Amazonが東日本大震災のデジタルアーカイブを公開するというニュースをお伝えします。

【業界ニュース拾い読み】Amazonが東日本大震災に関連するアーカイブを公開 2016.03.04

    Writer:鳴沢
アーカイブイメージ

こんにちは、鳴沢です。
東日本大震災からもう5年の歳月が過ぎようとしています。そんな中、Amazonが震災に関連した資料をアーカイブとして公開することを発表しました。

Amazon.co.jpの「記憶の継承」プロジェクト

Amazon.co.jpは3月3日、5年前の2011年3月11日に起こった東日本大震災に関する資料を、アーカイブとして3月10日から公開することを発表しました。

「記憶の継承」プロジェクトと名されたこの企画は、災害や戦争、社会問題といった出来事にかかわった人々の思いを記録し、共有するために始められるものです。まず最初の忘れてはいけない「記憶」として、東日本大震災が選ばれました。

デジタルアーカイブの効果的な利用

このプロジェクトの特徴は、資料をデジタルアーカイブとすることで、Amazonの特性をフルに生かしている点にあります。

紙によるアナログなアーカイブと異なり、人々の声を文字でなく、まさにその語りで、音声として残すことができます。
また、インターネット上に公開すれば、どこからでも取得することができますし、頒布する数に限りはありません。
Amazonの場合、自社が展開しているKindle端末・アプリを通してこのアーカイブの写真集や本を閲覧できるので、多くの人々に伝えるという点で、より効果的であると考えられるでしょう。

5年の節目にもう一度震災を振り返る

今回のAmazonのこのプロジェクトは、自身のコンテンツの強みを生かして社会貢献を行っている好例であると言えます。
また、Amazonがある種のメディアとして情報を発信したとも捉えることができるでしょう。

「記憶の継承」に実に貢献することのできる試みだと感銘を受けつつ、公開された折には改めて5年前を見つめなおしてみたいと感じるニュースでした。
Amazonのプレスリリース記事はこちら
Writer:鳴沢
鳴沢
温泉巡り、カメラ
三度の飯と風呂が好き、あと科学も宇宙も好き。けれど思いっきり文系出身、「規則順守」がモットーの小市民です。
鳴沢のオススメ記事
インターン日誌Vol.13~イベサンのインターン振り返り~
東晶貿易では新卒採用後のインターンから、どんどん実践的な経験を積むことが出来ます。今回は2017年卒採用内定者たちによるインターン日誌第13弾をお届けします。
Wikipediaロゴ
コンテンツ制作者が知っておきたいWikipediaの”秀逸な記事”
Wikipediaには通常の記事とは違う、クオリティの高い記事として秀逸な記事がアリます。Wikipediaを巡回するときにはちょっと目を向けてみると良いでしょう。
ベストベンチャー100の東晶貿易のページ
東晶貿易が2018年のベストベンチャー100に選出されました!
この度、東晶貿易株式会社が2018年のベストベンチャー100に選出されました。その様子を今回は紹介します。
メルマガ115_top
久々にフードファイトしてみた回
T・C・Mail !!!【第壱一五回】!フードファイター森くんの\今回の相手は芯まで油の通ったアイツ!強敵現る!?あとまだ毛が薄かった頃の森くん。