パナソニックが発表した「技術10年ビジョン」の解説

【業界ニュース拾い読み】パナソニックが技術開発の方向性として「技術10年ビジョン」を発表 2016.04.13

    Writer:たむ
パナソニックの技術10年ビジョン

こんにちは!
最近炊飯器を変えたらご飯が美味しくて美味しくて、久々に着たシャツが入らなかったライターたむです。 う、恨めしい・・・けど美味しい・・・。

さて、今回のオシゴトコーナーでは、パナソニックが出した「技術10年ビジョン」に関するプレスリリースをピックアップしました。
ざっくり言うと「IoTとエネルギーを軸に成長していく」というのがこのリリースです。

「IoT(アイ・オー・ティー)」って何?

「IoT(インターネット・オブ・シングス)」とは、物とインターネットをつなぐという意味の言葉で、パソコンなどの元から情報機器として作られた物だけではなく、世の中にある色々な物をインターネットに繋いでしまおうという考え方です。

インターネットにつなぐことで、自動で計測を行ったり、遠く離れたところから操作したりも可能になるので、非常に便利であるというのがIoTの利点です。

例えば家電
最近たむを喜ばせ、同時に苦しめ続けている炊飯器がIoTによってインターネットに繋がると、炊飯スイッチの押し忘れを回避したり、仕事が長引いて帰りが遅くなりそうだから炊きあがりの時間を調整したり、という事ができます! これは便利だ!

IoTと「エネルギー」

そんなIoTと双璧を成すのが「エネルギー」の領域。

窒素や水素といったクリーンエネルギーや、ソーラーエネルギーの技術開発を行っていきます。
最近では自動車業界での活躍が目覚ましいですが、住宅においても注目されています。

例えばスマートハウス
電力自由化に伴い、電気の買い入れ先を選べるようになりましたが、同じように電気を売る(売電)事から電気会社を選ぶということもあるのではないでしょうか。
スマートハウスで電気を売買する人にとって、より効率のいい蓄電池クリーンエネルギーのシステムは少なからず興味がある分野だと思います。

パナソニックの今後の動向を確認することで、自分のライフスタイルにも影響があるかもしれませんね!

技術10年ビジョンで明るい未来を!

IoTとエネルギー、この二つのビジョンでパナソニックは技術を発展させようとしています。
良い暮らし、社会のために、今後の展開から目が離せませんね!

以上、次は電子レンジに故障の予兆がきているライターたむでした!

情報源はこちらから。
http://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/10years-vision.html
Writer:たむ
たむ
ライフハック、サブカル、音楽
たむのオススメ記事
徒歩帰宅します
大震災へ備えていま出来ること。徒歩帰宅シミュレーション。
熊本の震災があり、現在防災への意識が高まっています。10km以内は徒歩帰宅可能者ということなので、家まで8kmの私が徒歩帰宅にチャレンジしてみました。
OPQ分析を使った記事の書き方
OPQ分析――読者のニーズに応える記事の書き方
読者のニーズに応える記事を書くために、執筆前にOPQ分析をすることをおすすめします。適した情報を適した人に届けることができれば、サイトの閲覧数も上がっていくでしょう。
インターネットメディアの進化
【業界ニュース拾い読み】Youtube・Vine、進化し続ける動画コンテンツとメディア
動画コンテンツは、技術の発展とともにその表現の幅を広げ続けています。Youtubeのようにリアルを追求するコンテンツにせよ、Vineのように手軽さを求めるにせよ、メディアに必要なのは、素材のひとつとしての技術を活かすことのできるアイディアでしょう。
社員旅行の集合写真
こんな社員旅行ってアリ?東晶貿易の社員旅行に密着!
東晶貿易で社員旅行に行ってきました!その様子をフレッシュな18社員にリレー形式で紹介してもらったので、ぜひご覧ください!!