英語の挨拶パターンって何がある?状況に合わせた挨拶や返答を例文付きで解説

英語の挨拶パターンって何がある?状況に合わせた挨拶や返答を例文付きで解説-アイキャッチ

「ビジネスシーンでの英語の挨拶の仕方が分からない。」

「英語の挨拶ってHow are you?しか分からないから、状況によって使い分けたい!」

英語で挨拶する場面で、上記のように悩む方もいますよね。

英語の挨拶には、カジュアルからフォーマルなもの、久しぶりの相手やビジネスシーンなど、状況によってあらゆるパターンの挨拶があります。

相手と話す場合基本的に挨拶から始まるので、状況に合わせた挨拶を使い分けられると便利ですね。

そこで今回は、様々なシーンに合わせた英語での挨拶フレーズや、それぞれの返答の仕方を例文付きで紹介します。

英語での挨拶がワンパターンしか知らないという方もぜひ参考にしてみてください。

目次

自分から相手に挨拶する場合に使える英語フレーズ

紹介

自分から相手に話しかける際に使える挨拶の英語フレーズには以下のようなものがあります。

  • How are you?
    「調子はどうですか?」
  • How do you do?
    「ご機嫌いかがですか?」
  • How are you doing?
    「調子はどう?」
  • How’s everything?
    「調子はどう?」
  • How’s life?
    「最近どう?」
  • What’s up?
    「元気?」

How are you?

「How are you?」は、挨拶として日本でもよく知られている表現で、挨拶のフレーズはこれしか知らないという方もいると思います。

「How are you?」は「元気ですか?」「調子はどうですか?」という意味で使うことができます。

また、フォーマルな表現でもあるので、少しかたい場面でも使うことができるので覚えておくと便利です。

「How are you?」と聞かれた際の返事としては、「I’m fine.」が思いつく方も多いと思いますが、他にも返事の種類は様々なので、紹介します。

「How are you?」と聞かれた場合に使える返事や例文を紹介!

「How are you?」と聞かれた時の返事のフレーズには以下のものがあります。

  • I’m fine.
    「元気です。」
  • I’m good!
    「元気だよ!」
  • I’m OK.
    「普通かな。」
  • Same as usual.
    「いつも通りだよ。」

ちなみに、「I’m fine.」は少しかたい表現なので、仲の良い友人やカジュアルな場面ではあまり使いません。

また、「How are you?」はそのまま聞き返して使うこともできるので、返事が思いつかない場合はとりあえず同じように聞き返してみましょう。

「How are you?」を使った例文は以下のようになります。

  • A: Hi! How are you?
    「やあ!調子はどう?」
  • B: Hello! How are you?
    「やあ!調子どう?」
  • A: I’m good.
    「元気だよ。」
  • Taro: How are you?
    「調子はどうですか?」
  • Ken: I’m fine. Thank you for asking. How are you?
    「元気です。聞いてくれてありがとう。調子はどうですか?」
  • Taro: I’m great.
    「元気ですよ。」

How do you do?

「How do you do?」は、「ご機嫌いかがですか?」「はじめまして」などという意味で使われ、他の表現に比べて堅苦しい印象になります。

非常に丁寧で、昔使われていたフレーズなので今では「How are you?」の方が一般的です。

そのため、フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも、今ではあまり使われなくなってきたフレーズです。

しかし、今でも使う方もいるため覚えておくと便利でしょう。

また、「How do you do?」には「How do you do?」で返すことも多いです。

例文は以下のようになります。

  • A: How do you do?
    「はじめまして。(ご機嫌いかがですか?)」
  • B: How do you do?
    「はじめまして。(ご機嫌いかがですか?)」

How are you doing?

