コンテンツマーケティングの失敗事例

失敗してしまうコンテンツマーケティングの事例を紹介 2016.06.22

    Writer:
失敗してしまうコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングはただコンテンツを量産してサイトに載せておけば結果が出るというわけではありません。

きちんと戦略を立てて更新を続け、ユーザーのニーズに応え続けることが何よりも大切です。

この記事では、コンテンツマーケティングの失敗事例をご紹介すると共に、その解決策をご紹介していきます。

コンテンツマーケティング失敗事例①:ゴールが定まっていない

ゴールや目標が定まっていないと、戦略的にコンテンツを配信することができません。

コンバージョンに繋がらないコンテンツがむやみやたらと増えていくだけです。
このタイプのコンテンツマーケティング失敗事例を2ケースご紹介します。

ケース1:アイディア先行型

「コンテンツマーケティング流行っているし、面白そうなアイディア思い浮かんだからやってみよう!」と急に思い立って始めてみたものの、なかなか効果がでないというパターンがアイディア先行型です。

このパターンにありがちなケースが、コンテンツ自体のリーチ率は高いのに全然コンバージョンに繋がらないということです。
ただ面白いコンテンツを作るのではなく、しっかりとユーザーをゴールへと導いてあげられるようなコンテンツを作ることが大切です。

ケース2:ターゲットを絞れていない

ターゲットが絞れていないとコンテンツの幅が広くなってしまい、結果なかなか効果があらわれません。

ひとつひとつのコンテンツは非常にクオリティが高いのに、ターゲットがまばらすぎて、ユーザーひとりひとりが求めているコンテンツ量には達することができていないのです。
最初のうちはある程度ターゲットを絞り、そこに特化したコンテンツを更新していくことが効果的なコンテンツマーケティングに繋がります。
2016.06.20
コンテンツマーケティングは手法が多岐にわたるので、KPIを設定するのが非常に困難です。目的を明らかにすることで、きちんと効果測定を行える環境を整えましょう。

コンテンツマーケティング失敗事例②: ユーザー目線でない

様々な媒体で様々なメディアに触れている現代のユーザーは、企業からの一方的な押しつけの広告を嫌うようになりました。
そこでコンテンツマーケティングの概念がでてきて、ユーザー目線のコンテンツが注目されるようになったのです。

コンテンツマーケティングで一番大切な部分はここであり、ユーザー目線でないコンテンツをいくら量産しても失敗に終わってしまいます。
ユーザー目線でないコンテンツマーケティングの失敗事例を2ケースご紹介します。

ケース3:企業はつい自分目線になる

企業は自社商品を売りたいということで、つい企業目線のコンテンツを作ってしまいがちです。
コンテンツを制作する際は、これは本当にユーザーのための記事か?ということを一度考える必要があります。

少しでも企業の押し売り感を感じるコンテンツはシェアされることはありませんし、ユーザーへのリーチ率は上がりません。

ケース4:自分のための記事ではないか?

「このコンテンツは企業目線ではない!面白い!」と思っても、それは本当に他人から見ても面白いものでしょうか?
いくら自分が面白いと思ったとしても、ユーザーから見て面白くなければ何の意味もありません。

ここで言う面白いというのは笑えるという意味ではなく、真にユーザーの役に立つか?ということです。
自分の経験に基づく信頼できる記事にこそ、ユーザーは面白さを感じます。

2016.06.14
効果的なコンテンツマーケティングを行うためには、ペルソナを詳細に設定する必要があります。この記事ではペルソナとはどのようなものか、そしてペルソナの設定方法はどのようなものか解説します。

失敗しないコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングを失敗させないための方法は2つ。

きちんと最初にゴールを設定して、そこに向かってKPIを立てて戦略立てた更新をしていくこと。
また、ユーザー目線のユーザーの役に立つ優良なコンテンツを作ることです。

きちんとゴールを設定する

何のためにそのサイトを運営するのか、そしてそのために何をしたら良いのかということは、最初に考えなければならないことです。

もしもここを疎かにしたままサイトを運営していたら、今からでも遅くないのでしっかりと設定しましょう。
ちゃんとしたゴールさえあれば、あとはKPIを設定して、それに沿った運営をしていくだけです。

きちんとユーザー目線のコンテンツを作る

コンテンツを制作する前に、そのコンテンツは本当にユーザー目線のものか確認しましょう。
企業の押し売り感は出ないか?自分の経験に基づく信頼できるコンテンツか?そういったことをきちんと確認してからコンテンツを制作することが大切です。

また、ターゲットをあまりに広くとってしまうとコンテンツが分散してしまうので、最初のうちはある程度絞ることも必要です。
きちんとあるターゲットのニーズに応えられる体制を作り上げてから、次のターゲットへ向かいましょう。

失敗事例から学ぶコンテンツマーケティングの成功法

コンテンツマーケティングで大切なことは、きちんとゴールを設定することとユーザー目線でコンテンツを作成することです。

なかなか効果が出ないと嘆いている方は、原点に立ち返ってこの2点を見直しましょう。

失敗する事例から教訓を得てしっかりと対策をすることが、コンテンツマーケティングの成功への近道です!

2016.06.13
近年話題のコンテンツマーケティングとはどのようなものでしょうか?そして、効果的なコンテンツマーケティングとはどのようにして行えば良いのでしょうか?この記事で詳しくご解説していきます。
Writer:
イベント、インタビュー、麻雀、フードファイト
社内イベントの記事をメインで上げていきます。社内イベントがないときは元新聞部の経験を活かしてインタビュー記事上げます。
森のオススメ記事
TCM新機能「TOSHO GLOSSARY」と、改めて編集部員を紹介します!【第一弾】
TCMに搭載された新機能、TOSHO GLOSSARYを見ていて、もっと詳しく編集部員を紹介したいと思ったライターたむが独断と偏見でお送りする他己紹介です。
新入社員集合写真
東晶貿易の新人入社あいさつ&ランチ会!
4月1日に東晶貿易にも6名の新入社員が入社しました。社長、部長のみなさまから激励の言葉をいただき、新入社員のテーマを発表し、そのあとは最上階でランチ会と盛りだくさんの一日でした。
作業用BGMで仕事効率化が図れるらしい
ちょっと意識するだけ。知らないと損をしてしまうかもしれない、作業用BGMで仕事の効率をアップさせる方法です。
ライター紹介ドルヲタT
ライター紹介「ドルヲタT」
どこに出しても恥ずかしいアイドルヲタク、ドルヲタTの記事リスト。普段は編集がメインですがたまにコラムも書きます。