英語で聞き返す時のフレーズは「Pardon」だけじゃない!状況に合わせた例文も紹介

英語で聞き返す時のフレーズは「Pardon」だけじゃない!状況に合わせた例文も紹介-アイキャッチ

「なんて言っているか聞き取れなかったけど、英語での聞き返し方が分からない。」

「聞き返すときに使う英語Pardonしか知らないからバリエーションを増やしたい!」

英語で会話しているときに、相手の話すスピードが早くて聞き取れないことや、単純に意味が分からなくて困ることはありますよね。

そんな時はそのままにするのではなく、聞き返すことが重要ですが、相手や状況に合わせた聞き返し方が分からないことも多いですね。

そこで今回は、相手に聞き返したいときに使える英語のフレーズを紹介します。

ビジネスシーンやカジュアルなシーンで使える例文や、声が小さくて聞き取れない、意味が理解できない、など状況に合わせたフレーズも詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

相手の発言が聞きとれず英語で聞き返したいときに使えるフレーズ

相手が何て言っているか分からなかったときに、「何て?」というニュアンスで聞き返したいときがありますよね。

そんな時にカジュアルによく使える英語のフレーズには以下のようなものがあります。

  • Sorry?
  • Excuse me?
  • Pardon?
  • What?

上記の単語は実際に耳にしたことがある方も多いと思います。

中には言い方を変えるとフォーマルにも使えるフレーズがあるので、それぞれ詳しく解説します。

Sorry?

相手に何かを聞き返す時にも「Sorry?」を使うことができます。

「sorry」は単体でも使うことが可能ですが、「何て言いましたか?」という意味の「What did you say?」の前につけて少し丁寧に使うこともできます。

また、「sorry」はイギリス英語でよく使われる表現なので、イギリス英語の方に対して使うと良いでしょう。

またイントネーションに関して、語尾をしっかり上げるように気を付けましょう。

語尾が下がってしまうと、相手に謝罪されたのかと勘違いされてしまうことがあります。

また、「sorry」は比較的仲の良い相手やカジュアルなシーンで使う表現です。

少し丁寧にするには、「I’m sorry?」のように「I’m」をつけると良いでしょう。

Excuse me?

「Excuse me?」は「sorry?」に比べて少し丁寧な言い方ですが、日常会話でもよく使える表現です。

そのため、カジュアルなシーンだけでなくフォーマルな会話でも使える便利なフレーズです。

しかし、基本的にカジュアルな印象が強いので、上司や取引先の相手などには使わないようにしましょう。

「Excuse me?」も語尾を上げるように意識することが必要です。

「sorry?」はカジュアルすぎるけど、相手や状況もそこまでかしこまる必要はない、という場面で使うことがおすすめです。

「Excuse me?」は「sorry?」とは反対にアメリカ英語でよく使われる表現なので、アメリカ英語を話す時に使うと良いでしょう。

Pardon?

「Pardon?」は、日本の中学の授業でも習う単語なので、知っている方や使っている方も多いと思います。

何かを聞き返す時に使える英語のフレーズを「Pardon?」しか知らなかったという方もいますよね。

「Pardon?」は「I beg your pardon?」を短くした言い方です。

「I beg your pardon?」は「もう一度聞いてもよろしいですか?」という意味でビジネスシーンやフォーマルな会話でも使える、非常に丁寧な表現になります

そのため、カジュアルなシーンで使うと少し不自然なことがあります。

日常会話やカジュアルに使う際は、「pardon?」と短くした言い方を使うようにしましょう。

「pardon?」は言い方によって、あらゆるシーンで使える便利なフレーズなので覚えておきましょう。

また、「pardon?」はアメリカ英語でもイギリス英語でもよく使われる表現なので、使う相手も選びませんよ。

What?