「How are you doing?」は「How are you?」よりもカジュアルに使える表現です。

意味は同じように「調子はどう?」となり、友人やカジュアルな場面で使うことができます。

また、ビジネスシーンで使ってしまうと相手に失礼になってしまうことがあるので気を付けましょう。

もう少しフォーマルな場面で使いたいという場合は、後ろに「today」を付けるようにしましょう。

「How are you doing today?」とすることで、フォーマルな場面でも使えるとともに、相手に親しみやすい印象を与えることができます。

また、電話などの対応でもよく使われる表現なので覚えておくと便利ですよ。

「How are you doing?」を使った例文を返事も一緒に紹介!

「How are you doing?」と聞かれた時の例文には以下のものがあります。

  • Takuma: Hi Yuki! How are you doing?
    たくま: 「やあゆうき!調子どう?」
  • Yuki: Hi! Good!
    ゆうき: 「元気だよ!」
  • A: How are you doing today?
    「調子はどうですか?」
  • B: I’m doing well.
    「元気ですよ。」

「How are you doing?」は相手や状況に応じて使い分けしやすいフレーズなので、挨拶の場面で積極的に使ってみましょう。

How’s everything?

「How’s everything?」も「元気?」「調子はどう?」という意味で使える挨拶のフレーズです。

直訳すると、「全てはどうですか?」という意味にもなり、体調や仕事など相手のあらゆるkとに関して近況を聞く意味も持ちます。

また、「How’s everything going?」と「going」を付けることもありますが、特に意味は変わりません。

「going」で「進んでいる」という意味が含まれ、「調子はどう?」と近況を聞くフレーズです。

会うまでに少し間が空いている場合や、最近の相手の状況が分からないという場合にも使えます。

カジュアルな表現なので、友人との挨拶などで使いましょう。

「How’s everything?」を使った例文を返事も一緒に紹介!

「How’s everything?」と聞かれた時の例文には以下のものがあります。

  • A: How’s everything?
    「調子どう?」
  • B: Everything is all right!
    「良いよ!」
  • A: How’s everything going?
    「元気?」
  • B: Everything is OK.
    「うん、元気だよ。」
  • A: How’s everything going?
    「元気だった?」
  • B: I’m OK.
    「普通かな。」

上記のように、一度「How are you?」と聞いて相手からの返事が短いときや簡単だったときに、続けて「How’s everything going?」と使うこともできます。

挨拶をした時に、相手の反応が簡単でもっと深く知りたいという時は、ぜひ使って見てください。

How’s life?

「How’s life?」も「最近どう?」「調子どう?」という意味で使われる挨拶フレーズです。

直訳すると、「人生どう?」という意味なので、相手の近況を知りたいときに使えますね。

また、カジュアルなフレーズなので、仲の良い友人やフランクに話したいときに使います。

他にも学校の先生に使われることもあるので、覚えておくと対応しやすいです。

同じように使えるフレーズとして、「How’s it going?」があります。

「How’s it going?」もカジュアルな場面で使う挨拶フレーズで、耳にすることも多いです。

「How are you?」をカジュアルにしたフレーズなので、使う相手には気を付けましょう。

「How’s life?」や「How’s it going?」を使った例文を返事も一緒に紹介!

「How’s life?」や「How’s it going?」と聞かれた時の例文には以下のものがあります。

  • A: Hi! How’s life?
    「やあ!調子はどう?」
  • B: Pretty good!
    「とても良いよ!」
  • A: How’s it going?
    「調子どう?」
  • B: Great. You?
    「いいよ。あなたは?」

「pretty」には「とても」という意味があるので、「Pretty good」で「とても良い」「かなり順調」という意味になります。

しかし、相手の表情や言い方によっては、「Pretty good」で「まあまあ」と表すこともあるので、相手を見て判断しましょう。

また、「You」を使って簡単に聞き返すことができるので、友人相手などに挨拶を返す時に使いましょう。

What’s up?

