おすすめアイテム紹介、水筒編

いつもの飲み物でリラックス?水筒のすすめ! 2016.04.05

    Writer:たむ
マイ水筒を持ってきていただきました。

こんにちは!
東晶社員を支えるアイテムを紹介するこのコーナー、今回はららすんではなく
巨漢ライターたむが暑苦しくお送りいたします! どすこい!

春先だと言うのに何故か汗が止まらないライターたむですが
その分一日で水を飲む量も多い方だと思います。(夏が怖い!)

TCMがある東晶貿易株式会社では、自分のデスクで飲み物を飲んでも構わないので
それぞれ思い思いの飲み物を社内ベンダーやコンビニで買ってきて飲んでいるのですが
自宅から水筒を持ってきている社員もいます。

というわけで今回は、僕と同期のコ・ガーチさん&鳴沢さんに突撃します!

本日のゲスト紹介!

左がコ・ガーチさん、右が鳴沢さん。

ライター「コ・ガーチ」 紹介


TCMに咲く一輪の花!本物のヤマトナデシコが登場だーッ!
一見おしとやかな彼女ですが、大好きな芸術への情熱は人一倍。
熱い魂を秘めたTCM期待の新人です!

ひとこと「花は、散るからこそ美しいと思います」

ライター「鳴沢」 紹介


狙った獲物は逃さない、TCMで「インテリ」と言えばこの人!
穏やかな風貌に違わぬ優しい心と、会心のアイディア力で
TCMに旋風を巻き起こす温泉好きのナイスガイです!

ひとこと「俺のメガネが火を噴くぜ」

秘密アイテム?水筒の謎に迫ります!

今回は常にお二人の脇にある「水筒」と共に登場していただきました!

たむ「忙しい所ありがとうございます! 今日は色々聞かせてください!」

コ・ガーチ「それはいいですけど、私のひとこと変じゃないですか?」

鳴沢「僕のメガネも火は噴かないです」

たむ「それでは参りましょう!」

全力で仕事をするお二人の活力の源はこの水筒にあるのか?
はたまたライターたむの早とちりなのか?

早速お話を聞いてみたいと思います!

水筒の中身って決まってるんですか?

ビル街の景色と水筒。
たむ「昔、ペットボトルのゴミが嫌で水筒にしようと思って頑張ってたんですけど、結局面倒くさくてペットに戻しちゃいました。水筒って面倒くさくないですか?」

鳴沢「そうでもないかな、ざっと洗って置いとくだけだし」

コ・ガーチ「私も面倒くさいと思ったことは無いなー、プラスチック製で頑丈なので、結構雑に洗って使ってる(笑)」

たむ「ちゃんとしてるな~、ちなみに何を入れるかって決まってるんですか?」

鳴沢「コーヒーです! 好きなんだよねえ、コーヒー。 本当は牛乳を足したいんだけど、ステンレスボトルに牛乳を入れると良くないんでブラックです」

コ・ガーチ「私はジャスミン茶と烏龍茶のブレンド茶粉末を水で溶かしてます、安くて美味しい!」

「いつも同じもの」でリラックス!

たむ「正直、適当に麦茶とか入れてるんだと思ってました、すみません・・・。 いつごろから水筒使ってるんですか?」

コ・ガーチ「今年に入ってからですね、いつだか忘れちゃった。 ペットボトル買うより安くなるかなと思って買いました。 水筒自体も300円ちょっとだよ!」

鳴沢「安い!(笑) 僕は2年前に、コーヒーメーカーを買ったので水筒生活を始めました。 シンプルでリーズナブルな魔法瓶を探していてこれにたどり着きました」

たむ「なるほど~! 生活の中で自分の必要とする物を手に入れた感じがいいですね、お二人に水筒が馴染んでいる理由がわかった気がします。 最後に、コメントをどうぞ!」

鳴沢「やっぱりコーヒーが一番消費量多いですね、一番好きです」

コ・ガーチ「お金のことしか考えてない感じになってますけどそんなことないですから!」

たむ「水筒を使う理由はそれぞれでしたが、毎日飲むものを決めておいたり、同じアイテムを使うことで自然とリラックス出来る状況を作っているのかもしれないですね! うーん、良いこと言ったなあ。 お疲れ様でした!」

コ・ガーチ鳴沢「お疲れ様でした!(自分で良いことって言うんだ・・・)」
Writer:たむ
たむ
ライフハック、サブカル、音楽
たむのオススメ記事
【業界ニュース拾い読み】Instagramの広告主数が20万を突破
写真共有アプリのInstagramの広告主数が20万を突破しました。半年足らずの間にここまで伸びた理由には、文字ではなく写真で、より視覚に直接的に、さらに自然にアピールすることのできるこのメディアの特徴が考えられます。
電車に揺られる鳴沢
満員電車でよろけない!秘伝の立ち方伝授します
毎日の電車通勤で辛いのは、つり革につかまれず不安定なときでしょう。軽く膝を曲げるだけで、揺れがかなり吸収できます。
箪笥の空きも守ってくれる?Tシャツ収納の悩みは「米軍式」で解決!
米軍で正式に採用されている方法を使って、クローゼットに部屋着として眠らせているバンドTシャツやコラボTシャツを効率よく収納し、クローゼットに余裕を生み出します。
巷で噂の怖いもの、地震対策に「知識の備え」を!
大地震による災害に巻き込まれたとき、町中や周囲に防災グッズがない時でもとっさに役立つ知識を紹介します。