eスポーツの大会において、ITインフラの実証実験がされるニュースをお伝えします。

【業界ニュース拾い読み】NTTデータがeスポーツ大会で配信技術の実証実験 2016.03.11

    Writer:鳴沢
ゲームをする人々

こんにちは、お昼を食べ過ぎた鳴沢です。
今回ご紹介するニュースは、NTTデータが日本で初めて開催されるeスポーツ選手権大会に通信システム面から協力するという発表です。
日本ではまだまだメジャーとは言えないeスポーツですが、インフラ業界では新たなニーズと技術の実践の場として注目されているようです。

日本でも広まり始めているeスポーツとは

eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略で、読んで字のごとく電子機器を用いた競技、すなわちビデオゲーム・コンピュータゲームによる対戦をスポーツとして捉えるものです。

たかがゲーム、と侮ってはいけません。海外ではすでに歴とした競技として認知されており、「プロ」ゲーマーによる専門のチームが存在し、数百万の賞金を巡って切磋琢磨しているのです。彼らには、スポンサーまでついています。
まさに、競技場で行われるスポーツと全く同じ闘いが、画面の中で繰り広げられているのです。

NTTデータが提供する新たな技術・新たな観戦スタイル

では、このeスポーツの大会に、NTTデータはどのような形で協力するのでしょうか。

彼らが行おうとしているのは、無線での複数チャンネル同時配信技術の実証実験です。eスポーツはその性質上、直接観戦するのではなく、選手らのモニタの映像や、手元を映した映像などを観ることが主になります。そのため、選手それぞれに異なる視点が存在しています。
NTTデータの実証実験は、個々の映像をWifiで観戦者の端末に配信し、観たい画面を選ぶことができるようにすることで、観戦者がより試合に近づけるようにする試みなのです。

eスポーツとITインフラの今後

日本における大規模で本格的なeスポーツの大会は、今回が最初の開催となります。
ですが、世界各国でかなりの盛り上がりを見せていることや、日本のコンピュータやITの普及を鑑みれば、今後徐々に国内においても認知されていくはずです。

それと同時に、eスポーツを支える技術として、ITインフラの技術やその活用も、ますます広がりをみせていってくれることでしょう。
今やビデオゲームも立派なスポーツであり、仕事であり、ITの新たなフィールドなのです。

NTTデータのプレスリリース記事へ
Writer:鳴沢
鳴沢
温泉巡り、カメラ
三度の飯と風呂が好き、あと科学も宇宙も好き。けれど思いっきり文系出身、「規則順守」がモットーの小市民です。
鳴沢のオススメ記事
東晶ファッションチェーック!第二回
東晶の元気印ららすんが、同期でありパパ的存在の柿沼くんに突撃ファッションチェックしちゃいます。
アーカイブイメージ
【業界ニュース拾い読み】Amazonが東日本大震災に関連するアーカイブを公開
東日本大震災から5年の今、忘れてはいけない記憶を伝えるためにAmazonがデジタルアーカイブを公開することを発表しました。Kindleからも読めるようになるこのアーカイブは、人々に記憶を継承していくという機能を効果的に果たすものでしょう。
パナソニックの技術10年ビジョン
【業界ニュース拾い読み】パナソニックが技術開発の方向性として「技術10年ビジョン」を発表
パナソニックが発表した研究開発の方針「技術10年ビジョン」の核となる「IoT」と「エネルギー」について解説しています。
新入社員集合写真
東晶貿易の新人入社あいさつ&ランチ会!
4月1日に東晶貿易にも6名の新入社員が入社しました。社長、部長のみなさまから激励の言葉をいただき、新入社員のテーマを発表し、そのあとは最上階でランチ会と盛りだくさんの一日でした。