eスポーツの大会において、ITインフラの実証実験がされるニュースをお伝えします。

【業界ニュース拾い読み】NTTデータがeスポーツ大会で配信技術の実証実験 2016.03.11

    Writer:鳴沢
ゲームをする人々

こんにちは、お昼を食べ過ぎた鳴沢です。
今回ご紹介するニュースは、NTTデータが日本で初めて開催されるeスポーツ選手権大会に通信システム面から協力するという発表です。
日本ではまだまだメジャーとは言えないeスポーツですが、インフラ業界では新たなニーズと技術の実践の場として注目されているようです。

日本でも広まり始めているeスポーツとは

eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略で、読んで字のごとく電子機器を用いた競技、すなわちビデオゲーム・コンピュータゲームによる対戦をスポーツとして捉えるものです。

たかがゲーム、と侮ってはいけません。海外ではすでに歴とした競技として認知されており、「プロ」ゲーマーによる専門のチームが存在し、数百万の賞金を巡って切磋琢磨しているのです。彼らには、スポンサーまでついています。
まさに、競技場で行われるスポーツと全く同じ闘いが、画面の中で繰り広げられているのです。

NTTデータが提供する新たな技術・新たな観戦スタイル

では、このeスポーツの大会に、NTTデータはどのような形で協力するのでしょうか。

彼らが行おうとしているのは、無線での複数チャンネル同時配信技術の実証実験です。eスポーツはその性質上、直接観戦するのではなく、選手らのモニタの映像や、手元を映した映像などを観ることが主になります。そのため、選手それぞれに異なる視点が存在しています。
NTTデータの実証実験は、個々の映像をWifiで観戦者の端末に配信し、観たい画面を選ぶことができるようにすることで、観戦者がより試合に近づけるようにする試みなのです。

eスポーツとITインフラの今後

日本における大規模で本格的なeスポーツの大会は、今回が最初の開催となります。
ですが、世界各国でかなりの盛り上がりを見せていることや、日本のコンピュータやITの普及を鑑みれば、今後徐々に国内においても認知されていくはずです。

それと同時に、eスポーツを支える技術として、ITインフラの技術やその活用も、ますます広がりをみせていってくれることでしょう。
今やビデオゲームも立派なスポーツであり、仕事であり、ITの新たなフィールドなのです。

NTTデータのプレスリリース記事へ
Writer:鳴沢
鳴沢
温泉巡り、カメラ
三度の飯と風呂が好き、あと科学も宇宙も好き。けれど思いっきり文系出身、「規則順守」がモットーの小市民です。
鳴沢のオススメ記事
ふせん活用術トップ
ふせんのススメ!メモより優れる4つの理由
オフィスの定番アイテムであるふせんが、仕事に便利な理由を、ふせんが持つ性質からあらためて考えてみましょう。
インターネットメディアの進化
【業界ニュース拾い読み】Youtube・Vine、進化し続ける動画コンテンツとメディア
動画コンテンツは、技術の発展とともにその表現の幅を広げ続けています。Youtubeのようにリアルを追求するコンテンツにせよ、Vineのように手軽さを求めるにせよ、メディアに必要なのは、素材のひとつとしての技術を活かすことのできるアイディアでしょう。
【業界ニュース拾い読み】Instagramの広告主数が20万を突破
写真共有アプリのInstagramの広告主数が20万を突破しました。半年足らずの間にここまで伸びた理由には、文字ではなく写真で、より視覚に直接的に、さらに自然にアピールすることのできるこのメディアの特徴が考えられます。
電車に揺られる鳴沢
満員電車でよろけない!秘伝の立ち方伝授します
毎日の電車通勤で辛いのは、つり革につかまれず不安定なときでしょう。軽く膝を曲げるだけで、揺れがかなり吸収できます。