電通がテトリスのライセンスを取得したニュースをお伝えします。

【業界ニュース拾い読み】電通がテトリスの国内商品化権・広告権を取得 2016.03.18

    Writer:鳴沢
スマホのテトリス

こんにちは、昼ご飯はいつも大盛の鳴沢です。
日本最大手の広告代理店である電通が、この度ちょっと気になるプレスリリースを出しました。
あの有名ゲーム「テトリス」を日本国内で使用する権利を取得したというのです。はたして、どのような意図をもっているのでしょうか。

「テトリス」はゲームではなくブランド

テトリスと言えば、いわゆる「落ちものゲーム」として、誰もが知っている超有名ゲームです。
懐かしのゲームボーイやファミリーコンピュータ、あるいは携帯やスマホで遊んだという方も多いでしょう。

しかし、実はテトリスは、海外においてはもはやゲームにとどまらない、一つのブランドとして確立しているのです。
そのミニマルなゲーム性・デザイン性がクールだと評価されていて、様々なイベントや商品が作られています。テトリスのブロックの形をした照明などは、確かになかなかイカしてる気がします。

電通がテトリスを使って企画しているモノとは

それでは、電通は日本でテトリスを利用して、一体どのような事業を展開しようとしているのでしょうか。
プレスリリースでは、以下のように発表しています。
日本においても同様に、TETRISのデザイン性をクールに、そしてファッショナブルに見せる展開を行っていきます。当社では、そうしたブランドイメージの醸成に向けては、感度の高い20代後半から40代の男女へのコミュニケーションが鍵を握ると考えており、例えば、TETRISのBGMを活用したDJイベント、TETRISカクテルが楽しめるTETRISバーなどの企画を検討していきます。

20代から40代、確かにテトリスブームを経験した世代はその辺りになるでしょう。
テトリスのBGMは「コロブチカ」をはじめ、発祥の地ロシアの民謡が多く、ノリの良い曲ばかりでアレンジも既に多く、DJイベントは盛り上がりそうです。思わず頭…ではなく足が動いてしまいそう。
一方のテトリスバー…テトリスカクテル!?何が出されるのか全くもってイメージできませんが、その分話題性が強い、ということまで織り込み済みなのかもしれません。

レトロが生む新たなブーム

テトリスが生まれたのは1984年、もう30年も昔です。
このようにレトロでシンプルなものがクールだと評価されることは、情報が氾濫する今日だからこその現象なのかもしれません。

電通が取得したライセンスは3年間。日本に再びテトリスブームは巻き起こるのでしょうか。今後の展開に注目です。

情報元はこちら
電通、「TETRIS®」の日本国内商品化権・広告利用権を獲得
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0316-008715.html
Writer:鳴沢
鳴沢
温泉巡り、カメラ
三度の飯と風呂が好き、あと科学も宇宙も好き。けれど思いっきり文系出身、「規則順守」がモットーの小市民です。
鳴沢のオススメ記事
東晶ファッションチェーック!第二回
東晶の元気印ららすんが、同期でありパパ的存在の柿沼くんに突撃ファッションチェックしちゃいます。
【業界ニュース拾い読み】Instagramの広告主数が20万を突破
写真共有アプリのInstagramの広告主数が20万を突破しました。半年足らずの間にここまで伸びた理由には、文字ではなく写真で、より視覚に直接的に、さらに自然にアピールすることのできるこのメディアの特徴が考えられます。
温泉街の写真
T・C・Mail !!!【第八十七回】柿沼の千湯一湯物語
T・C・Mail !!!【第八十七回】!今回のテーマは「柿沼の千湯一湯物語」です!温泉なのか水なのか、温泉と呼ばれる基準って皆さん知っていますか?意外と知らない温泉の基準をご紹介しています!
インターネットメディアの進化
【業界ニュース拾い読み】Youtube・Vine、進化し続ける動画コンテンツとメディア
動画コンテンツは、技術の発展とともにその表現の幅を広げ続けています。Youtubeのようにリアルを追求するコンテンツにせよ、Vineのように手軽さを求めるにせよ、メディアに必要なのは、素材のひとつとしての技術を活かすことのできるアイディアでしょう。