「What’s up?」は「What are you up to?」の省略形で「最近どう?」という意味になります。

非常にカジュアルなフレーズなので、親しい友人相手に使うようにしましょう。

また、友達間でよく使われる表現なので、覚えておくとネイティブでも役に立ちますよ。

少し意味は変わりますが、同じようなニュアンスで使うフレーズとしては「What’s new?」があります。

「What’s new?」は直訳すると「何か新しいことはある?」となり、「何か変わりはあった?」という意味で使えます。

他にもカジュアルにしたフレーズに、「調子どう?」という意味の「What’s going on?」があります。

このフレーズも友人間で使えるので覚えておきましょう。

「What’s up?」を使った例文を返事も一緒に紹介!

「What’s up?」と聞かれた時の例文には以下のものがあります。

  • A: What’s up?
    「調子どう?」
  • B: Nothing much. You?
    「特に変わらないよ。あなたは?」
  • A: What’s new?
    「何か変わったことある?」
  • B: I’ve been pretty busy.
    「最近とっても忙しかったよ。」

挨拶として、友人から調子を聞かれたときに「特に変わりない」という意味の「Nothing much」はよく使うフレーズです。

また、「What’s up?」は会話を始めるために使われる最初の一言でもあるので、相手に対して呼びかけるようなニュアンスもあります。

相手に話しかけたいけど、何て話しかければ良いか分からない、という場合にも使うことができますよ。

ビジネスシーンでも使える英語の挨拶フレーズを紹介!

紹介

これまでカジュアルな挨拶フレーズや、あらゆる場面で使える挨拶フレーズを紹介しましたが、ビジネスシーンでの挨拶フレーズも知りたいですよね。

今回紹介するビジネスシーンで使える英語の挨拶フレーズには以下のものがあります。

  • How do you do sir/madam?
    「はじめまして。」
  • It’s a pleasure to meet you.
    「お会いできて光栄です。」
  • Thank you for your time today.
    「本日はお時間ありがとうございます。」
  • I’m glad to see you again.
    「また会えて嬉しいです。」

How do you do sir/madam?

「How do you do sir/madam?」は上記でも紹介したとおり「はじめまして」という意味があり、非常に丁寧なフレーズです。

また、相手が男性の場合には「sir」、女性の場合には「madam」を付けるようにしましょう。

「sir」や「madam」は他の挨拶のフレーズとも組み合わせて使えるので、ビジネスシーンや目上の方と話す時のために覚えて起きましょう。

「How do you do」は最近では使わないこともあるので、状況に応じて「How are you?」を使うこともおすすめです。

「How are you sir/madam?」でも十分フォーマルに使うことができますよ。

「How do you do sir/madam?」を使った例文や返事を紹介!

「How do you do sir/madam?」を使った例文や返事には以下のようなものがあります。

  • A: How do you do madam?
    「はじめまして。」
  • B: How do you do sir?
    「はじめまして。」
  • A: Hello. How are you sir?
    「こんにちは、調子はどうですか?」
  • B: Couldn’t be better. Thank you. And you?
    「いいですよ。ありがとうございます。あなたはどうですか?」

「How are you?」はフォーマルでも使えますが、とてもかしこまっている印象もないので、親しみやすく話すことができます。

仕事で仲の良い相手や、仕事以外でも親交のある相手などに使うことがおすすめです。

It’s a pleasure to meet you.

「It’s a pleasure to meet you.」は、「お会いできて光栄です。」「お目にかかれてうれしいです。」という意味で使えるフレーズです。

ビジネスシーンで初めて会う方に対して使える挨拶です。

「I’m pleased to meet you.」というように言い換えもできるので、どちらの言い回しも覚えておくと良いでしょう。

同じような意味で使えるフレーズには、「It’s an honor to meet you.」や「I’m honored to meet you.」があります。

「honor」は「光栄だ、名誉だ」という意味なので、フォーマルに使える単語です。

「It’s a pleasure to meet you.」を使った例文や返事を紹介!