「What?」はそのまま「何?」と聞き返す時に使えるカジュアルな表現です。

日常会話や仲の良い友人相手に使える表現なので、フォーマルな会話では使わないように気を付けましょう。

あまり仲良くない人に使ってしまうと少し失礼になる場合があります。

また、同じような意味として使える英語のフレーズに「What’ that?」があります。

「What’ that?」も「What?」と同様に「何て?」というように使うことができます。

「What’ that?」は直訳すると「あれは何?」となりますが、ネイティブでは相手に聞き返す際によく使われる表現なので覚えておきましょう。

他にも「What did you say?」も「何て言ったの?」という意味なので同じように使うことができますよ。

相手にもう一度言って欲しいときに使える英語のフレーズ

紹介

相手が何て言っているのか分からず、もう一度言って欲しいときはよくありますよね。

そんなときに使えるフレーズをカジュアルなものからフォーマルなものまで紹介します。

「もう一度言って」を意味する英語のフレーズには主に以下の3つがあります。

  • Come again? 「もう一度言って?」
  • Could you say that again? 「もう一度言ってもらえますか?」
  • Could you repeat that please? 「もう一度繰り返してもらえますか?」

Come again?

「Come again?」は「もう一度言って?」という意味で使うことができます。

「Say that again?」も同じような意味で、もう一度言って欲しいときに使うことができます。

「Come again?」も「Say that again?」もカジュアルな英語表現なので、日常会話や親しい友人にのみ使うようにしましょう。

フォーマルな場やビジネスシーンなど、相手によっては失礼になるフレーズなので、使う際は気を付ける必要があります。

また、言い方によっては「もう一度言ってみろ」のように少し喧嘩のように捉えられることがあるので注意しましょう。

「Come again」には「また来るね」という意味もあるので、勘違いされないためには語尾を上げて質問するように使うことが大切です。

Could you say that again?

「Could you say that again?」は「もう一度お願いします。」という意味で丁寧に使うことができます。

また、長めの話をもう一度聞きたいときにも使えるフレーズなので、覚えておくと便利ですよ。

このフレーズだけでも丁寧な表現ですが、文末に「please」を付けることでより丁寧な文章にできるのでおすすめです。

フォーマルな場面やビジネスシーンなど、より丁寧に伝えたい場合はぜひ「please」を活用しましょう。

他にも、文頭に「sorry?」を添えることで丁寧な印象を与えることができるので覚えておくと便利ですよ。

より丁寧に伝えたい場合の例文は以下のようになります。

  • Sorry? Could you say that again?
    「もう一回言っていただいてもよろしいですか?」
  • Could you say that again please?
    「もう一度言っていただけますか?」

Could you repeat that please?

「Could you repeat that please?」は「もう一度繰り返していただけますか?」という意味で使うことができます。

丁寧な表現なので、ビジネスシーンでも使うことができますよ。

「Could you repeat that please?」だと丁寧すぎる場合やもう少し気軽に使いたいという場合であれば、「Could」を「Can」に変えることや、最後の「please」をなくすと良いでしょう。

「Can you repeat that again?」で「もう一度繰り返してくれますか?」という意味で使うことができます。

「Could you 〇〇?」は「〇〇していただけませんか?」と相手にお願いするときに丁寧に使えるフレーズなので覚えておきましょう。

また、より丁寧に言いたい場合は「Would you mind saying that again?」を使いましょう。

「Would you mind 〇〇」でより丁寧に相手に何かをお願いするときに使える表現です。

まとめると以下のようになります。

  • Could you repeat that please?
    「もう一度繰り返していただけますか?」
  • Can you repeat that again?
    「もう一度繰り返してくれますか?」
  • Would you mind saying that again?
    「もう一度言っていただいてもよろしいでしょうか。」

相手の言っていることが聞き取れずに要望を伝えたい時に使えるフレーズ

紹介

相手の言っていることが聞き取れなかった場合や、聞き返しても何て言っているのか分からないということもありますよね。

そんなときに、相手に対して「ゆっくり言って欲しい」「簡単に言って欲しい」「大きい声で言って欲しい」など思うことがあると思います。

上記のような要望を伝えたい時に使える英語のフレーズについて、主に以下の3つを紹介します。

  • Would you mind speaking more slowly? 「もっとゆっくり話していただいてもよろしいですか?」
  • Could you say that a little louder please? 「もう少し大きい声で話してもらえますか?」
  • Could you use simpler words? 「もっと簡単な言葉を使ってもらえますか?」

Would you mind speaking more slowly?

