デスクワーカーのためのストレッチ方法を紹介

姿勢命ガブちゃんがデスクワーク漬けの皆にやらせたいストレッチ 2016.01.08

    Writer:
パソコンで肩こりがつらい女性

東晶貿易で働き始めてもう二カ月。
ぶっちゃけ、毎日同じ席で、何時間もパソコンでカタカタ打っていると、まー疲れるんです。

目から首、首から肩、肩から背中、そして背中から腰へと急に歳をとったかのように、疲れの塊が出来始める。
同じ姿勢でずっと座っているからですよね。

でもデスクワークなのでそれはなかなか避けられない現実。
「あーしんどいわー」なんて時はこのTCM記事のことを思い出して下さいね(うふ)。

ガブちゃんは座りながらこんなストレッチをします

私が「あーしんどいわー」なんて時に真っ先するのは、マッチョポーズ

両腕に力こぶが出来るようにして、超鳩胸になるんです。
背中の真ん中に肩甲骨という名の丸いボールがぶつかりながら、それと同時に雄々しくマッチョポーズを決め込みます。
それをする度、頭の中ではライオンキングの曲が流れているのですが、他人からすればただ無音ですね。
その東晶貿易オフィスの雰囲気が私は好きです。

さて、そんなライオンキングの話は置いておいて、ガブちゃんマッチョポーズでは、肩・腕・背中・腰を一気に伸ばすことが出来ます。

背筋を伸ばしたまま、左右へとひねってマッチョアピールしましょう。可能なら、肩甲骨を出来るだけ後ろへ入れ込むこと。

これでガブちゃんの仲間入りです。

マッチョポーズ、今やってみて下さい。
なんか、面白いでしょ。
ライオンキング聞こえますか?

あと、首のストレッチも必要です。人は顔より下側の方へと顔を向けていると、想像以上に首へのストレスがかかります。
首の筋は背部の筋肉へと直結していますから、座ってなんとなくパソコンを見ていたりすると背筋を伸ばしたくなるわけですね。

姿勢を良くして上下左右へと10秒ずつ顔を向けてみましょう。
ベタなストレッチですが、これをするのとしないとでは結構疲れ方が変わります。

立つ度にすべきストレッチ!

何時間も同じ席に座るとしても、トイレに行く際やお茶を汲みに行く際に立つことがあります。

そんな時は頂きました!
ストレッチチャーンス

脚をクロスして、そのまま前屈をするのです。
これをする度、エンヤのネバーギブアップが心のBGMとして流れているのですが、そんなこと東晶貿易の誰も知りません。

この前屈がなぜ良いかというと、普通の前屈よりもこちらの方が骨盤の伸びが良いからです。
エンヤの美声に浸りながら、伸ばしにくい骨盤の筋をガブちゃんはいつもストレッチしている訳です。

肩幅に脚を開いて、腰から上を真横に傾けるのも勧めたいですね。
このストレッチで腰方形筋という腰の横側の筋肉を伸ばすことが出来るのですが、この筋が硬い人の椎間板ヘルニアにかかってしまうリスクは、平均レベルの柔らかさの人に比べて何倍も高くなってしまいます。
デスクワークの人にこの病気が多い理由が分かりますね。

なので、デスクワーク漬けの東晶貿易の皆さまには是非この筋は伸ばして頂きたい!(泣)

TCMを通して伝えたいガブちゃんからのメッセージ

どんな仕事でも体が資本です。
デスクワークでも体へのストレスは結構ありますから、出来る限り体へのストレスは軽減させておきたいです。

TCMを通してそんな願いを、東晶貿易の皆さんへ、そしてあなたに伝えたかった。

心の「あーしんどいわー」は疲れの信号ですから、その都度青信号に変えておきましょう。


あ、これはただの希望ですが、筋を伸ばせば、成績も伸びるかもしれません。
Writer:
のオススメ記事
ららすんがフローラルスリールに潜入
東晶の裏側フローラルスリールに潜入しました
東晶貿易株式会社のEC事業、フローラルスリール。ショップの商品であるプリザーブドフラワーの制作現場に潜入取材してきました。実際に制作を体験したりもしたよ!
満員電車の男性
突然の大雪でも大丈夫!TCM流、満員電車立ちっぱなし対策!
大雪や台風などで電車の中で長い間立ちっぱなしになってしまった時に役立つ、足が痛くならない方法や、マッサージの紹介
女子力のない女子
誰かヘルプ!TCMの女子力が低下しているらしい!?
東晶には素敵な女性陣スタッフがたくさんいらっしゃいます!なのに社内の女子力が低下しているなんて誰がそんな事を言い出したでしょう!?気になった筆者はその噂の原因を突き止めるため調査に乗り出すのだが、知らぬ間に東晶の社内には思いもよらぬ闇が広がっていた!?とある女子社員によるウソみたいな会社事情をお送りします。
キーワードツール
SEO対策に役立つ無料検索キーワード選定ツール5選
キーワード選定に便利なツールを5つピックアップしてご紹介します。キーワード決定までの時間をぐっと短縮して、どんどんコンテンツを産み出しましょう。