「It’s a pleasure to meet you.」を使った例文や返事には以下のようなものがあります。

  • A: It’s a pleasure to meet you.
    「お会いできて光栄です。」
  • B: The pleasure is all mine.
    「こちらこそお会いできて光栄ですよ。」
  • A: It’s an honor to meet you.
    「お会いできて光栄です。」
  • B: Same here.
    「私も同じです。」

「The pleasure is all mine.」は直訳すると、「喜びは全て私のもの」となり、「光栄なのは私の方ですよ」という意味で「こちらこそ」と使うことができます。

ビジネスシーンで初めて会う方に、挨拶された場合の返事としてよく使われる表現なので覚えておくと便利ですよ。

また、「Same here」や「Likewise」も同様に「こちらこそ」、「私も同じです。」という意味の返事惰できます。

Thank you for your time today.

「Thank you for your time today.」は「本日はお時間いただきありがとうございます。」という意味でビジネスシーンの挨拶で使うことができます。

相手に時間をとってもらった場合や、これから時間をとってもらう場合、どちらにも使うことができます。

また、実際にあった時の挨拶だけでなく、メールや電話でも使うことのできる表現なので、幅広いシーンで利用できますよ。

また、同じような意味で使えるフレーズとして「Thank you for taking time from your busy schedule.」があります。

意味は「お忙しいところ、お時間いただきありがとうございました。」となるので、最後にもう一度挨拶する際にも使えます。

「Thank you for your time today.」を使った例文や返事を紹介!

「Thank you for your time today.」を使った例文や返事には以下のようなものがあります。

  • A: Thank you for your time today. It’s a pleasure to meet you.
    「本日はお時間いただきありがとうございます。お会いできて光栄です。」
  • B: Likewise.
    「こちらこそ。」
  • A: Thank you for your time today.
    「本日はお時間をいただきありがとうございます。」
  • B: Not at all.
    「いえいえ、こちらこそ。」

I’m really glad to see you again.

「I’m really glad to see you again.」は、「あなたにもう一度会えて本当にうれしいです。」という意味で挨拶に使うことができます。

ちなみに、「meet」は初めて会う方に対して使い、「see」は二度目以降に会う方に対して使います。

相手が初対面かすでに会っている人なのか分からない場合は、「see」を使うようにしましょう。

また、「really」は「本当に」という意味で嬉しさを強調する単語なので、なくても意味はほとんど同じですが心から嬉しいと伝えたいときは使うと良いでしょう。

また、同じようなフレーズとして「I was looking forward to seeing you.」があります。

意味は「あなたに会うことを楽しみにしていました。」となるので、再会の場面にも初対面の場合にも使うことができます。

「I’m really glad to see you again.」を使った例文や返事を紹介!

「I’m really glad to see you again.」を使った例文や返事には以下のようなものがあります。

  • A: I’m really glad to see you again.
    「あなたにもう一度会えて嬉しいです。」
  • B: It’s my pleasure to see you as well.
    「私も同じく嬉しいです。」
  • A: I’m really glad to see you again. Hoe have you been?
    「あなたにもう一度会えて嬉しいです。元気でしたか?」
  • B: I’m really glad to see you again, too. I have been good.
    「私も嬉しいです。元気でしたよ。」

「I’m really glad to see you again.」と言われた際の返事としては、そのままおうむ返しして「too」を付けることも多いです。

ちなみに初対面であれば、「I’m really glad to meet you .」と「meet」に変えることで使うことができます。

以下の記事では「嬉しい」を表す単語やフレーズを紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

嬉しいを表現する単語やフレーズを例文付きで解説!使い分けや返答も紹介

久しぶりに会う場合に使える英語の挨拶フレーズを紹介!

紹介

今回紹介する久しぶりに会う場合に使える英語の挨拶フレーズには以下のものがあります。

  • How have you been?
    「元気だった?」
  • What have you been up to?
    「最近どうしていたの?」
  • How long has it been?
    「どれくらい会っていない?」
  • It has been a long time.
    「お久しぶりです。」

How have you been?

