効果の出るコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは?良質なコンテンツの提供 2016.06.13

    Writer:
コンテンツマーケティング

近年話題のコンテンツマーケティングとは、「ユーザーにとって価値のある良質なコンテンツを提供することで、ユーザーからの関心や信頼を獲得し、結果として売上に繋がる行動をしてもらう」というwebマーケティングの手法です。
見込み客が信頼・納得した上で購買に踏み切るようになるので、リピーターを獲得しやすいのが特徴です。

この記事では、コンテンツマーケティングのメリットと効果的な実践方法について解説していきます。

そもそもコンテンツマーケティングとはどういうもの?

コンテンツマーケティングとはwebマーケティングの手法の一つです。

インターネットが普及してテレビCMなどのマス広告は影響力が小さくなり、ユーザーは自ら情報を調べるようになりました。
そこで、自社サイト上で良質なコンテンツを提供することが大切になってきたのです。
一方的な広告や売り込みでは、現在の消費者の購買意欲は喚起できなくなってきています。

良質なコンテンツとは

それでは、良質なコンテンツとは一体どのようなものでしょうか?良質なコンテンツは決して企業目線のものではありません。
企業目線に立ってしまうと、ユーザー側からはどうしても押し売りのように見えてしまいます。

あくまでユーザー目線で書かれていて、実際にユーザーの役に立つ情報が書かれたものこそ、良質なコンテンツです。
また、そのサイトでしか得られない独自のコンテンツであるというのも重要です。経験や技術に基づいていると、情報に信頼性が付与されることになります。

2016.04.22
Wikipediaには通常の記事とは違う、クオリティの高い記事として秀逸な記事がアリます。Wikipediaを巡回するときにはちょっと目を向けてみると良いでしょう。

コンテンツマーケティングのメリットとは?

コンテンツマーケティングのメリットは、導入が簡単であるのに見込み客や潜在顧客を優良顧客に変えられるという点です。
また、口コミで広がりやすく、更なる顧客獲得が容易というのも特徴です。

気軽に始められるコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、導入が非常に容易です。
コンテンツを提供する場と、提供する良質なコンテンツさえあればすぐに始めることができます。
広告を打つのと比べると費用を格段に抑えることが可能であるというのは、コンテンツマーケティングのメリットです。

ターゲットを限定することができる

Googleなどのサーチエンジンで検索したり、SNSで情報を得たりして、ユーザーはサイトにたどり着きます。
そこで良質なコンテンツを提供し続けることで、そのサイトの商品や情報に興味があるユーザーだけを効率よく集客することができるようになります。
また、自分の欲しい情報を効率よく入手できるサイトにユーザーは何度も訪れるので、リピーターを生み出しやすくなります。

優良顧客を確保することができる

良質なコンテンツを提供することで、商品やサービスがユーザーから信頼されるようになります。
自社のファンになってもらうことで、競合他社の商品やサービスより優位に立つことができます。
そのため、コンテンツマーケティングではユーザー目線に立つことが一番大切なのです。
時にはアンケートなどでユーザーがどのように感じているのか調査を行ったり、ユーザーとコミュニケーションを取ったりすることも必要です。

SNSと相性がよく、情報が広まる

SNSが広まった現在、面白かったり役に立ったりするコンテンツはすぐに拡散されます。
コンテンツマーケティングは特にSNSと相性がよく、良質なコンテンツはすぐに他のユーザーの手にも届くことになります。
広告を打たなくても多くの人に情報を届けることができるのは、コンテンツマーケティングのメリットのひとつです。

コンテンツマーケティングの効果的な実践方法

ここからは実際にコンテンツマーケティングを行う上でのポイントをご説明していきます。
このポイントをしっかりと踏まえていないと、適したユーザーに適した情報を届けることができません。

目的・ゴールの設定をする

コンテンツマーケティングでは、SEOの「狙ったキーワードを上位表示させる」というような明確な目的・ゴールは存在しません。
よって、効率的にコンテンツマーケティングを進めるためには、自分で最初に目的やゴールを設定する必要があります。
例えばそれは「商品を購入してもらう」ことであったり、「1日あたり何人がサイトを訪れる」ことであったり、何でも良いのです。
自分がこのサイトを運営する上での目標を定め、それに向かってまっすぐに進むことが大切です。

