SEOやるならこれは知っとけ!part4「GoogleAnalyticsって使うべき?」

SEOやるならこれは知っとけ!part4「GoogleAnalyticsって使うべき?」 2015.12.17

    Writer:チャオ
SEOでGoogleAnalyticsは使うべきか

SEOでは自分のサイトがどのようなキーワードで検索され、
検索時の順位はどれくらいだったのかを知ることは 大変重要です。
そんな気になる検索データを教えてくれるのが GoogleAnalytics
もちろん巷にはSEO対策のためのツールとして解析ソフトがたくさん販売されていますが、
GoogleAnalyticsは基本無料でSEO解析に必要なツールを利用することができるので、
高いお金を払わなくてもアクセス解析ができるツールなのですよ。

GoogleAnalyticsを使うとどんなメリットがあるの?

GoogleAnalyticsはSEOで参考になる解析データをたくさん集めることができます。
でも無料だから有料版よりもできることが少ないんじゃないの?と、思われるかもしれないけれど決してそんな事はありませんよ。

以下はGoogleAnalyticsで表示することができる解析データの数々です。
無料でもこのツールだけこれだけのデータを把握することができます。

・どの国と地域からアクセスしてきているか
・どのページにアクセスが集中しているか
・どのページから流入しているのか
・PCユーザーが多いのかまたはスマホでのユーザーが多いのか
・どのページが離脱率が高いのか


また他にもプロバイダの種類やクリック単価、広告クリック率といった情報も表示させることが可能です。

GoogleAnalyticsでこれらの情報を確認することができれば、 サイトが抱える問題点を分析しSEOマーケティングに役立てることができるのです。

GoogleAnalyticsの基本的な機能をご紹介

一方でGoogleAnalyticsでは慣れるまでは使いにくいという人もいますし、見慣れないツールである事も手伝って難しそうという方もいると思います。
しかし機能をしっかりと把握すれば、初心者でもGoogleAnalyticsを使いこなすことは難しくありません。

以下は初心者用にGoogleAnalyticsの機能を簡単にまとめてみました。

リアルタイムレポート
現在のサイトの状況を把握したい時に使用します。サイトにアクセスしたユーザーの人数やどのページが人気があるのか、またユーザーのアクセス経路などの情報を教えてくれます。

ユーザーレポート
どのようなユーザーがサイトにアクセスしてきているのかを確認することができます。ユーザーの訪問数やページが閲覧された合計数だけでなく、ページの直帰率や平均セッション時間まで教えてくれます。

集客レポート
ユーザーがどのような経路でサイトへアクセスしてきたかを教えてくれます。ここでは検索エンジン/ソーシャルメディア/ブックマーク/リンクなどの経路からアクセス経路を知ることができます。

いかがですか?無料のツールでもこれだけの情報をGoogleAnalyticsは解析することができるんです。
どれもSEO対策に必要な情報なので、GoogleAnalyticsは SEOに無くてはならない解析ツールであるということがわかっていただけると思います。慣れれば便利なツールですので、SEO対策をするなら是非一度はGoogleAnalyticsに触れてみてくださいね!
Writer:チャオ
チャオ
ゲーム、映画、アニメ、漫画
男性比率高めなTCM編集部内がパラダイスになっちゃう方面のオタク女子ですが、仕事中は真面目に頑張ってます。決して編集長と誰かとで妄想したりしてません。
チャオのオススメ記事
5月のHOT検索ワード
【5月のHOT検索ワード】お弁当と紫外線に悩まされるお母さん
5月は学校行事が盛りだくさんで、それにちなんだキーワードが多く検索されます。また、暖かくなって肌の露出が増えるため、紫外線対策も検索数が伸びます。
LINEスタンプに囲まれるららすん
LINEスタンプ販売開始!!??使い方を紹介します!
LINEスタンプがTCMから販売開始しただと!フローラルスリールの商品が大好きなららすんにはもうたまらなあい!早速ご紹介します。
コンテンツマーケティング
コンテンツマーケティングとは?良質なコンテンツの提供
近年話題のコンテンツマーケティングとはどのようなものでしょうか?そして、効果的なコンテンツマーケティングとはどのようにして行えば良いのでしょうか?この記事で詳しくご解説していきます。
新入社員のために課題を解決するリーダー
新入社員とのコミュニケーションがチームに成長を生む
TCMのリーダーが、今年入ってくる新入社員とのコミュニケーションの中で、発見する問題や課題について少しまとめてみました。気がついていなかった潜在的な可能性を僕はそこで見た。