「How have you been?」は、「元気だった?」という意味で使うことができ、友人や知り合いに久しぶりに会ったときに使える表現です。

また、相手の家族や友人について聞きたいときも「you」の部分を変えて使うことができるので覚えて起きましょう。

相手の兄弟について聞きたい際は「have」を「has」にかえて、「How has your brother been?」で「あなたの兄弟は元気ですか?」と聞くことができます。

「How have you been?」は「How are you?」と同じように使うことができますが、大きな違いとして現在完了形なので、過去から今までの事に関する質問として使われます。

「How have you been?」を使った例文や返事を紹介!

「How have you been?」を使った例文や返事には以下のようなものがあります。

  • A: Hi! Taro. How have you been?
    「こんにちは太郎!元気だった?」
  • B: I have been busy with work.
    「仕事ですごく忙しかったよ。」
  • A: How have you been recently?
    「最近元気だった?」
  • B: I have been pretty good, thank you.
    「とても元気だったよ。ありがとう。」

「How have you been?」は現在完了形の質問なので、答える際も「I have been 〇〇」と現在完了形を使うようにしましょう。

また、特に最近の調子について聞きたいときは「recently」を付ける必要があります。

久しぶりの相手に対して、「How have you been?」は頻出フレーズなので、答え方もぜひ覚えて起きましょう。

What have you been up to?

「What have you been up to?」は、「最近どうしていたの?」という意味で、久しぶりに会う友人などに使うフレーズです。

ネイティブでもよく使われる頻出のフレーズなので、聞かれたときに困らないようにしておきましょう。

「How have you been?」と使い方が似ていますが、「How have you bee」は元気だったか、調子は良かったかなどの感情を聞いています。

しかし、「What have you been up to?」ではより具体的に何をしていたのか、実際の事実を聞くフレーズなので、返答の仕方に差が出ます。

「What have you been up to?」を使った例文や返事を紹介!

「What have you been up to?」を使った例文や返事には以下のようなものがあります。

  • A: What have you been up to?
    「最近どうしていたの?」
  • B: The same as usual.
    「いつも通りです。」
  • A: What have you been up to lately?
    「最近どうしていたのですか?」
  • B: I have been busy.
    「最近は忙しかったです。」

ちなみに、「What have you been up to?」と同じような意味で「What have you been doing?」も使えるので、一緒に覚えておきましょう。

また、「lately」は「recently」と同じく「最近」という意味ですが、「recently」よりも使われる表現です。

少しかたくなるので、仲の良い友人との間ではあまり使わないこともあります。

How long has it been?

「How long has it been?」は直訳すると「それはどれくらいかかりましたか」となり、「どれくらい会っていない?」「久しぶり」という意味で使われるフレーズです。

長期間会っていなかった相手や本当に久しぶりの友人などに対してよく使われます。

また、フレーズの後に「since 過去形の文章」を付け加えることでより具体的な文章を作ることができます。

具体的な使い方は後ほど紹介しますが、状況や話す内容に合わせて幅広く使うことができるフレーズなので、非常に便利です。

「How long has it been?」を使った例文や返事を紹介!

「How long has it been?」を使った例文や返事には以下のようなものがあります。

  • A: How long has it been?
    「久しぶり!」
  • B: Long time no see.
    「久しぶり!」
  • A: How long has it been since you met your brother?
    「あなたはあなたの兄にいつから会っていないの?」
  • B: I don’t remember.
    「覚えていないよ。」
  • A: How long has it been since we went to Kyoto?
    「私たちが京都に行ってからどれくらい経った?」
  • B: I can’t recall it.
    「思い出せない!」

上記の例文のように、「〇〇からどれくらい経った」など応用できるので覚えておきましょう。

また、「Long time no see .」も「久しぶり」という意味のフレーズです。

It has been a long time.

「It has been a long time.」は「久しぶり」という意味ですが、半年以上の期間会っていない相手に使うフレーズです。

似ているフレーズとして以下の2つがあります。

  • It has been a while.
  • It has been ages.

