SEOにおけるロングテール対策のご紹介!

SEO塾【第11回】ロングテールを意識してアクセスを増やそう! 2016.06.23

    Writer:
SEO塾第11回TOP画

どうもこんにちは!林です!

が多い季節になってきちゃいましたね~!

お出かけする機会も減ってきちゃいそうな季節だし、
500円貯金でもして夏に備えようかな~!!
なんて思っている所存でございます!

ちなみにあの某有名アナウンサーも500円玉貯金で230万円貯めたなんて逸話もあります!


塵も積もれば山となる、継続は力なり。


ですね~!

この“塵も積もれば山となる”ということわざ。
実はSEO業界にも深く関係している言葉なのです!

今回は塵も積もれば山となるSEO、
“ロングテールSEO”についてのお話です!

それではコツコツとお話ししていきますので皆さん最後まで読んでくださいね!


※今回のTOP画は梅雨とロングテールいうことで
ロングポニーテールの女性と相合い傘しているトレンディ風にしてみました。

そもそもロングテールってどういう意味??

よくSEOに関連している記事を見ていると出てくる
「ロングテールSEO」という言葉。

この“ロングテール”とはどこから来ているのかご存知でしょうか?


◆ロングテール理論を活用したSEO!


ロングテールSEOとは元々、
ロングテール理論と呼ばれるネットショップ戦略が元になっています。

ロングテール画像

amazonなどを思い出してみて欲しいのですが、
人気商品だけを取り揃えているわけではなく、
各カテゴリーにおいて本当に細かい商品まで用意されていますよね!

恐らく年に数個しか売れない商品もあるでしょう…。

amazonなどのネットショップではこういった所謂“ニッチ”な商品をいくつも揃えることによって、
1つ1つの商品の売れる個数は少ないとしても
全体的に見れば売上が大きくなるという商法を行っています。


ニッチな商品

まさにちりも積もれば山となるというやつですね!


このようなネットショップの商法をSEOとして盛り込んでいるのが、
ロングテールSEOと呼ばれるテクニックなのです!

ロングテールSEOを意識して安定したアクセス数を確保!

SEOの大きな目的の1つとして検索キーワードにおける上位表示を目指し、
アクセス数を増やすというものがありますよね。

一番手っ取り早くアクセス数を増やす方法として考えられるのは、
検索数が多いキーワードであるビックキーワードで上位表示を狙うことです。

しかしアクセスの多いビックキーワードで上位表示を目指すということは、
かなりライバルが多いことが予想できますし、
ライバルよりも上を目指すにはそれなりの労力コスト時間がかかってしまいます。

◆検索数の少ないキーワードでアクセス数を増やす!


ロングテールSEOではビックキーワードのような検索数多い単語ではなく、
むしろ検索数の少ないキーワードを用いることによってアクセス数を増やしていくという方法を取ります。


え?それじゃぁ上位表示されてもアクセス数が全然増えていかないじゃん…。


と感じる方も中にはいるかもしれませんが、
ここで先ほどご紹介したamazonの例を思い出してみます。


amazon

ニッチな商品を数多く用意することで全体的な売上をあげる。

これをSEOに置き換えてみると…

SEO

検索数の少ないニッチなキーワードを使用したコンテンツを
いくつも用意して全体的なアクセス数を増やす。



と置き換えることができるわけです。

1つ1つのコンテンツや記事に対するアクセス数は多くないとしても
若干のアクセスがある記事をいくつも増やしていくことで
全体的には安定したアクセス数を得ることができるのが、
ロングテールを意識したSEOという訳なのです!

またロングテール対策であれば
ビックキーワードでアクセスを狙うのに比べてコストもかかりませんので
小さなサイトでも手軽に行えるSEO対策であると言えます。

ただコンテンツ量を増やせばいいという訳ではない!

筋肉量と質

ロングテールSEOはコンテンツ量をコツコツと増やしていくことで、
一定のアクセス数を安定させていく方法であると言いましたが、
むやみやたらとコンテンツ量を増やしていけばいいというわけではありません。

◆量と質を意識していかないといけないのが難しい!


以前までのSEO対策であれば
特に意味のないコンテンツであっても量を増やしていけば、
上位表示に貢献することができるということもありましたが、
近年では量よりも質が重視されるという傾向にあります。

これはロングテールを意識したSEOにおいても同じことが言えます。

つまりロングテールでアクセス数を維持するため記事やコンテンツを量産しつつ、
質の良いものを作っていくことが必要になってくるというわけです。


い、いやいやそんなの難しすぎるでしょ~~!!


はい、おっしゃる通りでございますね…。

やはり量も質も求めるというのは中々厳しいと思いますので、
最低限訪れたユーザーにとって多少なりとも有益なコンテンツを作ることを
心がけていくくらいの感覚が必要でしょう!

サイトの軸はずらさず色々なテーマのコンテンツを増やそう!

以上ロングテールSEOについてお話をしてきました!

改めて今回のポイントを以下にまとめていきたいと思います!


①ロングテール理論を元にしたSEO対策!
②検索数の少ないキーワードを用いたコンテンツを増やし
 全体的にアクセスを増やす!

③量だけじゃなく質もしっかりと考えることが大切!


以上の3つが重要なポイントとなっていますので覚えておきましょう!

サイトの軸はぶらさずに様々なテーマのコンテンツを増やしてロングテール対策をしていきましょう!

長くなってしまいましたがこの辺で今回のSEO塾は終わりに致します!

それでは皆さんエンジョイSEO!
Writer:
のオススメ記事
SEOでh1とかh2とかのh要素は大事か
SEOやるならこれは知っとけ!part2「h1とかh2とかのh要素って大事?」
SEO対策をウェブサイトに反映するためのタグがh1やh2などのh要素のタグです。このタグを用いなければいかに適切なキーワードを載せても、検索エンジンが正確にページの内容を判断しづらくなります。この記事ではh要素についての解説をしていきたいと思います。
SEOより食べログのほうがいいのか
SEOより食べログ1位の方が効果的なんじゃ?【SEOっとけ!番外編】
SEOでのWEB集客を得意とする東晶貿易がお届けする、飲食店でもSEOは大事にすべきである理由をご紹介!
SEO対策しておけばコンテンツ内容は何でもいい?【SEOっとけ!part5】
SEOのルールをだいたい理解してきた人が陥りがちな落とし穴。それがコンテンツの出来が二の次になってしまう現象。でも上位表示されればコンテンツなんてどうでも良いんじゃ?
ユーティリティスペース
新設!ユーティリティスペースは秘密兵器なのであります!
東晶貿易株式会社にはユーティリティスペースが新設されています。このユーティリティスペースが個人だけでなく会社を更に向上させていく秘密兵器なのであります。