「Would you mind speaking more slowly?」は、「もっとゆっくり話していただいてもよろしいですか?」という意味です。

先ほども紹介したとおり、「Would you mind 〇〇」でより丁寧に相手にお願いをすることができるので、ビジネスシーンやフォーマルな会話でも使うことができます。

また、「もっとゆっくり話して欲しい」と言いたい時には、以下のような表現を同じ意味で使うことができます。

  • Could you speak more slowly?
    「もう少しゆっくり話してもらえますか?」
  • Could you please speak more slowly?
    「もう少しゆっくり話していただけますか?」
  • Can you say that more slowly?
    「もっとゆっくり言ってもらえますか?」
  • Can you repeat that more slowly?
    「もっとゆっくり繰り返してもらえますか?」

「Could」や「please」、「sorry」も相手や状況に応じて使い分けることで、その場にあった丁寧な文章を作りましょう。

上記のフレーズを使った例文には以下のようなものがあります。

  • You are talking so fast. Can you say that more slowly?
    「あなたは話すのが早すぎます。もう少しゆっくり話してもらえますか?」
  • Sorry, Could you speak more slowly? Because I just started studying English.
    「すみません、もう少しゆっくり話していただけますか?私まだ英語の勉強を始めたばかりで。」

Could you say that a little louder please?

「Could you say that a little louder please?」は、「もう少し大きな声で言ってもらえませんか?」という意味で使えるフレーズです。

電話の最中などで雑音が多いときや、単純に相手の声が小さくて聞き取れないときに使うことができます。

他にも似た表現には以下のようなフレーズがあります。

  • Could you speak up a bit please?
    「少し大きな声で話していただけますか?」

大きい声で話してもらいたいときは、「大きな声で話す」という意味の「speak up」や「より大声で」を意味する「louder」を使うことができます。

上記の2つの表現は、頻出なので覚えておくと便利ですよ。

Could you use simpler words?

「Could you use simpler words?」は、「簡単な単語を使ってもらえますか?」という意味です。

相手の英語が聞き取れても、意味が分からないと言うこともありますよね。

また、英語を勉強し始めたばかりの方や、まだ英会話に慣れていなければ、難しい単語だと理解できない場合が多いです。

「simpler」は「簡単な」という意味なので、もっと分かりやすく話してという意味で使えますよ。

また、同じような表現には以下のようなフレーズがあります。

  • Would you mind using easier words?
    「もう少し簡単な単語を使っていただけますでしょうか?」
  • Could you say that in a different way?
    「違う言い方で言っていただけますか?」
  • Could you please rephrase that?
    「別の表現で言い換えていただけますか?」
  • What do you mean?
    「どういう意味ですか?」

英語が難しくて自分には分からない場合は、上記のように言い換えてもらうようにお願いすることも良いでしょう。

また、直接意味を聞くことでも自分が英語を理解できていないことが伝わりますよ。

相手の言っていることが部分的に聞き取れなかった場合に使えるフレーズ

疑問に思う男性

相手が何て言っているのか全く分からないのではなく、部分的に聞き取れないという場合もありますよね。

そのような場面で、相手の言葉の一部分だけを聞き返す際に使えるフレーズには以下のようなものがあります。

  • I didn’t get the first word.
    「最初の単語が聞き取れませんでした。」
  • I missed the last part.
    「最後の部分を聞き逃しました。」
  • You did what?
    「何をしたって?」
  • You went with who?
    「誰と行ったって?」
  • You went where?
    「どこに行ったって?」
  • You went when?
    「いつ行ったって?」

相手の話の一部分だけ聞き取れなかった場合は、上記のようなフレーズを使いましょう。

どこが聞き取れなかったのか明確に伝えることで、相手も話しやすくなります。

また、話を聞く姿勢を見せることもできるのでおすすめですよ。

話の一部分を聞き返す場合は「5W1H」を使おう!