上記のフレーズは全て「It has been 〇〇」というかたちで〇〇の部分が表す期間によって使う相手も変わります。

「a while」は比較的短期間の場合、「a long time.」は中期的に会っていない場合、「ages」は数年単位など長年会っていない場合に使われます。

期間は漠然としているので、この期間はこのフレーズとは決まっていませんが、覚えておくと使い分けしやすいですよ。

「It has been a long time.」を使った例文や返事を紹介!

「It has been a long time.」を使った例文や返事には以下のようなものがあります。

  • A: It has been a long time. How have you been?
    「久しぶり。元気だった?」
  • B: I have been good! Thank you. How about you?
    「元気だったよ!ありがとう。あなたはどう?」
  • Taro: Hi Kaori! It has been a while. What have you been up to?
    「かおりこんにちは!久しぶり。最近どうしていたの?」
  • Kaori: The same as usual.
    「いつも通りだよ。」

上記の例文のように、「It has been a long time.」の後に「How have you been?」など相手に質問することで、話も広げやすいですよ。

時間や状況に合わせた挨拶では以下のフレーズも使おう!

時間や状況に合わせた挨拶として、以下のフレーズも覚えて起きましょう。

  • Good morning.
    「おはようございます。」
  • Good afternoon.
    「こんにちは。」
  • Good evening.
    「こんばんは。」
  • Good night.
    「おやすみ。」
  • See you later.
    「また後で。」

上記のように時間に合わせたフレーズは、カジュアルなシーンからビジネスシーンまで幅広く使うことができます。

文章の最初や最後に一言加えて、時間を考えて挨拶しましょう。

英語で挨拶された場合に使える返事のフレーズのまとめ

「あー」って英語でなんて言うの?よく使われる15の繋ぎの表現と接続表現を紹介!

上記で紹介したような挨拶をされた場合に使える返事の仕方には、主に以下のようなフレーズがあります。

英語 日本語
I’m good. 調子よいよ。
Pretty good. とても元気です。
Couldn’t be better. 最高だよ。
Nothing much. 特に何もないよ。
Same as usual. 今まで通りかな。
Could be better. あんまり良くないかな。
Not so good. そんなに良くないよ。

例文で紹介したフレーズもありますが、頻出なので覚えて起きましょう。

挨拶に返事をする際のポイントを解説

相手から挨拶をされた場合、「ありがとう」というお礼の言葉や「あなたは?」というように相手の調子も気遣う言葉が大切です。

挨拶をされた際に、挨拶のみで返してしまうと話も続かずすぐに終わってしまいます。

状況にもよりますが、基本的に自分から話題を振って返事だけでなく話を続けられるように工夫しましょう。

調子を聞かれた場合に、元気だったか元気でなかったか、答えることが一般的ですよね。

その際は理由もつけることでより具体的な内容を相手に伝えることができるのでおすすめです。

理由を話す際は、「Because」を使って続けてみましょう。

英語の挨拶パターンまとめ

いかがでしたか?

今回紹介したよく使える頻出の挨拶には以下のフレーズがあります。

  • How are you?
  • How do you do?
  • How are you doing?
  • How’s everything?
  • How’s life?
  • What’s up?

他にもビジネスシーンに合わせたフレーズや会う期間などの状況に合わせたフレーズもたくさんあります。

挨拶をする際は、相手や状況に合わせたフレーズを使うように心がけましょう。

また、挨拶された場合もなるべく話を続けることが大切です。

挨拶も挨拶への返答もパターンはたくさんあるので、今回の記事を参考にあらゆる種類を覚えて使い分けましょう。

ちなみに以下の記事では挨拶に関連して、英語での自己紹介やビジネス英語の書き出しを紹介しています。

どちらも挨拶と一緒に使えるフレーズを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

英語で自己紹介!ビジネスでもプライベートでも使えるフレーズや職業別の自己紹介まで徹底解説

ビジネス英語メールの書き出しを紹介!使えるフレーズや使い分けも解説