人が多くいます。

そのため、対面で相談できるのはとても大きなメリットの一つです。

店舗契約のデメリット

店舗契約のデメリットについて解説していきます。

実際に店舗に訪れないといけないので、人によっては家の近くにLINEモバイルを取り扱っている店舗がなく店舗を訪問することができないこともあります。

また、店舗によって様々な制限があります。

スマホとSIMカードのセット契約に対応していない

LINEモバイルの即日受渡店舗では、スマホとSIMカードのセット契約には対応しておらず、SIMカードだけの契約しかすることができません。

スマホとSIMカードをセットで契約したい場合は、Web契約からの申し込みが必要です。

店舗でスマホとSIMカードを即日契約しようと考えていた人は、注意してください。

エントリーパッケージが使えない

エントリーパッケージ

エントリーパッケージを利用することで、契約事務手数料(3,000円)が免除されます。

エントリーパッケージは900円程で購入することができるので、利用することで2,000円以上お得に契約することができます。

ただし、店舗契約ではSIMを即日渡すことが可能なので、エントリーパッケージを利用することができません。

店舗によって取扱いが異なる

店舗によって取り扱っているSIMカードの種類が異なります。

音声通話機能付きSIMだけ取扱いの店舗やすべてのSIM取扱いの店舗があります。

店舗での契約を考えている人は、事前に契約したいSIMカードに対応しているかを確認しておきましょう。

待ち時間がある

LINEモバイルを店舗で契約する場合は、避けては通れないのが待ち時間です。

休日や月末は特に申込者が多く店舗が混雑する可能性が高いです。

仮に混雑していない時間帯に受付を完了した場合でも、SIMカードの開通に時間がかかるため必ず待ち時間が生まれてしまいます。

Web契約のメリット・デメリット

Web契約のメリット・デメリット

つづいてWeb契約のメリット・デメリットについて解説していきます。

Web契約のメリット

  • 契約するスマホを実際に手にとれる
  • エントリーパッケージが使える
  • Web限定のキャンペーンがある

Web契約のデメリット

  • インターネット環境が必要
  • 申し込みに不安がある

それぞれを詳しく見ていきましょう。

Web契約のメリット

LINEモバイルはWeb契約がおすすめです。

いつでも申し込みができ、様々なキャンペーンを利用してお得に乗り換えることができるからです。

詳しく見ていきましょう。

いつでも申し込みができる

店舗を訪問する場合は、営業時間が決まっているので訪問可能な時間があります。

しかし、Webでの申し込みは24時間いつでも申し込みをすることができます。

通勤時間や昼休憩の時間・就寝前いつでもLINEモバイルの公式ページから申請することができます。

不明点や疑問が出た際は、自分で調べて納得がいってから再度申し込みをすることが可能なのも魅力の一つです。

エントリーパッケージが使える

Webからの申し込みをする人は、エントリーパッケージを利用することで3,000円の登録事務手数料を0にすることができます。

契約にかかる初期費用を抑えることができるのは、大きなメリットになります。

格安SIMに乗り換えることで、月々のスマホ代をお得にすることができるので、せっかくなら乗り換えにかかる費用も抑えて、お得に乗り換えをしましょう。

Web限定のキャンペーンがある

Web限定のキャンペーン

LINEモバイルは、Web経由での申し込み限定のキャンペーンを実施しています。

キャンペーンは実施している期間によって様々なものがあります。

ポイント還元・LinePay・通信容量倍増などがありキャンペーンを利用することでお得にりようすることが可能です。

Web契約のデメリット

Web契約のデメリットについても解説します。

しかし、店舗での契約と比較してWeb契約のデメリットは少ないのでWeb契約がおすすめです。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

インターネット環境が必要

LINEモバイルをWebから申し込むので当たり前ですが、インターネット環境が必要です。

申し込むをする際は、個人情報等を入力したり顔写真付きの身分証明書をアップロードする必要があるので、セキュリティ対策が行われている、通信を利用するようにしましょう。

フリーwifiなどを利用すると、個人情報の流出にもつながる可能性があるので注意が必要です。

申し込みに不安がある

初めて格安SIMを、Web経由での申し込みをする際は、申し込みがこれであっているのか間違っていないかと不安になってしまいます。

店舗であれば、対面で間違っているカ所があれば教えてもらいながら修正することができます。

しかし、Web経由での申し込みは画面の指示に従って必要事項を入力することで申し込みができるので、安心してゆっくりやればだれでもできるようになっています。

店舗でLINEモバイルを契約する際に必要なもの

ここまで、店舗・Web経由での申し込みのメリット・デメリットをみても店舗での申し込みをしたい人に向けて、店舗での契約に必要なものを紹介します。

店舗での契約に必要なもの

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号
  • メールアドレス
  • スマホ

それぞれを詳しく見ていきましょう。

本人確認書類

LINEモバイルが、本人確認書類と認めている物は下記のものです。

書類によって1点・2点と必要な個数が変わり、顔写真付きの身分証以外は複数必要と覚えておきましょう。

1点だけでいいもの

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 身体障害手帳
  • 届け出避難場所証明書

複数必要なもの

  • 健康保険証
  • 在留カード
  • 日本国パスポート
  • 後期高齢者医療保険者証
  • 特定疾患医療受給証
  • 特定疾患医療登録者証

詳細は公式サイトから事前に確認しておくようにしましょう。

クレジットカード

LINEモバイルの料金を支払うためには、クレジットカードかLINE Payカードが必要になります。

LINE Payカードがあればクレジットカードが発行できなくても契約することができます。

もちろん契約者と名義が異なるクレジットカードは利用することができないので、家族で利用する場合は、保護者が契約して子供に利用してもらうようにしましょう。

MNP予約番号

MNP予約番号を発行しておくことで、乗り換えをしても同じ番号のままスマホを継続して利用することが可能です。

MNP予約番号は、LINEモバイルで発行することができなく契約しているキャリアから発行してもらう必要があるので事前に、MNP番号を発行してもらうようにしましょう。

14日間と有効期限が決まっているので、MNP予約番号を発行してもらう際は、注意が必要です。

メールアドレス

LINEモバイルを申し込む際は、メールアドレスが必要です。

キャリアアドレスのメールを利用している場合は、乗り換えをした段階で継続して利用することができなくなってしまうので、GmailやYahooなどのフリーアドレスを登録するようにしましょう。

スマホ

店舗で契約したい人の多くが、即日受け取ることができるという理由で店舗契約をする人が多くいます。

店舗契約では、スマホとのセット購入することができないので、必ずLINEモバイルのSIMカードを利用するスマホ端末を準備しておくようにしましょう。

LINEモバイルの契約はWebがおすすめ

ここまでLINEモバイルの契約方法について見てきましたがいかがだったでしょうか。

LINEモバイルは、Web経由と店舗という2つの契約方法がありますが、Web経由で申し込みをすることでお得に乗り換えをすることができます。

ぜひ、この機会にWeb経由でラインモバイルへの申し込みをしてみましょう。