上記の例文でも分かる通り、聞き取れなかった部分は「what」「who」「when」「where」「which」「how」などを使うことで、聞くことができます。

また、最後の部分という「last part」や最初の部分という「first part」も一緒に使える表現なので覚えておきましょう。

しかし、相手の言っていることが全て聞き取れたけど一部分だけ意味が分からないということもありますよね。

そんなときには以下のフレーズで質問すると良いでしょう。

  • What does 〇〇 mean?
    「〇〇とはどんな意味ですか?」

相手の言っている意味が分からないときは、他の言葉で言い換えてもらうこともできますが、上記のように聞くことで知識も増えるのでおすすめですよ。

聞き取れているのか不安なときに使えるフレーズ

相手の言っていることがある程度聞き取れていても、正確に聞き取れているのか不安な場合もありますよね。

相手の言っていることについて確認したい際に使えるフレーズには以下のようなものがあります。

  • you mean 〇〇 ?
    「〇〇ということですか?」
  • Did you mean 〇〇 ?
    「〇〇という意味ですか?」

上記のフレーズはネイティブでもよく使う表現です。

〇〇には自分が受け取った意味を入れて伝えるようにしましょう。

自分の認識が間違っている場合、知識としてより定着させることができるので、何でも聞き返すよりおすすめですよ。

相手の言っていることが分からないと伝えたいときに使えるフレーズ

疑問に思う男性

相手が何て言っているのか聞こえない、聞こえても意味が分からない、雑音が多いなど、あらゆる状況がありますよね。

そんなときに自分の状況を伝えるために使える英語のフレーズには以下のようなものがあります。

  • I can’t hear you well. 「あなたの声がよく聞こえません。」
  • I didn’t catch what you said. 「あなたの言っていることが聞き取れませんでした。」
  • I don’t understand. 「理解できません。」
  • How do you spell it? 「どのような綴りですか?」

I can’t hear you well.

「I can’t hear you well.」は「あなたの声があまりよく聞こえません。」と伝える際に使えるフレーズです。

電話越しの会話で相手の声が聞こない時にも使える表現で、ネイティブでもよく使う便利な表現なので覚えておきましょう。

「I can’t hear you well.」を使った例文は以下のようになります。

  • There is a lot of noise. I can’t hear you well.
    「雑音が多いですね。あなたの声があまりよく聞こえません」
  • I can’t hear you well because we have bad reception.
    「電波が悪いので、あなたの声がうまく聞こえません。」
  • I’m sorry, I can’t hear you well. So could you say that a little louder please?
    「すみません、あなたの声がよく聞こえません。もう少し大きい声で話してもらえますか?」

また、似ている表現には以下のようなフレーズがあります。

  • I can hardly hear you.
    「あなたの声がほとんど聞こえません。」

「hardly」には「ほとんど〇〇ない」という意味があるので、覚えておくと便利ですよ。

I didn’t catch what you said.

「I didn’t catch what you said.」は、「あなたが何て言ったのか聞き取れませんでした。」という意味です。

この表現は相手が早口である場合や、周りがうるさい場合など、何かしらの理由があり相手の言っていることが聞き取れない際に使う表現です。

「catch」は「捕まえる」という意味がありますが、ここではあなたの言っていることが「捕らえられなかった」という意味で使われます。

「I didn’t catch what you said.」を使った例文は以下のようになります。

  • I didn’t catch what you said. Can you say that more slowly?
    「あなたの言っていることが聞き取れませんでした。もう少しゆっくり言ってもらえますか?」
  • You are talking so fast. I didn’t catch what you said.
    「あなたは話すのが早すぎます。言っていることが聞き取れないです。」
  • Sorry, I didn’t catch what you said.
    「ごめんなさい、あなたの言っていることが聞き取れませんでした。」

I don’t understand.

