SEO塾【1回目】ランディングページとLPOについて

SEO塾【1回目】ランディングページとLPO 2016.02.02

    Writer:

熱血SEO塾へようこそ!

私は塾長の「林」ともうします。

SEOといえば東晶貿易、東晶貿易といえばSEO!
そんな東晶貿易内でもSEOの神様と呼ばれるおかむー先生の
1番弟子である私、林が、

愛と!情熱と!確かな!知識を!元に!

皆さんにSEOを極めるのに必要な情報を暑苦しくお届けします!

第1回目はSEO対策に欠かせない「ランディングページ、そしてLPO」についてです!


SEO(Search Engine Optimization)とは

“検索エンジン最適化”のことを指し、Yahoo!さんやGoogleさんなどで検索が行われた時に、検索結果の上位に表示させるための方法なのですが…

それは皆さんもう知ってますよね…?
(知らない人はSEOっとけでしっかり解説しているのでそちらをチェックすべしっ!)

そんなSEOを更にもう一歩踏み込んでいくと、はたまた新たな単語が出てきます。

「LPO」

…?(リトル・ポリス・オフィサー?)

冗談はさておき、LPOとは“Landing Page Optimization”という言葉の略で、SEOでも重要なポイントである“ランディングページの最適化”を図る方法のことです。

ランディングページとは検索結果にでたサイトのURLをクリックした際に出る最初のページのことを指し、このページはとても重要な役割を果たすことになります。

またランディングページを検索者にとって最適化することが、SEOにおける最終的な目的を果たすために効果的な働きをしてくれるのです!

知らなかった人は要Checkでございます!

1:ランディングページのキモは「ハードル」

SEOをやる際には必ずなにかしらの目的があってのことだと思います。

例えば

①自社の商品を購入してもらうため
②自社のサービスを利用してもらうため
③情報提供をして会員登録をしてもらうため


など理由は様々あると思いますが、SEO対策が成功していてページを見てもらえたものの、これらは全てコンバージョン(ウェブサイト上における最終的な成果)を果たさなければ意味がないんです!

このランディングページからコンバージョンを果たすためには、LPO対策の一つでもある“ページ閲覧者にとってハードルの低いゴールを設定する”という方法が効果的になってきます。

例えばネイルサロン店のHPであれば“お試しクーポン券ダウンロード”などがあった場合に、

利用するか決めていなくてもとりあえずダウンロードをしてみようかな??

などの気持ちを促すことができ、ページ閲覧者がクーポンをDLすることにより一次的な成果を得ることができます。これが最終的に会社の売り上げに繋がってくればいいわけです。

また学校や予備校のHPであれば“体験授業に申し込む”などのフォームを用意することにより、HP閲覧者は通常の入学申し込みよりも、より気楽に申し込みをすることができるという訳です。


このようにHPを閲覧した人にとってハードルの低いゴールを設けておくこと”成果を得ること”がより確実になってくると言えるのですよ!

2:コンバージョン率は「絞り込み」で左右する

コンバージョン(ウェブ上での最終的な成果)に結び付けるために効果的なランディングページの一つとして、自社のHPはどのような強みがあるのかを簡潔にまとめたランディングページを作るという方法があります。

例えばお花屋さんのHPで例えると、他の花屋では取り扱っていない高価な花が買えたり、送料が無料で利用することができたりという強みがあった場合には、この二つの情報が簡潔に伝わるランディングページを作成することが望ましいです。

このようなランディングページを用意することにより、


「あ、ここなら珍しいお花が買える!」
「送料無料のところを探してたんだ!」


なんてニーズを持っている顧客にターゲットを絞ることができ、より高い確率でのコンバージョンが狙えるっていうわけなのですよ!

例えるならメロンパン食べたいな~って思った時に、普通の色んな種類があるパン屋さんの広告とメロンパンが十種類以上あるパン屋さんの広告を見たら、後者のお店に行こうと思うみたいな?(違うか)

3:ターゲットの「視線」を操作せよ!

ランディングページをより効果的に作るための方法として、流れを意識したページを作っていくというものがあります。

つまり閲覧者により深くページを熟読してもらうために、ページを見ていく視線を操ってしまえばいいのです!

例えば修理やリフォーム業者のHPであるならば、改善前と改善後の写真を用意し、画像の間に→(やじるし)の画像を購入することによって、閲覧者の視線を誘導してしまうことができますよね!

矢印があることによってページをスクロールしていってくれるのでよりページを熟読してくれることに繋がっていくわけです!

更に箇条書きの紹介などをする際には、

「・あいうえお」
「・かきくけこ」


ではなく

「1.あいうえお」
「2.かきくけこ」


などのように数字を振っていくことで順を追って読んでもらうという効果を図ることができるのです。

これなら閲覧者側も情報に順序をつけられるので、より分かりやすく伝えられるという効果もありますしね!

LP(ランディングページ)は閲覧者の視線を操る、まるでマジシャンのような存在であることが必要ってことなのですね!(これも違うか)

4:まとめ~見込み客のニーズを汲む~

LP(ランディングページ)がSEOをやっていくうえで重要な役割を果たしていることは分かって頂けましたでしょうか??

簡潔にまとめると

①ランディングページに設定するコンバージョン(ゴール)はハードルを低くする!
②HPのストロングポイントをまとめたページで閲覧者のターゲットを絞り、需要と供給の合致を図る!
③閲覧者の視線を操り、より深く読んでもらえるようなページにする!


の3つが良いランディングページを作る方法であると言えます!

長くなりましたがまた次回のSEO塾をお楽しみに!

それでは皆さんエンジョイSEO!
2016.02.09
熱血SEO塾【2回目】!今回はSEOとSNSのお話です!SNSを利用していくユーザーに効果的に訴求していくことがSEOにとって重要な役割を果たして行くことになるんですよ!
Writer:
のオススメ記事
東晶貿易株式会社ではこれが新人の一日です!
東晶貿易の新人である私の一日をご紹介します。就活中の学生さんが入社後の姿をイメージするために役立てていただけると幸いです。
SEO塾【8回目】行動ターゲティングについて!
熱血!SEO塾【第8回】今回はSEOと同様にコンバージョンに効果的な行動ターゲティングのお話です!WEBマーケティングを理解すると言う意味でも知っておいた方が良い情報ですよ!
ライター紹介林隼平
ライター紹介「林隼平」
TCMのニューカマー、ライター林隼平の記事リストページです。真面目なようでたまにぶっ飛んだコラムなどを書いてくれます。
インターン日誌
17卒インターン日誌Vol.7~イメージ写真の撮影をしてみた~
東晶貿易では新卒採用後のインターンから、どんどん実践的な経験を積むことが出来ます。今回は2017年卒採用内定者たちによるインターン日誌第7弾をお届けします。