ペルソナを設定する

ペルソナとは、想定される架空の顧客です。
よりユーザー目線に立ったコンテンツを作るために、より細かく指定する必要があります。
年齢や性別、職業などまで決められれば最高ですが、最初は「このサイトに訪れるのはどんな人か、そしてどんな情報を求めているのか」という点を重視して設定しましょう。
どんな顧客がどんな情報を求めているのか分かれば、自ずと良質なコンテンツが何か見えてくるはずです。

ペルソナに合わせたコンテンツを作る

ペルソナを設定したら、それに合わせたコンテンツでサイトを充実させていきましょう。
自社の商品や設定したペルソナによって、文字のほうが伝わる場合もあれば、動画など他の媒体のほうが伝わりやすい場合もあります。
コンテンツの媒体はどうするのか、また更新頻度はどうするのか、熟考してからコンテンツ制作を始めましょう。

ユーザーにリーチしているか検証する

コンテンツマーケティングに限らず、情報がユーザーに届かなければ発信する意味がありません。
そのため、提供したコンテンツがユーザーにリーチしているか検証をする必要があります。
アナリティクスを見たり、CVRを計測したりして検証を重ねましょう。

検証の結果、改善点を修正する

検証の結果、まだ改善の余地があればすぐに改善しましょう。
マス広告であれば一回作ったものを直すことは難しいですが、自社サイトならすぐに修正することが可能です。
そしてまた運用して検証し、改善をするというPDCAを繰り返すことで、洗練されたコンテンツマーケティングを行うことが可能になります。

2016.06.14
効果的なコンテンツマーケティングを行うためには、ペルソナを詳細に設定する必要があります。この記事ではペルソナとはどのようなものか、そしてペルソナの設定方法はどのようなものか解説します。

まとめ――ユーザー目線の良質なコンテンツの提供が肝心

以上がコンテンツマーケティングの説明となります。

まとめると、コンテンツマーケティングとはユーザーに良質なコンテンツを提供することで商品やサービスの購入を促すというマーケティング手法です。
ファン獲得がしやすいので優良顧客を逃さず、リピーターを増やすことが可能となります。

広告を打つよりも廉価で気軽に始められるので、是非コンテンツマーケティングを導入してみてはいかがでしょうか?

2016.06.10
記事作成のためにWebトレンドを知ることは大切です。今回はトレンドを拾い集めるためのツール5つをご紹介します。
Writer:
イベント、インタビュー、麻雀、フードファイト
社内イベントの記事をメインで上げていきます。社内イベントがないときは元新聞部の経験を活かしてインタビュー記事上げます。
森のオススメ記事
17卒インターン日誌バナー
17卒インターン日誌Vol.3~イベサンローランの独壇場~
東晶貿易では新卒採用後のインターンから、どんどん実践的な経験を積むことが出来ます。今回は2017年卒採用内定者たちによるインターン日誌第3弾をお届けします。
SEOでh1とかh2とかのh要素は大事か
SEOやるならこれは知っとけ!part2「h1とかh2とかのh要素って大事?」
SEO対策をウェブサイトに反映するためのタグがh1やh2などのh要素のタグです。このタグを用いなければいかに適切なキーワードを載せても、検索エンジンが正確にページの内容を判断しづらくなります。この記事ではh要素についての解説をしていきたいと思います。
SEO塾【第7回】WEBサイトを成功させるコツ!
熱血SEO塾【第7回】!今回はSEOの効果をより生かすためにも運営しているサイトがユーザーから高い評価を受けるコツをご紹介していきたいと思います!
付箋の使い方は無限大
お役立ちアイテム紹介!付箋を使いこなそう
作業に役立つ身近なアイテム、付箋について紹介します。色もデザインもバリエーション豊富な付箋は、使い方も無限大!?