SEOやるならこれは知っとけ!part2「h1とかh2とかのh要素って大事?」

SEOやるならこれは知っとけ!part2「h1とかh2とかのh要素って大事?」 2015.12.17

    Writer:チャオ
SEOでh1とかh2とかのh要素は大事か

SEOではキーワードを効果的に用いる事が大切ですが、
いくら適切なキーワードを載せても検索エンジンに引っかからない事には何の意味も無いのです。

なぜならh要素を使わなければ検索エンジンにキーワードを拾ってもらうことができないから!
キーワードを活かすために必要な h要素とは一体何なのかについてご説明しましょう。

h要素はページの中のどの部分で使っている?

SEOやサイトづくりでよく見かけるというタグ。別名h要素と呼ばれサイトづくりには欠かせないタグです。h要素のhはheadingのhを取ったものです。
まずはこの小見出しタグがどのように使われるか見ていきましょう。

たとえばこのようなソースのページがあったとします。

大見出し


中見出し


段落




このようにページにつけるタイトルとは別に段落ごとのタイトルとなる部分を大見出し小見出しと言い、この部分に用いるタグが<h1>や<h2>となるのです。

h要素はSEOにどんな影響をもたらすの?

検索エンジンに情報を入力すると検索結果が一斉に飛び出しますよね。
実は検索エンジンはウェブサイトを一瞬で呼び出すことができますが、人間のように全てのウェブサイトの内容を読んで内容を理解した上で探しているわけではありません。

ウェブサイトの内部には検索エンジンに対して、 このページにはこういう情報が書いてありますよ~と知らせている要素があるのです。

ここまで来ればお察しかと思います。そう検索エンジンにページの内容や構造を理解させているのがh要素なのです!
h要素は検索エンジンがウェブサイトを探す時の目印になると言っても良いでしょう。

例えばこのページを例に見てみると
見出しには<h要素はSEOにどんな影響をもたらすの?>とあります。
この部分のソースは以下のように記述されています。

<h1>h要素はSEOにどんな影響をもたらすの?</h1>

そしてこの見出しタグの中にはキーワードとなるh要素SEOという言葉が含まれていますね!
このようにh要素の中にキーワードを配置することで、検索エンジンはこのページではこのh要素の部分が文章の内容を表すもの(見出し)で、SEOとh要素に関する内容が書いている(段落の内容)んだなと判断できるってわけです。

h要素はさらにレベル分けができる!

h要素にはh1,h2というように数字によりレベル分けがされています。この数字で検索エンジンはページの構造を把握することができるのです。
中でもh1タグは検索エンジンに対して大見出しという意味で用いられます。
このh1はページの主な内容を伝えるという役割を持っているのです。
このようにh1やh2のようなh要素は、SEOではページの内容を検索エンジンに伝えるためのマークとして利用します。
SEO対策ではh要素は無くてならないものであるという事がよくわかりますね!
Writer:チャオ
チャオ
こんなんでも真面目に仕事してます。
チャオのオススメ記事
編集部員紹介PART2
TCM新機能「TOSHO GLOSSARY」と、改めて編集部員を紹介します!【第ニ弾】
TOSHO GLOSSARY実装に端を発したライターたむの「他己紹介したい!」記事、地味な人気をうけて第二弾の登場です。あのライターさんやあの編集長が登場!
ライター紹介チャオ
ライター紹介「チャオ」
TCMが誇るマジレスしかしないのに面白いライター、チャオの記事一覧紹介ページです。
【突撃取材】中途入社組の本音を聞いてみた!!
東晶貿易株式会社に中途入社された方々に突撃インタビューを実施!仕事に対する本音と会社の魅力を存分に語っていただきました。
SEO対策しておけばコンテンツ内容は何でもいい?【SEOっとけ!part5】
SEOのルールをだいたい理解してきた人が陥りがちな落とし穴。それがコンテンツの出来が二の次になってしまう現象。でも上位表示されればコンテンツなんてどうでも良いんじゃ?