OPQ分析を踏まえた記事の書き方

OPQ分析――読者のニーズに応える記事の書き方 2016.06.06

    Writer:モーリー
OPQ分析を使った記事の書き方

こんにちは、M.T.です。

私はこうしてお仕事で記事を書いていますが、サイトのアクセス数を増やすために、常に読んだ人のメリットがあるように書き方を工夫しています。

せっかく読んでくれたのに、全く欲しい情報が手に入らず肩透かし――などといった虚しい事態は引き起こしたくないからです。

そのような記事ばかりのサイトでは、もちろん読者も増えることはありません。

読者を増やすためには読者のニーズに応える記事を書く必要があり、そのためには記事を書く前にOPQ分析をするのが適しています。

記事を書く前に行うべきOPQ分析とは?

みなさんOPQ分析という言葉はご存知ですか?

OObjective目標(読み手の理想)
PProblem問題(読み手の現実)
QQuestion疑問(理想に近づくための課題)

この3つを分析することで、読み手がほんとうに欲しい情報を届けることができるようになります。

そして最後にAAnswer(課題の解決策)をつけてあげることで、記事として完成します。

OPQ分析を使った記事の例

ざっくりとした例として、「楽をしてお金持ちになりたいなあ」と思っている人をターゲットにした記事を書くとします。

OPQ分析をして、読み手の本当に欲しい情報を考えると、

楽して暮らしてえ
O:楽をしてお金持ちになりたいなあ

忙しいなあ
P:今は忙しくて貧乏だなぁ

楽して稼ぎてえなあ
Q:どうしたらぼーっとしながら月給100万稼げるかなぁ

といった感じですね。

だから、この記事ではAとして「副業で月給100万円稼げる方法」を教えてあげるのです。

これがOPQ分析です。

適した読者に適した記事を届けることを可能に

コンテンツマーケティングの基本は、やはり良質なコンテンツを提供し続けることにあります。

つまり読み手が読んで楽しかった、ためになったと感じるかという部分が大切になります。

あくまでテキストという枠に収まってしまいますが、OPQ分析を利用すれば適した情報を適した読者に届けることが可能になります。

OPQ分析によるこの記事の書き方

例えばこの記事であれば、

O:サイトやブログの読者を増やしたいなぁ
P:いまはあまり読者が増えないなぁ
Q:良い記事の書き方はないかなぁ
A:OPQ分析っていうのがいいんだよ!

という分析に基づいて記事を作成しています。

この記事を「サイトやブログの読者を増やしたいなぁ」と思っている人が見てくれれば、「OPQ分析を試してみよう!」という気になってくれますよね。

OPQ分析でサイトの読者を増やす

サイトやブログを運営する上で大切なのは記事の書き方です。

せっかくページに辿り着いてくれても、全く関係のない内容の記事だったら読者は読んでもくれませんし、再びサイトを訪れてくれることもなくなります。

そこでOPQ分析を活用して書き方を工夫することで、ユーザーのニーズに応える記事を作成するようにしましょう。

とんだ的はずれな記事を書かないかぎり、きっとサイトの読者を増やすことができるはずです!

Writer:モーリー
モーリー
先日ついに天和ツモりました。お祓いしてもらいました。
モーリーのオススメ記事
ウェブマーケティング第二事業部を実態に迫ってみる!
インターン生がWM第二事業部がどんなチームなのかインタビューを交えてわかりやすく紹介します。
電卓とおかむー部長とららすん
電卓は喜びも計算してくれるらしい!東晶アイテム紹介
今回はSEO事業部の要である岡村部長のお気に入りアイテムを紹介。電卓の謎のボタンについても解説します。
インターン日誌
17卒インターン日誌Vol.8~ランチコミュニケーションしてみよう!~
東晶貿易では新卒採用後のインターンから、どんどん実践的な経験を積むことが出来ます。今回は2017年卒採用内定者たちによるインターン日誌第8弾をお届けします。
SEOでh1とかh2とかのh要素は大事か
SEOやるならこれは知っとけ!part2「h1とかh2とかのh要素って大事?」
SEO対策をウェブサイトに反映するためのタグがh1やh2などのh要素のタグです。このタグを用いなければいかに適切なキーワードを載せても、検索エンジンが正確にページの内容を判断しづらくなります。この記事ではh要素についての解説をしていきたいと思います。