災害備蓄についてのライフハック

あれから5年、今こそ考えたい食料備蓄のライフハック! 2016.03.11

    Writer:たむ

みなさんこんにちは、ライターのたむです。

さて、今日は少しだけ真面目な話をしたいと思います。

5年前、2011年の3月11日、みなさんはどこで何をしていましたか?

当時、学生だった僕はサークルのイベント準備をするために、大型ディスカウントストアに居ました。
買い出し班は6人、買い物メモをあらかた埋め終わったところで揺れだしました。

最初は小さな揺れでしたが、やがて棚という棚からダンボールが落ちてきて
「ああ、僕は死んでしまうのか、なんてあっけない」とやけに冷静に考えていたことをよく覚えています。

あれからあっという間に5年が経ちました。
節目というには少し早いかもしれませんが、この機会に災害対策について考えてみるのもいいかもしれません。

というわけで、今回は「非常時の備蓄について」のライフハックをお届けします!

やけに堅くなってしまいましたが、ここからはちょっとだけ元気にお送りにしますよ〜!

「最低3日」を基準に考える

大きな災害が起こった時、家屋の倒壊などで生き埋めになってしまった人が助かるのは「72時間まで」と言われています。

この72時間は「黄金の72時間」と呼ばれており
消防や警察、救助隊は「自分で移動できない要救助者」の救助を最優先するわけです。

そうなると、例えば自宅は無事だったけれど地割れなどで身動きが取れないという場合、自宅にある備蓄品で72時間を乗り切らなければなりません!

なので、災害備蓄品は「最低3日」を基準に考えなければならないのです。

何を備蓄するのが正解なのか?

非常時に本当に必要なものはなんだと思いますか?
とっさに浮かぶのは食料、あとは救急箱あたりでしょうか。

品目自体は正解なのですが、重要なのは「」なんです!

お水の選び方


成人男性が1日に摂取しなければならない水分は「2リットルから3リットル」です。

4人家族で親2人、子2人の場合、3日分20リットル以上の水を備蓄しておかないといけない計算になります。

さらに生活用水は飲料水と別に確保しなければなりません。
3日過ごすだけでこんなに水を使うなんて驚きです!

購入するときは「保存水(備蓄水)」と書かれているものを購入すると
保存期間が5年や7年と長期になっているので備蓄におすすめです。

食べ物の選び方


ほどではないですが、食料も大事な備蓄品目です。

保存がきく缶詰やカンパンなどを用意しておくのがいいのですが
是非考えてみて欲しいのが「カロリー量」です。

救助を待つ間、移動や自宅の片付けなどで体力を奪われる可能性があるため
チョコレートなどの高カロリー食品を用意しておきましょう。

長期間に渡って備蓄品で凌がなければならない場合は、食事に飽きてくる可能性もあるので
調味料も用意しておくとなおいいですね!

「ローリングストック法」で無理なく備蓄を!

さて、ここまで食料などをご紹介してきましたが、やはり家族複数人分となるとかなり場所をとりますし、何より保存期間が過ぎてしまう可能性もあります。

そこで、中期から長期保存が可能なものの買い方として「ローリングストック法」をご紹介します!

①まず、カップ麺などのストック品を買うときに、普段の2倍の量を買います。
②買ってきた「ストック品」を使う場合は古いものから順に使っていきます。
③買ってきた量が半分ほど減ったあたりで、使った量と同じだけ購入します。

この買い方をすれば賞味期限が切れることなく、常にある程度の食料備蓄ができますね!
備蓄品の買い替え時期や場所でお悩みの方、これからはローリングストック法無理なく備蓄しましょう!

5年経ったからこそ、備蓄のチェック!

いかがでしたか?

大きな災害はいつ訪れるかわかりません。
今一度、自宅の備蓄庫をチェックして備えてみましょう!

以上、今日は募金して帰ろうと思っているライターたむがお送りしました!
Writer:たむ
たむ
ライフハック、サブカル、音楽
たむのオススメ記事
色の違う洋服
洋服は色の違いでイメージも全然違う?
洋服の色選びはイメージを左右するポイント!色によってこんなにも印象が変わってしまうものなのです。
TCMペン特集番外編 LAMY2000特集
ペン特集番外編、LAMY2000への異常な愛情!
TCMアイテム特集、前回の愛用ペン特集を受けて、ライターたむが愛用しているボールペン「LAMY2000」に焦点をあててご紹介します。
徒歩帰宅します
大震災へ備えていま出来ること。徒歩帰宅シミュレーション。
熊本の震災があり、現在防災への意識が高まっています。10km以内は徒歩帰宅可能者ということなので、家まで8kmの私が徒歩帰宅にチャレンジしてみました。
ダイエット
ダイエットをしまくっていた私がおすすめの方法を紹介
夏に向けてダイエットをしようと思っているみなさん。今まで数多くのダイエットを試してきたららすんが、おすすめのダイエット法を紹介します。