つり革につかまれない電車の中でも上手に立つライフハック

満員電車でよろけない!秘伝の立ち方伝授します 2016.04.15

    Writer:鳴沢
電車に揺られる鳴沢

こんにちは、時おり新幹線で帰っている鳴沢です。
社会人である以上、避けることのできないのが毎日の通勤。
多くの方々は、朝な夕なに電車に揺られる日々を過ごしていることと思います。

電車の中でも、座席に座ることができれば一息つけるのですが、
ラッシュの時間帯にゆったりと座るのは夢のまた夢…。

今回は、電車通勤で役立つ、揺れる車内でよろけずに立つコツをお伝えします。

通勤電車の揺れのよりどころのない辛さ

電車通勤でとくに大変なのは、
満員でつり革にすらつかまることのできない時でしょう。
そんな状況には、毎日通勤していれば多々出会います。

ちょうどいい満員電車が一番辛い

本当に身動きもできないほどギッシリと詰まってしまえば、
ひと時のおしくらまんじゅうを乗り切ればよいのです。
しかし、なまじっかそのような「超満員」ではなく普通の「満員」であるときは、
支えを無くしてあっちへフラフラ、こっちへフラフラ、
不安定になってしまいます。

バランスが取れなくて脚は痛くなるわ、
周りの人にぶつかってしまって申し訳なくなるわ…。
誰も得しない悲しき空間がそこに広がります。

電車でよろけない立ち方伝授!

そんな通勤ラッシュにおける悲しみの連鎖を断ち切るために!

私、鳴沢が、揺れる電車の中で支えがなくともよろけない
秘伝の立ち方を伝授します。
一子相伝の秘技を受け継ぐ決意はあるか!
…森よ!

森「いや、俺あんまり電車乗らないんだけど」

よし、では儂の体の動きをしかと見て会得するのだ!

森「えっ、やけにノリノリ…」

必見!これが電車でよろけない立ち方だ!

準備はよいか!
いくぞ!うおおおっ!

しかと見よ


これが…


こう。

ちゃんと説明します


森「えっ?」

…はい、説明します。



左のように脚がまっすぐになっていると、
あらゆる方向からくる電車の揺れの力を吸収することができません。

しかし、右のように膝を軽く曲げることで、
なんと!まるでバネのように揺れを柔軟に受け止めることができるのです!

私も毎朝、激しい揺れの銀座線で実践しています。

森「これ、脚疲れない?



…もちろん、ずっと電車でこの態勢は辛いので、揺れが来そうなときに適宜屈伸していきましょう。

用法・用量を守って快適な通勤ライフをどうぞ

この方法、膝を曲げすぎると逆にバランスがとりにくくなりますし、
あからさまに怪しい姿になってしまいます。

よろけそうな時だけ、軽く曲げるだけでだいぶ安定感が違うはずですので、
毎朝の通勤電車でしんどい思いをしている方は、ぜひ試してみてください!



参考:膝を曲げすぎなくてもあからさまに怪しい姿
Writer:鳴沢
鳴沢
温泉巡り、カメラ
三度の飯と風呂が好き、あと科学も宇宙も好き。けれど思いっきり文系出身、「規則順守」がモットーの小市民です。
鳴沢のオススメ記事
TCMのホープ森
16卒の名インタビュアー、森さんに逆インタビュー
東晶貿易の社内インタビュー3回目にして、インタビュアー森さんに逆インタビューしちゃいました。森による森のための企画に柿沼が突撃しました!
新入社員集合写真
東晶貿易の新人入社あいさつ&ランチ会!
4月1日に東晶貿易にも6名の新入社員が入社しました。社長、部長のみなさまから激励の言葉をいただき、新入社員のテーマを発表し、そのあとは最上階でランチ会と盛りだくさんの一日でした。
スケジュール管理の方法4つ
スケジュール管理のための4つの視点
時間を有効に使った行動をとるためにも、スケジュールを立てることは大切です。そのための4つの視点を、実際に東晶貿易、CM事業部、そして私の実践からご紹介します。
巷で噂の怖いもの、地震対策に「知識の備え」を!
大地震による災害に巻き込まれたとき、町中や周囲に防災グッズがない時でもとっさに役立つ知識を紹介します。