「I don’t understand.」は「理解できません。」という意味です。

英語をききとることはできていても、言っている意味が分からない場合に使うことができます。

そもそも英語が理解できない場合は、聞き返すのではなく理解できない旨を伝えるようにしましょう。

似たような意味で使えるフレーズには以下のようなものがあります。

  • What does that mean?
    「どういう意味ですか?」
  • I don’t get it.
    「理解できません。」
  • I don’t understand what you mean.
    「あなたの言っていることが理解できません。」
  • I’m a little confused.
    「私は少し混乱しています。(ちょっと意味が分からないです。)」
  • I can’t keep up with you.
    「あなたについて行けなくなりました。」
  • I’m totally lost.
    「全く分からないです。(ちんぷんかんぷんです。)」

上記のフレーズも「理解できない」という意味で使えるフレーズです。

また、「at all」や「quite」を使うことで、全くわからないと伝えることができるので、一緒に覚えておきましょう。

ちなみに以下の記事では「理解する」の英語表現を紹介しているので、参考にしてみてください。

理解するは英語でなんていう?例文や会話で使える英語表現も紹介

「理解できない」という英語のフレーズを使った例文を紹介!

「理解できない」という英語のフレーズを使った例文は以下の通りです。

  • Sorry, I don’t get it at all. Could you use simpler words?
    「ごめんなさい、全く理解できないです。もう少し簡単な言葉を使ってもらえますか?」
  • I can’t keep up with you. Could you please speak more slowly?
    「あなたについていけなくなりました。もう少しゆっくり話していただけますか?」
  • What does that mean? I don’t understand.
    「どういう意味ですか?私は理解できません。」
  • I don’t think I get it.
    「私は理解できていないと思います。」

上記の例文のように、相手の言っていることが理解できない場合は「sorry」を使うことがおすすめです。

また、理解できているか不安な場合には「I don’t think」や「I think」をつけて相手に伝えましょう。

相手の言っていることが正確に理解できているか不安な時に使えるフレーズには、以下のようなものがあります。

  • I’m not sure if I understand it correctly.
    「それを正しく理解しているかわからないです。」
  • I don’t have confidence that I correct understand it.
    「私はそれを正しく理解しているか自信が持てないです。」

How do you spell it?

「How do you spell it?」は「どのようなスペルですか?」という意味です。

相手の言っていることが分からない場合はスペルを聞くことも一つの手です。

また、電話で相手と話している際など、正確に聞き取れているか不安な時に、念のためにスペルを聞くこともおすすめです。

英語は聞き取れたけど意味が分からないという場合でも、スペルを聞くことで調べることができます。

特に自己紹介など、日本人にとって外国人の名前は馴染みがなく、よく聞き取れないことは多いと思います。

そのような際もスペルを聞くことで、正確に覚えることができますよ。

「How do you spell it?」を使った例文には以下のようなものがあります。

  • How do you spell your name?
    「あなたの名前のスペルはなんですか?」
  • How do you spell the world?
    「その単語のスペルは何ですか?」
  • How do you spell ○○?
    「○○の綴りを教えてください。」

分からない事はそのままにしないで聞くことが重要!

人差し指

英語で会話している際に、聞き取れないことや、意味が分からないことはよくあることです。

そんな時に、なんとなく話すことや、分からないままにしておくことはやめましょう。

分からないことを聞くことが恥ずかしいと思っている方もいると思いますが、分からないことがあるのは当たり前です。

分からないときに、相手に聞くことで自分の知識にもつながり定着させることができます。

ま分からないままにして後から困ることがないように、その場で正確に理解することが重要ですよ。

また、全てにおいてわからないというのではなく、どこの部分が聞き取れなかった、自分はこのように理解した、など話を聞く姿勢も大切です。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した、英語で聞き返す際に使えるフレーズは以下の通りです。

  • Sorry?
  • Excuse me?
  • Pardon?
  • What?

上記のフレーズは、カジュアルなシーンやビジネスシーンなど、相手や状況に応じて使い分けることが重要です。

また、あらゆる聞き返し方を知ることでより気軽に聞き返せるようになり、コミュニケーションもうまくとれるようになります。

分からないときに聞き返すことは大切なことなので、ぜひ今回の記事で紹介したフレーズを参考にして会話を楽しんでください。

ちなみに以下の記事では、独学での英会話の勉強法を紹介しています。

気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

独学での英会話勉強法4選!初心者でも続けるコツを紹介